物欲ガジェット.com

物欲に従い、買って、使って、レビューする

夏に向けてタフネス・防水・デュアルカメラスマホはどう?最近欲しくなってきた『AGM X1』を紹介

広告

サモア(と言ってもほぼ中国)のスマートフォンメーカーAGMから『AGM X1 』が発売されています。

AGMはアウトドアスマホ専業のメーカーで、以前紹介したNOMUと同じような立ち位置。

X1は以前から発売されているので今更感はあるのですが、夏に向けて「新しい防水・タフネススマホが欲しい」と思うようになり、デザインも良いのでかなり注目しています。

主な特徴

画面サイズは5.5インチで、解像度はフルHD。これだけでもタフネススマホとしてはハイスペックですが、ディスプレイはAMOLED(有機ELディスプレイ)です。外で使うのにAMOLEDはどうかなという気もしますが、最近のGalaxyスマホを使っている限りそういう心配は杞憂な気がします。

またSoCはSnapdragon617でやや古め。それでもスナドラ400番台とかMediaTekではない点はまずまず評価出来るレベルです。性能はMoto G4 Plusが同SoCを使っていますが、46,000ぐらいなので、ローエンドのちょい上レベル。多少非力ですがRAM 4GBありますし、ゲームしなければサクサクでしょう。

またタフネススマホ度ですが、当たり前のようにIP68防水・防塵です。IP68レベルだと水中での使用も可能ですし利用シーンは広がります。またもう一つ凄いのは、背面デュアルレンズカメラ搭載という点。13MP x2を搭載して、ぼけ感のある写真を撮ることが可能です。

私は趣味でSUPや釣りをしますが、その際にスマホをカメラとしても使うので、カメラ性能はかなり重要。タフネススマホだからといって妥協したくない部分で、AGM X1のようなタフネス・防水・デュアルカメラという構成はかなり魅力的です。バッテリーも5400mAh搭載してますし、充電環境がないキャンプなんかに行っても重宝しそうです。

主要スペック

  • CPU :Snapdragon 617 Octa Core 1.5GHz
  • RAM : 4GB
  • ストレージ: 64GB
  • ディスプレイ : 有機EL 5.5 インチ フルHD (1920×1080)ディスプレイ Corning Gorilla Glass 3
  • OS: Android 5.1
  • バッテリー : 5400mAh
  • カメラ: リア 13MP+13MP デュアルカメラ / フロント 5MP
  • SIMサイズ: Micro SIM + Nano SIM
  • microSD: 最大128GB (nano SIMと排他利用)
  • USB : MicroUSB interface
  • WiFi /Bluetooth :802.11 a/b/g/n 、Bluetooth4.0 LE
  • サイズ/重量:  163.5×78.7×11.88 mm(L×W×H) / 210g
  • ネットワーク: GSM:850/900/1800/1900 MHz(B5/B8/B3/B2)
    WCDMA:900/1900/2100(B8/B2/B1)
    FDD-LTE:800/1800/2100/2600(B20/B3/B1/B7)
  • 日本語ロケール: 不明
  • カラー: ブラック/ブルー/18Kゴールド
  • その他 : 指紋認証センサー / NFC

イメージ/フォト

デザインもいいタフネス・防水スマホ

AGM X1はデザインもよく、ブラック/ブルーのどちらでも欲しいと思わせるデザインです。(私感ですが)また 18K Goldバージョンもあり、こちらもブラックxゴールドのカラーが物欲を誘います・・・。

デザインからタフネスさが表に現れすぎない(ごつすぎない)所が良いんですよね。デュアルカメラでぼけ感のある写真も撮れるし。ただ難点は厚みで11.88mmもあり、かなり太い子です。

価格はTOMTOP で249.99ドルとスペックを考えれば安いと思える価格です。このTOMTOPの価格はセール価格なので、特別に安いですが、普通はだいたい300ドル前後です。安いときに買おうか・・・迷い中です。TOMTOP販売ページ:AGM X1 IP68 Waterproof Smartphone 4G Smartphone

以下は記事執筆時点でのその他サイトも含めた価格比較です。

販売サイト 価格 有償配送費用 配送会社
GearBest 300.39ドル 6.45ドル DHL
Banggood 34474円 不明 EMS
TOMTOP 249.99ドル 27.01ドル DHL
Geekbuying 279.99ドル EMS

※販売サイト名をクリックすると、各販売ページに行けます。
価格はあくまで記事作成時点でのものですので、最新価格は直接サイトで確認してください。(セール等で思いの外安くなっている場合もあります)

関連ページ

・メーカー公式ページ : AGM
・GearBest.comの紹介 : GearBest.comを利用して中華デバイスを安く輸入するのも面白い
・GearBest.com買い方ガイド : 中国のGearBest.comでデバイスを買って輸入する方法~注文から届くまで
・Banggoodでの買い物の仕方 : Banggoodで買って輸入してみよう~買った商品が届くまで
・GeekBuyingの紹介 😕GeekBuyingでガジェット輸入してみる? 中国のガジェット通販サイトGeekBuyingの紹介
・GeekBuyingの買い方ガイド : GeekBuyingの買い方ガイド~ユーザー登録から決済手続きまでやってみた
・TOMTOP買い物ガイド :TOMTOPでの買い物の仕方~日本語もあるので輸入も比較的簡単~

コメント

*
*
* (公開されません)

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

Return Top