物欲ガジェット.com

物欲に従い、買って、使って、レビューする

デザインと質感にこだわった『cheero Grip 4 5200mAh モバイルバッテリー』レビュー

モバイルバッテリーもだいたい性能は均一化されてきて、いまはデザインにも力を入れた製品も出てきました。その一つが今回購入した『cheero Grip 4 5200mAh モバイルバッテリー』。

cheero Grip 4 5200mAh 大容量 モバイルバッテリー 革のような質感】cheero Grip 4 5200mAh モバイルバッテリー』レビュー革のような外側の質感(合皮)で、モバイルバッテリー特有のプラスチックの安っぽさがありません。ま、簡単に言うと一目惚れしてしまいました(汗)

価格的にも2000円ちょっとと凄く高い訳でもないので、衝動買いです。

また、実はCheeroは初購入でして。日本企業のモバイルバッテリーを使って応援したいという気持ちも強くありました。

5200mAhはだいたいスマホ1.5~2回分の充電ができる容量で、スマホの充電だけであれば日常使いとしてコンパクト・軽量とカバンの中に入れていても違和感無い軽さです。

開梱の儀

箱裏にはしっかりとした日本語で説明書きがあります。日本企業なので当たり前ですがこの安心感はハンパない。(私の持っているモバイルバッテリーはほぼ全て中国製だったからなぁ)cheero Grip 4 5200mAh モバイルバッテリー』レビュー

箱を開けたところ。cheero Grip 4 5200mAh モバイルバッテリー』レビュー

同梱物は、バッテリー本体と、microUSB ケーブル、マニュアルですね。

マニュアルはもちろん日本語。モバイルバッテリーなんてマニュアル無しでも問題無いデバイスですが、日本語マニュアルを見るとなんか安心できるのは日本人の性でしょうか。cheero Grip 4 5200mAh モバイルバッテリー』レビュー

バッテリー本体の質感をチェック

ここからはバッテリー自体を見ていくことにします。

バッテリー本体カラーは今回はミントブルーにしました。他にもホワイトとピンクがあります。cheero Grip 4 5200mAh モバイルバッテリー』レビュー手に取ってみましたが、革っぽいデザインは質感がやっぱりいいですね。cheero Grip 4 5200mAh モバイルバッテリー』レビュー

継ぎ目の部分は一見そこから開きそうですが、そういうデザインなだけでありカバーが捕れるような事はなくバッテリーと一体化しています。

手触りもよく、僅かにクッション性もあり触っていて気持ちが良い。
その為、落下したりしても衝撃にも多少は耐えてくれそうです。プラスチック素材ならそうはいかないでしょう。

またちょっとした傷は目立たないのも良い。プラスチックむき出しのツルテカのピカピカの製品もありますが、そういった製品は机の上にごろっと置くと擦り傷が付いたりして気になります。ですが「cheero Grip 4 」なら転がしても傷は付かないでしょう。ただ汚れには気をつけないといけないですね。やったことはないですが、醤油が1滴付いただけでシミになったりしないか心配です。(まぁ醤油がある場所でモバイルバッテリー使うなって事ですが)

サイズ的にも手の平サイズなので、使いやすいし持ち歩きにも便利。

バッテリーとしての機能チェック

ここからは機能的な面を見ていきましょう。

入力端子はmicroUSB、出力はUSBx2ポート。2つのデバイスを同時充電が可能。cheero Grip 4 5200mAh モバイルバッテリー』レビュー

左のUSB端子の下にあるのが充電確認/LED点灯ボタン。

このボタンを押すと、残量確認のLEDが点灯する。LEDは革の隙間からこっそりと見えるようにデザインされている。cheero Grip 4 5200mAh モバイルバッテリー』レビュー

またボタンを長押しすると、充電端子側にあるLEDが点灯する。明るさは懐中電灯の代わりになる位明るい・・・というわけではないが、机の下などで落ちたものを探したりするのには役立つ。
(ただライト性能に過度な期待はしてはいけません。あくまでオマケ的要素です)

充電してみた

スペック的には、入力2A/出力2Aですが、実際充電して試してみました。cheero Grip 4 5200mAh モバイルバッテリー』レビュー
出力は、4.94V/1.15Aという結果。まぁ最大2Aで、AUTO-IC技術=流量制限(電流は常に一定ではなく充電されるデバイス側の状態を見ながら最適に調整する機能)をするので、満充電に近い端末だと電流流量が下がってしまうだけだと思う。cheero Grip 4 5200mAh モバイルバッテリー』レビュー他にもタブレットに充電してみましたが、1.24Aまで出ていました。cheero Grip 4 5200mAh モバイルバッテリー』レビュー
入力端子は2Aで充電できるので、バッテリー自体は0-100%で3時間程度で満充電になる。

まとめ:デザインが良く日常使いに適したバッテリー

カラー・デザインは女性向けかなと思う部分もありますが、ホワイトやこのミントブルーは男性が使っても全く違和感ありません。私は友人に見せましたが、最初はバッテリーと思われませでした。なにかのケースかと思われたぐらい、デザインは気に入りました。

バッテリー容量も5200mAhもあるので、一般的なスマホなら2回フル充電できます。毎日使わなくてもカバンに放り込んでおけば、多少放電してもまだまだ残量はあるので、バッテリーの存在を多少忘れていても「そうだ!」と思い出して使える。

サイズ的にも手のひらに入るサイズだし軽い。
私も仕事バッグに入れて持ち歩いていますが、重さは全く気にならないレベル。傷も付きづらく気楽に使えるのが良いですね。

価格は記事作成時点で2,000円強。デザインに興味があるようでしたら、チェックしてみては?

関連サイト

・Amazon 販売ページ:cheero Grip 4 5200mAh 大容量 モバイルバッテリー 革のような質感】

コメント

*
*
* (公開されません)

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

Return Top