物欲ガジェット.com

物欲に従い、買って、使って、レビューする

AcerがSurface対抗PC『Switch Alpha 12』を発表~Core i3搭載で599ドルから

広告

Acerは、Surface対抗PCとして、『Switch Alpha 12』を発表しました。

Switch Alpha 12

「あーまたSurfaceタイプね」と言う点は昨今のPC業界の常ですが、Switch Alpha12が凄いのは、「Core i搭載の2in1タブレットで、599ドルから」という価格。Switch Alpha 12最低価格はほぼ間違いなくCore iは恐らくi3だと思いますが、それにしても安い。Switch Alpha 12しかもファンレスです。Liquid Loopという技術により、ファンレス化を実現しています。Switch Alpha 12 イメージとしては、ヒートパイプを循環させるようにしたクーリングシステムっぽい。Liquidという名称が水冷っぽいイメージですし、上の公式動画でも、右側に水のタンクらしきイメージが載っている。それにしてもCore i (i3/i5/i7まで)をこのシステムだけでファンレスにしている点は凄い事です。
Switch Alpha 12

主要スペック

こちらのAcer Press Releaseに、スペックの一部が掲載されていますので、まとめてみました。

  • CPU :Intel 第六世代Core i3/i5/i7
  • RAM: 4GB、8GB
  • ストレージ: 128GB/256GB/512GB SSD
  • ディスプレイ : 12インチ  2160×1440 IPS液晶
  • OS: Windows 10
  • バッテリー : 容量不明 但しバッテリーライフは8時間と公表されている
  • WiFi /Bluetooth :Fast dual-band 2×2 MU-MIMO 802.11ac/a/b/g/n 、802.11ad wireless 4.6Gbps Bluetooth4.0
  • サイズ: 292.1 (W) x 201.4 (D) x 15.85 (H) mm / 900g(タブレット本体)、1250g(キーボード込み)
  • インターフェース : USB Type-C x1 、USB3.0 x1,イヤホンジャックx1

スペック的にはSurface Pro3/Pro4あたりと同様でかなり高い性能を持っています。このスペックの最低スペックが恐らく599ドルマシンになると思いますが、それでも充分なスペック。

ディスプレイ解像度はSurface Pro3と同じです。

面白い所では、802.11adという規格のWiFiを持っている点。これ次世代無線LAN WiGig(Wireless Gigabit)というもので、802.11aが5GHz帯、802.11 b/g/nが2.4GHz帯を使うのに対して、802.11adは60GHz帯という高めの周波数帯を使っている点で全く違う規格です。

転送速度は最大6.8Gbpsと超高速。但し周波数が高いと電波としては弱く、障害物がない場合で10mと、Bluetooth並の距離でしか使えません。ただその範囲にあれば高速通信ができるという規格。今後は802.11adが少しずつ浸透していくのかもしれません。

写真で見る「Switch Alpha 12」

Switch Alpha 12

本体とキーボードをドッキングすると、ほぼSurface Proと同様のスタイルになる。
Switch Alpha 12 キックスタンドは、このようにアーム式のもの。
Switch Alpha 12 Acer版タイプカバーの接続。Surface同様このスタイルでも使えるし・・・Switch Alpha 12 キーボードを画面側にマグネット接続し、チルトさせて使う事もできる。Switch Alpha 12 aインターフェースは、USB3.0、USB TYPE-C、イヤホンジャックとやや少なめ。電源はMacBookのように、USB TYPE-CのPD(Power Delivery)を使う分けでは無く、独立したポートでACアダプタ接続となる。USB PDで充電できるかは分からない。Switch Alpha 12
HDMI出力はオプションのUSB TYPE-C接続ドックから可能。Switch Alpha 12ちなみに、USB TYPE-Cドックのポートを接続すると、DisplayPort、HDMI、USB3.0x2が使えるようになる。Switch Alpha 12

ディスプレイ解像度は12インチで、2160 x1440。これはSurface Pro3と同じ。
Switch Alpha 12 Acer Active Pen(スタイラス)はオプションだが使う事ができる。Switch Alpha 12 キーボードもSurface同様オプション。キーやタッチパッドの広さは、ほぼSurface Pro4タイプカバーキーボードと同様レベルに見える。Switch Alpha 12

Surface対抗馬にやっと本命現る

Surface Proシリーズの対抗馬はDELLやLenovo、HPなどからも発売/発表されていますが、どれもピンとこないところがあります。それは価格。

結局Surface Pro4とほぼ同価格で、DELL版Surfaceであったりするだけで、本当の意味でSurface対抗馬と言えるものではありませんでした。

その点、この『Acer Switch Alpha 12』は599ドルとかなりの格安。日本円で7万円ぐらいでしょうか。これにキーボードを付けて8万円ぐらいで発売されれば、充分Surfaceを買う理由がなくなってきます。なんとかこの価格ぐらいで抑えてもらいたいところです。そもそも日本での発売はまだ未定ですが、この魅力的な端末を是非日本で発売してもらいたいところです。

関連ページ

・メーカー公式ページ : Acer Switch Alpha12

コメント

*
*
* (公開されません)

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

Return Top