物欲ガジェット.com

物欲に従い、買って、使って、レビューする

【実機レビュー#1】Remix+Win10 10.1インチ WUXGA『Chuwi Hi10 Pro』レビュー! 開梱~外観チェック編

中華タブレットレビューです。今回は10.1インチで1920×1200のWUXGA液晶を搭載した、RemixOS+Win10のデュアルOSタブレット「Chuwi Hi10 Pro」です。CHUWI Hi10 ProこちらはGeekBuyingさんからサンプル提供して頂いてのレビューです。

紹介記事: 10.1インチWUXGA『CHUWI Hi10 Pro』発売中!Win10+RemixOSの中華タブレットスタンダード

上記記事で紹介していますが、10.1インチのWUXGAと中華タブとしては高めの解像度。これに4GB RAM + 64GB ROM(eMMC)という同じく高めの構成。更にOSはAndroid5.1ベースのRemix OS 2.0+Win10のデュアルOSタブレットと結構てんこ盛りです。まぁこれぐらいが中華タブレットでは標準的で、このHi10 Proはある意味、基準となるタブレットと言えます。

そんなChuwi Hi10 Proをレビューしていきます。

今回は第一回目のレビューという事で早速開梱から外観チェックまでやっていきたいと思います。CHUWI Hi10 Pro レビュー GeekBuying

主要スペック

  • CPU :Intel Cherry Trail Z8300 64bit Quad Core 1.44GHz (up to 1.84GHz)
  • RAM: 4GB
  • ストレージ: 64GB eMMC
  • ディスプレイ : 10.1インチ 1920 x 1200 (WUXGA)IPS液晶
  • OS: Windows 10 + RemixOS 2.0(Android5.1ベース)
  • バッテリー : 6500mAh
  • カメラ: 2MP 前面 / 2MP 背面
  • microSD: 最大128GB
  • WiFi /Bluetooth :WiFi802.11 b/g/n 、Bluetooth4.0
  • サイズ: 26.18 x 16.73 x 0.85 cm / 562g
  • Languages: RemixOSは日本語有り、Win10はマルチランゲージ機能からインストール可能
  • インターフェース : MicroUSB x1 、USB TYPE-C x1、microSD x1,ヘッドホンジャックx1、microHDMI x1
  • 専用キーボード: 別売り

Chuwi Hi10 Pro 開梱の儀

Chuwiの箱は相変わらずシンプル。CHUWI Hi10 Pro レビュー GeekBuyingタブレット本体は、中華タブレット定番のビニール袋。
CHUWI Hi10 Pro レビュー GeekBuying
同梱物は、タブレット本体とUSB TYPE-Cケーブル、ACアダプタ、マニュアル各種。ACアダプタは日本では使えないタイプのものですので、各自で変換アダプタを用意するか、USB急速充電器を用意すればOK。添付のACアダプタはサイズがデカいので、普通にUSB急速充電器を用意するのがいいでしょう。CHUWI Hi10 Pro レビュー GeekBuyingマニュアルは当たり前ですが英語と中国語です。

画面には保護フィルムが貼ってあり、剥がして使うようになっています。毎回思いますが、このあたりは中国は親切。CHUWI Hi10 Pro レビュー GeekBuying
しかしこれまたいつものことですが、貼り付けてある保護フィルムは「オマケ」レベルの品質で、指の滑りもあまり良くないし、光沢でギラギラするし、簡単に手垢とひっかき傷が付きます。
あくまで「無いよりはマシ」レベルです。

外観チェック

ここからはさくっと本体周りをチェック。正面の液晶画面側は、至って普通。Windowsホームボタンが配置されています。ちなみにRemix OSでもホームボタンとして機能します。

CHUWI Hi10 Pro レビュー GeekBuying下部側面。ここらはキーボードドッキングコネクタがある。キーボードは後ほどレビューします。CHUWI Hi10 Pro レビュー GeekBuying右側面。ここにはスピーカーがあるのみ。ちなみに反対側にもスピーカーがちゃんとあり、ステレオスピーカーとなっています。横画面にしてキーボードドッキングすることを考えると、左右のこの位置にスピーカーがあるのは自然で良いですね。CHUWI Hi10 Pro レビュー GeekBuying上部。ここに電源/ボリュームボタンがある。CHUWI Hi10 Pro レビュー GeekBuyingサイドは2.5Dとメタルフレームになっていて、処理はとても綺麗。これは同じCHUWIのHiBookシリーズや、Vi10 Plusなどもデザインが全く一緒で、この世代のChuwiのタブレットは安っぽさがなくなり、実に質感が高い。各ボタンもしっかりとクリック感があって押しやすい。CHUWI Hi10 Pro レビュー GeekBuying左側面。こちらにあらゆるポート類が集中している。左から、イヤホンジャック、microHDMI、microUSB、USB TYPE-C、MicroSDスロット、スピーカー。充電はUSB TYPE-C端子のみで、microUSB経由では充電ができない。CHUWI Hi10 Pro レビュー GeekBuyingCHUWI Hi10 Pro レビュー GeekBuying背面。上部に2MPのカメラがあるのみ。CHUWI Hi10 Pro レビュー GeekBuyingメタルボディの背面はマットなシルバーで、これがまた渋くていい。Ondaなどは中国的なゴールドカラーが多いのですが、Chuwiはこのシルバーが落ち着いていて、変に目立とうとしないところが大人っぽくて良いんですよね。CHUWI Hi10 Pro レビュー GeekBuying

レビューは【実機レビュー#2 Chuwi Hi10 Pro専用キーボード使ってみた編】に続きます。

Chuwi Hi10 Proの価格と購入方法

このChuwi Hi10 Proは、GeekBuyingで199.99ドルという価格で販売しています。※価格は記事作成時点CHUWI Hi10 Pro レビュー GeekBuying

価格はクーポンやセール等で変わってきますが、この価格はちょっと高め。セールだともうちょっと安くなります。ただ性能を考えればこの価格でも充分安いと思う。ちなみに専用キーボードは49.99ドルで発売中。

・GeekBuying販売ページ : CHUWI Hi10 Pro 2in1 Tablet PC 10.1 inch Dual OS Windows 10 + Remix OS 4GB/64GB 

配送費用は、無料配送もありますが15-30営業日かかりますので、早くて2週間、遅い場合は1ヶ月半かかります。より早く配達して欲しければ、EMS、DHLなどの配送業者を使う事もできますが有料です。EMSだと20ドル、DHLは30ドルと、本体価格を考えるとここもちょっと高め。CHUWI Hi10 Pro レビュー GeekBuying 配送費用
ここがGeekBuyingを使う際に一番の悩みどころですね。GearBestなどはオプション配送料も無料のものが多くなりつつありますし、オプションが有料でも1,000円未満が多いので、このあたりはまだまだ企業努力をして頂きたいところです。(実はGearBestのほうが価格も・・・ごにょごにょ)

GeekBuyingでの購入方法などは、下記記事に取り纏めていますので、参考にしてください。
・GeekBuyingの紹介 :GeekBuyingでガジェット輸入してみる? 中国のガジェット通販サイトGeekBuyingの紹介
・GeekBuyingの買い方ガイド : GeekBuyingの買い方ガイド~ユーザー登録から決済手続きまでやってみた

コメント

*
*
* (公開されません)

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

Return Top