物欲ガジェット.com

物欲に従い、買って、使って、レビューする

次期Android Nは、OS標準でVRモードになる「Daydream」搭載! スマホVRの操作性が一気に改善する

Advertisements

Googleがデベロッパー向け「Google I/O 2016」を開催し、次期Androidである「Android N」の未来像の一つにVRサポートがある事を発表しました。

その名も「Daydream」。Google_Daydream_Lockup_Secondary_RGB.0

Android NはOSレベルでVRをサポートし、スマホをVRゴーグル(VRヘッドセット)に装着するだけで、VRモードに自動的に変更されるようです。
2016-05-19_15h38_172016-05-19_15h38_47
2016-05-19_15h39_20
実際の動きはこちらの動画で確認できます。

ヘッドセットとコントローラー

ヘッドセットは2016年秋に投入予定。またコントローラーも同様に発売されます。
FINALDaydreamRefernceDesign.0 恐らくGoogleだけでなく、サードパーティー製も潤沢に発売されると思います。スマホ自体はOSレベルでサポートされるとは言え、センサー系はしっかり搭載しなければならないし、VR動作に対するレイテンシー(画面移動の遅延)も20ms以下にする必要がある。その為、「Daydream Ready」と呼ばれるDaydreamに対応したスマホが続々と登場することになるという。2016-05-19_15h40_45

かなりこれは期待できる

現在のスマホVRの環境は、決して良いとは言えません。Android Nが実現しようとしているように、OSレベルでのサポートが無いため、「VR動画を再生」⇒「スマホをVRゴーグルにセット」⇒「ゴーグル装着」⇒「視聴」という流れを取り、視聴完了して次の動画に行くためには、一旦スマホをゴーグルから取り外し、再度再生してスマホをゴーグルに装着し直すというなんともアナログで無駄な作業が頻発し、1-2回見たら「もういいや」と面倒くささでVR世界に没頭できません。

サムソンのGear VRは、動画の連続再生環境と操作パッドを持っている為、連続での視聴を苦も無く繰り返せますが、サムソン端末のみ且つ、Galaxy Note5/S6以上という敷居の高さがあり、なかなか普及しません。

Oculus RiftやHTC Viveは確かに凄いですが、価格も凄過ぎて一般人には無理。

このDaydreamはそんな「とりあえずVRってこんにことできんだよ」って事を安価に体感する事が出来るための仕組みを提供するもので、実際VR動画レベルなら、スマホでも充分体感はできます。ハードなゲームとかは無理ですが、VR動画で世界を旅行したり、その場の雰囲気を体感したり、YouTubeの360度動画を見るぐらいならスマホで充分。

Androidは現行のVersion 6.0 (Marshmallow)ではあまり目立った機能アップはしませんでしたが、AndroidNは楽しみに待ってよさそうです。

関連サイト

Android N Developer Preview 

コメント

*
*
* (公開されません)

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

Return Top