物欲ガジェット.com

物欲に従い、買って、使って、レビューする

10.6インチ中華タブレット『Chuwi Vi10 Pro』のAndroid4.4を日本語化してレビューしてみた

Advertisements

中華タブレット、Chuwi Vi10 Proのレビューをいろいろとやっております。Chuwi Vi10 first review

Chuwi Vi10 ProはWindows8.1とAndroid4.4のデュアルOSタブレットなのですが、今回はAndroidの日本語化です。

中華タブレットに関しては、当然プリインストールされるOSも中国語版が多いのですが、良心的なメーカーは英語版もインストールしており、初期セットアップで言語選択が可能となっています。

このChuwi Vi10 Proは残念ながらAndroid版は初期状態では「中国語表記」でした。

ただ日本語化は簡単にできますので、ご紹介していきます。

ちなみにChuwi Vi10 Ultimateのようなマイナーチェンジ版でも同様の方法で日本語化はできると思います。

また日本語化後、中華アプリ削除、ベンチマークなどやってみました。

日本語化は簡単

ホーム画面。中華アプリがたくさん並んでいます。これは後ほど削除するとして、まずは日本語化。設定(歯車)アイコンをタップして開きます。ちなみに、Vi10 Proは純正キーボードドックとセットで使用しているのですが、Androidでもタッチパッド+キーボードが使えます。マウスカーソルで操作するAndroidはなんか斬新。操作性も極めて良好です。あ、話がそれました・・・
s-Screenshot_2016-01-05-15-45-47

画面の下の方にある赤丸で囲ってある部分をタップします。(日本語で言うと”言語と入力”という意味)Chuwi Vi10 Android language Japanese

一番上の赤丸をタップします。(言語 中文と書いてあるのでなんとなく読めますね。)Chuwi Vi10 Android language Japanese

一覧の中に「日本語」があるので、タップします。以上で終了。簡単ですね。Chuwi Vi10 Android language Japanese

こんな感じで日本語化されました。Chuwi Vi10 Android language Japanese

Android側のストレージ容量は?

WindowsとAndroidのデュアルOSなのでストレージ容量の割り振りが気になります。Vi10 Proは64GBあるので半々じゃなければいいなと思っていました。とりあえず使用容量は11.69GB。で空き容量が11.29GBだから、22.98GBで約23GBがAndroid側のストレージ容量と言う事に。Chuwi Vi10 Android language JapanesemicroSDが使えるので、ぶっちゃけAndroidは16GBもあれば余裕なんですけどね・・・ま、それはWindowsにも言えることですが、Winの場合アプリのインストールをSDに出来ない事もあるので、できればeMMCの容量は空けておきたい所なんです。(SDをHDDドライブのようにマウントする方法もあるので回避はできるのですが、基本的な考えとしてCドライブの容量に余裕は欲しいなと思う)

アプリはどの程度削除できるか?

中華タブレットを使っていると、やはり全く関係ない読めないアプリは削除しておきたいもの。(セキュリティ上不安だし)

と言う事で削除してしまいましょう。こちらかChuwi Vi10 Proにプリインストールされているアプリ。Chuwi Vi10 Android language Japanese 中華系アプリは一掃してみました。一つだけCHUWI純正アプリが残ってしまいますが、
Chuwi Vi10 Android language Japanese

AnTuTuのベンチマークスコア

定番のAnTuTuベンチマークをインストールし、パフォーマンスをチェックしてみました。

スコアとしては36,887。Chuwi Vi10 Pro AnTuTu Benchmark

このスコアはGalaxy Note4の下なわけですが、目安としてだいたいXperia Z2あたりと同様と言って良いくらい。Chuwi Vi10 Pro AnTuTu Benchmark決して速いわけでは無いが、Vi10 ProをAndroidでバリバリ使うというのは私自身はあまり考えていない。キーボードとセットになったことで、Windows10 2in1タブレットとして活躍するので、あまり気にしない。

まとめ:Vi10 ProのAndroidの日本語化は簡単

ご覧頂いたように、日本語化自体は日本語ロケールが入っていたので簡単でしたね。ロケールが入っていないとMoreLocale2などを使用してちょっと手間が入るので、これは有り難い仕様。(中華タブレットは意外と日本語ロケールが入っているものが多い)

ベンチマークやストレージ容量のチェックもしましたが、私自身はVi10 ProをAndroidメインで使用することはほぼないので、一応確認レベルのチェックでした。それでもキーボードドックとくっつけて、タッチパッドでAndroidが操作できるのはなかなか素晴らしい。検索でキーボード入力できるって素晴らしいですね。

関連サイト/関連記事

10.6インチ中華タブレット『Chuwi Vi10 Pro』を日本語化する方法~Win8.1→Win10の日本語化~
予算2万円ちょぃで買える10.6インチの2in1 デュアルOS中華タブレット『Chuwi Vi10 Pro』+『専用キーボード』実機ファーストレビュー!前編
予算2万円ちょぃで買える10.6インチの2in1 デュアルOS中華タブレット『Chuwi Vi10 Pro』+『専用キーボード』実機ファーストレビュー!後編
【クーポンでキーボードセットが約1.8万円】Windows+Androidの10.6インチタブレット『Chuwi Vi10』がお買い得
・GearBest.com販売ページ(タブレット本体) : Chuwi Vi10 10.6 inch Android 4.4 + Windows 8.1 Tablet PC
・GearBest.com販売ページ(キーボードドック) : Tablet PC Keyboard Protective Case with Keyboard for Chuwi Vi10
・GearBest.comの紹介 : GearBest.comを利用して中華デバイスを安く輸入するのも面白い

コメント

*
*
* (公開されません)

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

Return Top