物欲ガジェット.com

物欲に従い、買って、使って、レビューする

【実機レビュー#1】防水ハウジング付360度カメラ『ANETHIC 360 Camera ANPro』レビュー! 開梱と外観チェック編

広告

今回は防水ハウジング付360度カメラ『ANETHIC 360 Camera ANPro』のレビューです。360 Camera ANPro

こちらはBanggoodさんからサンプル提供して頂いてのレビューです。『ANETHIC 360 Camera ANPro』は以下の記事で細かく紹介してますが、今回は実機レビューです。

紹介記事:防水ハウジング付きの360度全天球カメラ『ANETHIC 360 Camera ANPro』が面白そう! 価格も約10,000円以下と買ったみたくなる

上記記事で紹介しているように、360度全天球カメラですが、まだ価格が高いこのカテゴリにも関わらず10,000円以下の価格で発売されており、しかも専用防水ハウジング付きの為、水中使用も可能とかなり全部入り。そりゃ試してみたくなるでしょうという事で丁度Banggoodさんからお話があったので乗っかってしまいました。私も360度カメラは初めてですが、この価格なら試してみようかなと思わせますね。

今回は第一回目のレビューという事で早速開梱から外観チェックまでやっていきたいと思います。ANETHIC 360 Camera ANPro レビュー

主要スペック

まずは主要スペックをおさらい。カメラはSONYの800万画素センサーで、撮影解像度は30fpsだと2448×2448,60fpsだと1440×1440の解像度で撮れる。ただ画角は完全なる全天球ではなく、水平は360度ですが、垂直方向は220度まで。360 Camera ANProスマホとWiFi接続をして映像確認したり撮影も可能だし、microSDが使えて64GBまでの大容量をサポート。バッテリーは1050mAhを搭載して、スペック上は1.5時間の撮影が可能となっている。

  • センサー :SONY IMX 179
  • DSP : Allwinner V3
  • ディスプレイ : 0.96’’ LCD Panel
  • 画像 : 16MP/12MP/8MP/5MP(In JPG Format)
  • ビデオ :2448*2448P@30fps
    2048*2048P@30fps
    1440*1440P@60/30fps
    1072*1072P@60/30fps (In MP4/H.264 Format)
  • アングル: 220度 Fish-eye 7G Lens
  • コネクタ: USB2.0(microUSB)、microHDMI
  • microSD: 最大64GB
  • サイズ: 51 x 42 x 34.6 mm
  • バッテリー: 1050mAh
  • 防水: あり (貼付の防水ハウジング使用で水深30mまで可)
  • WiFi :あり360 Camera ANPro360 Camera ANPro

ANETHIC 360 Camera ANPro 開梱の儀

さっそく開梱していきます。ANETHIC 360 Camera ANPro レビュー

箱を開けると、防水ハウジングに入った本体と、付属品が多数出てきます。ANETHIC 360 Camera ANPro レビュー同梱物は、本体と防水ハウジング、USBケーブル、マニュアル、あとは多数のアタッチメントです。ANETHIC 360 Camera ANPro レビュー

マニュアルは英語。しかもあまり親切とは言えない細々とした箇条書き。ただ充電はMicroUSBに接続すればいいし、操作方法は動画撮影、写真撮影、あとはWiFi接続さえできればなんとかなりそうです。ANETHIC 360 Camera ANPro レビューまたマニュアルにはアタッチメントの組み合わせ方法が図解されています。アタッチメントに関しては、恐らくGoPro互換なので、付属品だけでなく市販のものも使えると思います。(手持ちのアクションカムの部品は使えました)充電は、このように接続して使う。

防水ハウジングのチェック

デフォルトで防水ハウジングに入った状態でしたので、ちょっとこのままチェック。

ANETHIC 360 Camera ANPro レビューサイドに録画ボタンと電源ボタンがある。ハウジングを外すと分かるが、下が電源で、上が録画ボタン。ボタンは金属で意外と言ってはなんですが、しっかりしている。ANETHIC 360 Camera ANPro レビュー下部はアタッチメントになっていて、付属のものと交換して使う事ができる。ANETHIC 360 Camera ANPro レビューロックを外すと、ぱかっとフタが開いて、本体を取り出すことができます。ANETHIC 360 Camera ANPro レビュー

本体チェック

ここからはハウジングから外した本体のチェックです。前面には液晶画面と、ボタンx2(▲▼)がある。設定メニューの操作で使う。左の▲ボタンは長押しでWiFiモードを起動できる。

ANETHIC 360 Camera ANPro レビューカメラ側。220度のカメラが1つあるだけ。全天球カメラは2つのカメラの映像を合成したりするものが普通だが、このANProは1つだけでまかなっている。
ANETHIC 360 Camera ANPro レビュー左サイドには電源と録画ボタン。ANETHIC 360 Camera ANPro レビュー電源ボタンの反対側には、ロゴが書かれたパネルがある。このパネルはスライドさせて外す事ができる。ANETHIC 360 Camera ANPro レビュー外すと、このようにコネクタ/インターフェース/バッテリーが登場する。microHDMI、MicroUSB、左端にはmicroSDカードが挿入できる。バッテリーは取り外せるので、予備バッテリーを購入すれば交換しつつ長時間録画も可能。ANETHIC 360 Camera ANPro レビュー充電がてら電源を入れてみた。液晶面はこのように意外(?)と鮮明。左下には現在設定されている解像度(1400×1400)が表示され、右下にはバッテリー残数まで分かるようになっている。ANETHIC 360 Camera ANPro レビュー裏側の黒い部分にはスピーカーと、その上にはストラップホールまである。ANETHIC 360 Camera ANPro レビュー底面には三脚などに固定できるカメラネジがあり、こちらも汎用性が高い。ANETHIC 360 Camera ANPro レビュー

レビューは【実機レビュー#2 基本チェック+使ってみた編】に続きます。

ANETHIC 360 Camera ANProの価格と購入方法

このANETHIC 360 Camera ANProは、Banggoodで9,576円という低価格で発売しています。※価格は記事作成時点ANETHIC 360 Camera ANPro・Banggood販売ページ : 360° Mini WiFi Panoramic Video Camera

 価格はクーポンやセール等で変わってきますが、性能を考えればこの価格でも充分安いですよ。日本への配送は、Air Parcel Registerなら無料で7-20営業日かかります。もっと短納期を希望なら、EMS配送が1065円のオプションを払うことで7-15日、Expedited Shipping(概ねDHL)だと、5-8日に短縮できますが、1,836円の配送料が掛かります。ただEMSにしてもDHLにしても、私の体感ではこの予定日数(営業日数)よりは少し早いので、あくまで最大日数と考えておけばいいでしょう。

Banggoodでの購入方法などは、下記記事に取り纏めていますので、参考にしてください。
・Banggoodの買い方ガイド :Banggoodで買って輸入してみよう~買った商品が届くまで

コメント

*
*
* (公開されません)

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

Return Top