物欲ガジェット

物欲に従い、買って、使って、レビューする

【実機レビュー前編】8.4インチ2K解像度「CHUWI Hi9」ファースト・インプレッション

CHUWIから発売された8.4インチ2K解像度タブレット「CHUWI Hi9」をGearBest様からご提供頂きましたのでレビューしていきます。

CHUWI Hi9 の主な特徴

CHUWI Hi9は8.4インチのAndroidタブレット。解像度は2K(2560×1600)という高解像度で、段差の無いOGSディスプレイ。またHDRにも対応しているなど、ディスプレイの美しさにこだわっています。

SoC(CPU)はMediaTek MTK8173でミドルレンジ。RAM 4GB、ストレージは64GB eMMCと充分な容量を持っています。

これだけの性能でありながら、価格は100ドル後半程度でハイコスパな点が特徴と言えるでしょう。

今回は初回と言う事で、外観をメインにレビューしていきます。

主要スペック

開梱と同梱物

外箱はいつものCHUWIらしい簡素なもの。

側面には製品名とスペックが書かれています。

同梱物は、USB充電器、microUSBケーブル、マニュアルのみ。USB充電器はコンセント形状が違うのでそのままでは使えません(要変換)。充電器自体は5V-3Aの急速充電が可能なタイプ。ただ変換アダプタを付けても結構デカいので、USB充電器は別途用意したほうがいいでしょうね。

外観レビュー

2K解像度のディスプレイはやはりかなり美しいです。ぱっと見で「綺麗だわ」と感じるレベル。OGS/IPSディスプレイは段差もなくフラットに見えます。視野角も高く、ほぼ真横からでも視認もできるぐらい。右サイドには電源+ボリュームボタンが配置されています。筐体はプラスチック製で、ボタン類のプラスチックなので多少安っぽく感じます。クリック感はしっかりあるので機能的には問題無い。このあたりは100ドル台後半という価格を考えれば高級感より機能性優先と言った所でしょう。上部にはmicroSDスロットとイヤホンジャック、microUSBがある。全てのコネクタは上部に揃っている事になる。そのため他の面には何も無い。背面はマットブラック。上部に5MPのカメラがあり、下部にはモノラルのスピーカーがある。モノラルのため、迫力ある音とまでは行かないのですが、YouTubeやゲームで聞く限り過不足無い音は出せています。コストも掛かるので致し方ない面もありますが、スペック的にもミドル機であること、ディスプレイは2K解像度で気合いが入っている事を考えると、できればスピーカーはステレオにして欲しかった所です。

 

実重量

実重量を計測してみました。349gとほぼ公開されているデータ通り。8.4インチというと、HUAWEIのMediaPad m3が310g程度なので、40gほど重いことになりますが、実際の使用感としては「重い」と感じる事はありません。

軋み

少し気になる点としては、プラスチック筐体の軋み。普通に使っている分には気にならないのですが、多少ひねりを加えたり、強く握ったりすると「みしっ」という感じの軋み音がします。コメント頂いた方も軋んでいたそうなので、仕様っぽい感じ。この音が不具合を発生させることはないのですが、気になる人にはずっと気になるはずです。

開梱レビューまとめ

今回は最初のレビューと言う事で、さくっと外観周りと重量を計測してみました。

全体としては200ドルアンダーの8.4インチタブレットとしてはよくまとまっているという印象です。8.4インチディスプレイで2K解像度はやり過ぎなぐらいなので、解像度はそれほど評価できる面は少ないものの、IPS/OGSディスプレイが綺麗なのは間違いなく、価格に見合わないレベルです。

しかし反面、筐体はプラスチック製で、若干軋みがあるという点は値段相応といったところ。マットブラック単色でデザイン的には特にこれといったアピールがない点も人によっては「いまいち」に映るでしょう。ただこのあたりは「見た目よりも性能」を取れる人なら許容範囲でしょうけどね。

CHUWI Hi9のライバルはTECLAST T8になるでしょうが、T8はメタルボディ/USB Type-C端子/ホームボタン+指紋認証リーダーという点でHi9より優れています。あとは価格と相談という感じになるでしょうが、価格差が実質10-20ドル程度なので微妙な所です。

次回となるレビュー後編では、ベンチマークや使用感などを試して見ます。

CHUWI Hi9の価格

記事作成時点の価格ですが、GearBest ではフラッシュセールにて189.99ドルで販売中です。

・GearBest販売ページ : Chuwi Hi9 Tablet

日本への配送は1.68ドルでPriority Lineという配送方法となります。無料ではありませんが200円程度で、5-9営業日で届く(国内では主に佐川急便配送)ので、比較的早く届きます。

GearBestでの購入方法などは、下記記事に取り纏めていますので、参考にしてください。

・GearBest.comの紹介 : GearBest.comを利用して中華デバイスを安く輸入するのも面白い
・GearBest.comの買い方ガイド :「中国のGearBest.comでデバイスを買って輸入する方法~注文から届くまで」

コメント

*
*
* (公開されません)

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

Return Top