物欲ガジェット.com

物欲に従い、買って、使って、レビューする

【前編】2in1タブレットとしては使いやすいサイズ!11.6インチ中華タブレット『CUBE iwork 1x』実機レビュー!

Advertisements

今回は11.6インチフルHDを搭載した中華タブレット『Cube iwork 1x 』レビューです。 こちらはBanggoodさんからサンプルを提供して頂いてのレビューです。

この「Cube iwork 1x」は11.6インチとやや大きめディスプレイを搭載。解像度はフルHDで大きめの画面サイズにあった解像度です。

紹介記事: Atom Z8350搭載の11.6インチフルHDタブレット『Cube iwork1x』が発売中~

今回は第一回目のレビューという事で早速開梱&外観チェックレビューしていきたいと思います。

主要スペック

まずは主要スペックをおさらい。
CPUはCherry Trail AtomのZ8350という中華タブレットおなじみのもの。これにRAM 4GB + 64GB ROM(eMMC)という構成で、Atomタブレットとしてはスペックは高めとなっている。

画面は11.6インチで解像度はフルHD(1920×1080)でIPS液晶。キーボードはオプションですが、基本的にはキーボード必須と言っても良い構成です。キーボードもありますので後ほどレビューします。

  • CPU :Intel Atom X5-Z8350 64bit Quad Core 1.44GHz, Up to 1.92GHz
  • RAM: 4GB
  • ストレージ: 64GB eMMC
  • ディスプレイ : 11.6インチ 1920×1080 フルHD  IPS液晶
  • OS: Windows 10
  • バッテリー : 4.35V / 8500mAh Lithium ion polymer battery
  • カメラ: 2MP front
  • microSD: 最大128GB
  • WiFi /Bluetooth :WiFi802.11 b/g/n 、Bluetooth4.0
  • サイズ:  299.6 x 180.6 x 10.2mm / 740g
  • Languages: Win10の言語設定から日本語ランゲージパックをインストール可能
  • インターフェース : microUSB x1 、USB 3.0 x1 、microSD x1,ヘッドホンジャックx1、miniHDMI x1Cube iwork1x 価格 スペック*HDMIはmicroHDMIのようにも見えます

Cube iWork 1x 開梱

箱を開けるとビニール袋に包まれた本体が登場。背面は見た目は金属っぽいひんやりするかなとか思いましたが、素材はプラスチック。最近の中華タブレットは「メタルボディ化」の流れをとり、本体の剛性感と高級感を演出しています。ただプラスチック筐体とはいえ、見た目の安っぽさはありませんし、本体がきしんだりたわむような華奢なイメージもありません。同梱物は、マニュアル、MicroUSBケーブルのみとシンプル。

外観チェック

ここからさくっと外観チェックしていきます。電源を入れると「酷比魔方(CUBE)」ロゴが表示される。背面にも同様のロゴがありますが、日本人からするとちょっと人前で使うのはやや恥ずかしいかも。よく言われてますが、「酷(い)」という字が日本人的にはあまり宜しくない気がしますね。前面下部中央にはWindowsホームボタンがあります。Windows 2in1タブではありがちな話しとして、タブレットモードではこのWindowsホームボタンが使えるのだけど、キーボードとドッキングさせたらWindowsホームボタンが隠れてしまって使えないというのがあります。しかしCUBEはよく考えてきました。オプションのキーボードとドッキングさせると・・・キーボード側はちゃんとくり抜いてます。素晴らしい。こうやって機能性も確保しているのはえらい。だが・・・。今まで「隠れてしまったWindowsホームボタンを使えるようにしてくれればいいのに」と思っていたのは反省します。ぶっちゃけキーボードとドッキングしている時に、ホームボタンまで手を伸ばすぐらいならキーボードのWinキーを押した方が早いのです。(当たり前だけども) 実用性が無いからボタンとして殺しても問題無かったわけです。それでも機能としてなんとか残そうという努力は買います。

右サイドにはスピーカーx1のみで、ポート類は左サイドに集中している。右から、スピーカー、microSDスロット、USB3.0、microUSB、microHDMI、イヤホンジャックとなっている。
充電はmicroUSB経由です。最近の中華タブレットは薄型傾向で、タブレット本体にはフルサイズUSB端子が無いケースが多くなってきましたが、Cube iWork 1xは1つ確保しているのはとても有り難い。2in1としてキーボードとドッキングして使う方が便利なので、USB端子x2があるキーボードをセットで買う人は多いのでしょうが、タブレット単体で購入したとしてもUSBポートがあるとメモリーキーなどでデータ移動の際便利です。

上部には電源ボタンとボリュームボタンがある。
底面側はキーボードとのドッキング端子がある。キーボードは別途下記に掲載しますが、使い勝手は良好です。
背面。カメラもなく至ってシンプル。プラスチック素材と漢字ロゴのおかげで高級感はいまいち。

オプションのキーボードは使い勝手良好

専用キーボードはオプションですが、これは多少お金をつぎ込んでも買って欲しいアイテム。当然ながら英語キーボードですが、6段の綺麗な配列で極端に小さいキーなどもなく、使いやすい。ただファンクションキーはF1等は反転している。F1キーを押したければFn+F1となるのでファンクションキー多用する方にはやや面倒。

キーボードの左右にはフルサイズUSB 2.0ポートがあり、使い勝手を向上させてくれる。タッチパッドは一枚板タイプで、指3本程度の高さになります。11.6インチというサイズを考えれば十分でマルチタッチも良好でした。キーもしっかりとストロークがあり、ふにゃふにゃせずに適度に押し応えがあり小気味良く打鍵できます。 非常に出来の良いキーボードですが、Cubeのオプションキーボードは価格が7,000円ほどとちょっと高い。この点だけ残念です。またディスプレイに接触する面=パームレスト部に無粋なゴムがあるのはもうちょっとデザインでカバーできなかったのかなという気もします。ただ実際使っている限りあまり気にならないんですけどね。

ざっと開梱から外観もで紹介してきましたが、あまりにも長くなるので今回はここまで。
レビューは【実機レビュー#2 :使ってみた編】に続きます。

CUBE iwork 1xの価格と購入方法

CUBE iwork 1xはBanggoodで22,945円という価格で販売されています。 ・Banggood販売ページ: Cube iWork1X 64GB Intel Atom X5 Z8350 Quad Core 11.6 Inch Windows10 Tablet

Banggoodからの輸入送料は無料配送と高速配送の「EMS」があります。EMSを使えば7-15営業日で届きます。EMSはオプションがなんと674円と中国から輸入する事を考えればリーズナブル。配送業者も日本国内では日本郵政(郵便局)なので安心です。是非ともこのオプションを付けましょう。
通常の無料配送では7-20営業日かかりますので、早くて2週間、遅い場合は1ヶ月かかります。すぐ欲しい方はこのEMSのOptionを付けましょう。7-15営業日で届く予定ですが、私の場合は関東に居ることもありますが比較的1週間前後で届いています。

Banggoodでの商品の買い方は以下に詳しくまとめていますので、参考にしてください。

・Banggood : トップページ
・Banggoodの買い方ガイド :Banggoodで買って輸入してみよう~買った商品が届くまで

コメント

*
*
* (公開されません)

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

Return Top