物欲ガジェット.com

物欲に従い、買って、使って、レビューする

【クーポンで234.99ドル】docomo LTE B19にも対応したタフネススマホ「Blackview BV8000 Pro」発売中~IP68防水防塵のミドルレンジスマホ

広告

※クーポン情報を最下部に追加しました。

中国のスマートフォンメーカーBlackviewから、タフネススマホ「Blackview BV8000 Pro」が発売されています。

いままであまりBlackviewのスマホは紹介してこなかったのですが、このBlackview BV8000 ProはdocomoLTEバンド B19にも対応しているので、タフネススマホ好きとしては見逃せません。

Blackview BV8000 Proの特徴

BV8000 Proは、見ての通りIP68防水防塵タフネススマホ。ディスプレイサイズは5.0インチで解像度はフルHD 。

基本スペックはミドルレンジと言って良い内容で、SoC はMediaTek Helio P25,RAM 6GB、ストレージ64GBと、これだけのものであればほとんどの人にも余裕があります。 Helio P25はP20の改良版の位置づけで、性能的にはほぼP20と変わらずクロックアップがはかられています。

また、BV8000 Proを日本で使う上でとても重要なのは、docomo LTE プラチナバンドB19に対応している点です。FDD-LTE B1/B2/B3/B4/B5//B7/B17/B19/B20
TD-LTE B38/B39/B40/B41 と多数の周波数帯をサポートしています。docomoはB19以外にもB1/B3、SoftBank系はB1/B3/B8/B41とトライバンド以上+プラチナバンドをサポートしているのでかなり使いやすいはずです。

BV8000 Proの外観で面白い部分としては、側面にXPERIAのような指紋認証センサーを搭載している点。ホームボタンがないので普通は背面にありそうなところを利便性を考えて側面に持ってきたあたりは好感が持てます。重さは5.0インチと比較的画面サイズは小型なほうですが、243gとまずまずの重量。ほぼスペックが似ていて直接的なライバルになるであろうUlefone ARMOR2は270gである点を考えると27gも軽い。ただ240gも270gもある程度ずっしりすることには変わりないとは思いますが。

カラーは、グレー、ゴールド、シルバーとあり、背面デザインもなかなか無骨で好きです。

主要スペック

  • CPU :MediaTek Helio P25 Octa Core 2.6GHz
  • RAM : 6GB
  • ストレージ :  64GB
  • ディスプレイ :  5.0 inch フルHD (1920×1080)  ゴリラガラス3
  • OS:Android 7.0
  • バッテリー : 4180mAh
  • カメラ: リア 16MP  / フロント8MP
  • SIMサイズ: Dual sim Dual Standby, nano SIM x2
  • microSD: 最大256GB
  • USB : USB Type-C interface
  • WiFi /Bluetooth :802.11 a/b/g/n 、Bluetooth 4.0
  • サイズ/重量:  156.2×79.2×13.2 mm / 243.0g
  • ネットワーク:GSM 850/900/1800/1900MHz
    WCDMA 850/900/1700/1900/2100MHz TD-SCDMA B34/B39
    FDD-LTE B1/B2/B3/B4/B5//B7/B17/B19/B20
    TD-LTE B38/B39/B40/B41
  • カラー : グレー/ゴールド/シルバー
  • その他 : 指紋認証センサー/ NFC

フォト/イメージ

ミドルスペック+LTE B19サポートは魅力的

私の場合、趣味がアウトドア系が多く、タフネススマホ好きというのもあり、BV8000 Proのようなスマホが続々と発売される中国市場がうらやましく思っていました。ただ中華スマホは格安SIM(MVNO)で使うにはちょっと敷居が高く、特にアウトドアだと電波がギリギリというケースもあるので、電波の飛びがよく山間部もカバーしてくれるBV8000 Proのようなプラチナバンドが使えるスマホはかなりメリットが大きくなります。

またミドルスペックである点も魅力的。「タフネススマホがロースペック」というのはここまでずっと定番でした。私もTORQUEシリーズなどを使ってましたが、低スペックだけに1台持ちは避け、サブスマホとして使うことで「アウトドアで使うときだけ」と限定すれば特に不満がないという使い方をしていました。ただそういったことは万人ができることではないし、できれば1台で済ませたいという人も多いでしょう。

そういう意味でもライバルのUlefone ARMOR2と同様、BV8000 Proは1台持ちですべてまかなうことができそうなスマートフォンです。こういうミドルレンジでプラチナバンド対応のタフネススマホが今後も続々と発売されると良いですね。

価格は、GearBest で約2.7万円でセール中です。Ulefone ARMOR2より2000円ほど安く、デザインに差を感じないならBV8000 Proのほうがお得ですね。販売ページ

以下は記事執筆時点でのその他サイトも含めた価格比較です。現時点ではGearBestだけですが、順次追加予定です。

販売サイト 価格 有償配送費用 配送会社
GearBest 27028円 0円 Priority Line(国内は日本郵政/佐川/クロネコ)
TOMTOP 26639円 2998円 DHL等 (Expedited Shipping)
Banggood 27574円 1178円 EMS
Geekbuying 27110円 4.66ドル EMS

※販売サイト名をクリックすると、各販売ページに行けます。
価格はあくまで記事作成時点でのものですので、最新価格は直接サイトで確認してください。(セール等で思いの外安くなっている場合もあります)

配送オプションですが、もし買うなら有償配送がお勧めです。通常の無料配送では10-25営業日かかりますので、早くて2週間、遅い場合は1ヶ月半かかります。すぐ欲しい方はEMSやExpedited Shipping=高速配送のOptionを付けましょう。4-9営業日で届く予定で、配送も日本国内では日本郵政が配達となる為、安心感があります。またEMSの場合は遠隔地配送料=Remote Area Feeも掛かりませんので、地方の方には特にお勧めです。

クーポン情報

セールより更に安くなるクーポンをGearBestから頂きました。 234.99ドル=25946円です。

クーポンコード : BlaPro  (限定200台 / 2017/10/19まで)

GearBest 販売ページ : Blackview BV8000 Pro 4G Smartphone

関連記事

・メーカー公式ページ : Blackview BV8000 Pro
・GearBest.comの紹介 : GearBest.comを利用して中華デバイスを安く輸入するのも面白い
・GearBest.comの買い方ガイド :「中国のGearBest.comでデバイスを買って輸入する方法~注文から届くまで」
・Banggoodでの買い物の仕方 : Banggoodで買って輸入してみよう~買った商品が届くまで
・GeekBuyingの紹介 : GeekBuyingでガジェット輸入してみる? 中国のガジェット通販サイトGeekBuyingの紹介
・GeekBuyingの買い方ガイド : GeekBuyingの買い方ガイド~ユーザー登録から決済手続きまでやってみた
・TOMTOP買い物ガイド :TOMTOPでの買い物の仕方~日本語もあるので輸入も比較的簡単~

コメント

*
*
* (公開されません)

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

Return Top