物欲ガジェット.com

物欲に従い、買って、使って、レビューする

新型MacbookとApple Watchを見てAppleの没落を感じる

このブログにしては珍しく(?)、コラムのような感じで書きますね。

というのも、新型Macbookを見ても、Apple Watchを見ても、Appleから利用者への「愛」を感じないから。
もっと分かりやすく言うと、「これすごく使いやすいでしょ」という、なんか生活や仕事が良くなる感が無く、
ただ単に、
「かっこいいでしょ。」
だけのファッションブランドに成り下がっている気がする。

先日Apple Watchの使用用途は?的な記事を書きましたが、新型Macbookもちょっと微妙。
軽く薄い筐体、打鍵感にこだわった(とみられる)パンタグラフ式キーボード、Retinaディスプレイなどなど、良い面も多数あります。
デザインはめっちゃかっこいい。WindowsPCにはなかなか見られないスタイリッシュさ。
b13
a08
しかし、USB-TypeC搭載(恐らく世界初)はいいのですが、これが複合コネクタである点と、このコネクタが1つしかない点。
何度もいいます。PC本体に、コネクタが1つしかないのです。全てひっくるめて。
これは非常に利便性を損なう仕様。
Macbook USB typeC
USB typeCは上下どちらに挿しても使える新しいUSB規格。挿し易さ以外に映像コネクタ/電源コネクタ等を兼ねることができる規格であり、Appleはその模範的な使用用途を示しているわけですが、単純にこのコネクタが1つだけだと、ACアダプタから充電している時は、USBデバイスが使用できないという不便さがある。もちろん充電中はHDMI出力も、VGA出力もできないし、マウスも、メモリーキーも挿せない。
2個あれば全く問題ないのに、どうしても1つにしたい理由があるなら聞きたいぐらい。

あ。理由があった・・・
「不便ならこれを買うが良い」とAppleから発売されます。
USB-Cポート用マルチアダプタ : 9500円
USB-C-Digital-AV-Multiport-adapter
yu_typec2
なんとさらに1万円のお布施強要!
PCにポート1つ搭載してくれていれば、$2(200円)ぐらいで設置できたでしょうに。
こういうビジネスモデルです。
こういうことを平気でAppleはしてくるから、私は基本的にアンチApple。
嫌いじゃないけど、合理性も利便性を追い求めている会社じゃない。
どちらかというと、利便性より利益追求型。
Appleに惚れた人から、どんどん金をむしりとるイメージが尽きない。

iPhoneは使っていたけど、ユーザーが利便性を追求しようとすると、「仕様」の壁に突き当たって、市販アプリですら開発させない領域がある為、Androidに移行。それはとても正しい選択だった。

iPad Airも買ったけど、文字入力パネルがAndroidに比べて馬鹿すぎて手放した。
Arrows Tabはとても使いやすい。

Macbook Airも一目惚れして買ったし、とてもいいPCではあったけど、Windowsのほうが基本的には使いやすい。
だからDell Inspiron11 2in1に移行した。価格も半額で使えるPCだった。

そんなに文句があるならApple買わなきゃいいのに。と言われそうですが、それに関しては反論出来ません。
やっぱりいいデザインには惹かれるし。
それと、やはり買って使わなければリアルな不満点も見えないですし。(=>このブログのモットー)

Appleはとてもイノベーティブな会社だけど、最近はデザイナーズブランドみたいになって、ただ単に高単価なかっこいいスマホ/PC等々を売ってますよという会社になってしまった感がある。ジョブスというカリスマがいなくなり、購買や在庫、調達のスペシャリストといった実務派イメージのクックCEO。

今後もApple教が人たちが増え続けるか、期待ですね。

コメント

*
*
* (公開されません)

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

Return Top