物欲ガジェット.com

物欲に従い、買って、使って、レビューする

デジタイザ搭載で約2万円Win10タブ『Cube iWork10 Flagship』 開梱の儀~ファーストレビュー

広告

中華タブレットレビューです。

今回は、『Cube iWork10 Flagship』。
以前この記事で紹介しました。

紹介記事 : これ安すぎでしょ! Surface3キラー10インチタブレット『Cube iWork10 Flagship』ワコムデジタイザ搭載で23,841円

GearBestさんから端末をお借りしてのレビューです。Cube iWork10 Flagship レビュー

Cube iWork10 Flagship(以下iWork10)は、10インチのUXGA解像度を持ちつつ、デジタイザ搭載。Cherry Trail世代のAtom CPU搭載して、4GB RAM、64GB eMMCとタブレットとしてはかなりのハイエンドスペック。OSはWindows10のみと潔い。

中華タブレットと言うと、Win+AndroidのデュアルOSがお得意だが、正直10インチタブレットで、4GB RAM搭載するなら、Winタブとして割り切って作られたほうがいい。デュアルOSだとストレージ容量が2分割されてしまい、アプリインストール領域が減ってしまうからだ。その点、iWork10 Flagshipはフルにストレージを使える。

ここまでの性能でありながら2万円ちょっとの価格という事で、非常に人気になっているタブレット。当然GearBestでもずっと在庫切れ(入荷しても予約分ですぐ消化されてしまっていたそうです)。

それがやっとサンプル分確保できたという事で、送って頂きました。

キーボードも一緒にレビューしたかったのですが、発送当時は在庫が無く断念。
タブレットのみのレビューです。

主要スペック

  • CPU :Intel Cherry Trail Z8300 ( Intel Atom X5-Z8300 ) Quad Core 1.44GHz~1.84GHz
  • RAM + ROM: 4GB + 64GB
  • ディスプレイ : 10.1 インチ 1920 x 1200(WUXGA) IPS screen /デジタイザ搭載
  • OS: Windows 10
  • バッテリー : 7500mAh
  • カメラ: 2MP rear / 2MP front
  • microSD: 最大128GB
  • WiFi /Bluetooth :WiFi802.11 b/g/n 、Bluetooth4.0
  • センサー : Gravity Sensing System,
  • サイズ:  26.3 x 16.9 x 0.8 cm / 616g
  • Languages: なし(但しWindows10はOS標準であとから日本語ロケールインストール可能)
  • その他 : USB3.0 Microx1 、micro USBx1、microHDMI
  • 別売り : 専用キーボード/ スタイラスペン

開梱の儀

中華タブレットなので飾りっ気無し。Cube iWork10 Flagship レビューCube iWork10 Flagship レビュー
Cubeのタブレットは初めてですが、Teclastとかと同様の素材感をアピールした簡素な箱です。もちろん良い意味で。要は中身勝負です。

箱を開けると、いつものビニール。これも気にしない。Cube iWork10 Flagship レビュー

液晶面には保護フィルムが貼ってあります。Cube iWork10 Flagship レビュー
この一番上にあるiWork10の紹介シール面は剥がせるのですが、実はその下にもう一枚保護シートが貼ってあります。こういう気遣いは日本メーカーにも見習って頂きたい。Cube iWork10 Flagship レビュー

が、保護フィルム自体はメーカーが貼ったにしてはちょっとお粗末というか・・・素人かと言いたくなる。気泡が5-6カ所あり、気になる。Cube iWork10 Flagship レビュー

という事で、保護フィルム自体の評価としては「無いよりいいでしょ」ぐらいの感じ。
実際、iWork10用の保護フィルムを日本で手に入れるのは難儀な所もあるので、あればあったで嬉しいもの。おまけ程度に考えておけばがっかりしない。

背面にも保護フィルムが貼ってあって傷防止になる。
こちらは二重ではなく剥がして使ってくださいという感じ。

付属品はこちら。
本体を取り出した下に入っている。 まず目に付くのがマニュアルの箱の汚れ。
タブレット本体がちゃんと機能すればいいものなので、ここに汚れがあっても動作に支障はないが、やはり気分的に良いものでは無い。Cube iWork10 Flagship レビュー

OTGケーブル、充電USBケーブル、マニュアル類。Cube iWork10 Flagship レビュー
マニュアルは英語版もあり、読み取るのにそれほど苦労しない。Cube iWork10 Flagship レビュー 中は一部カラー印刷になっていて、中華タブレットとしては力を入れているほう。Cube iWork10 Flagship レビュー

本体周りのレビュー

前面。上部にカメラ、下部にWindowsボタンがある一般的な構成。Cube iWork10 Flagship レビュー

手に持ってみると少しずっしり。616gもあるからか。
Surface Pro3よりは当然軽いが、既に持っているChuwi Vi10 Proが10.6インチと、iWork10 Flagshipよりデカいのに523.5gと軽量。もちろんChuwi Vi10 Proよりもかなりスペックアップしているからやむなし。ただSurface3が622gであることを考えれば遜色無しと言ったところ

底側面。Cube iWork10 Flagship レビュー

純正ドッキングキーボード用コネクタがある。凹んでいる部分はドッキングキーボード側の突起が入る。Cube iWork10 Flagship レビュー

ちなみに純正キーボードは今回手に入らなかったが、いつか手に入れたいと思ってる。
ただ値段が6000円ほどするので、タブレット価格を考えるとかなりの割高。
以前レビューしたChuwi Vi10 Proは、キーボードドックが3,000円ほどとかなりの割安だったため、Cubeも今後は同価格帯で販売して欲しいものです。

左側面。
左からヘッドホン、microHDMI、microUSB、USB3.0 microB、microSDスロット。マイクロだらけ。Cube iWork10 Flagship レビュー

ただ驚いたのが、USB3.0がmicroBだった事。この仕様のおかげで、普通のUSBスロットがなく、メモリーキーやマウスが使えないのは残念。もちろん変換プラグを使えば良いが、使い勝手はいまいちだ。筐体薄いからどうしてもマイクロBしか搭載できなかったと思うが、個人的には「だったら多少厚くても良いよ。SurfaceだってフルサイズUSB3.0があるんだし」と思う。薄く出来たけど利便性が損なわれますでは本末転倒。このあたりはもったいない。Cube iWork10 Flagship レビュー

右側面。
ステレオスピーカーがあるのみ。Cube iWork10 Flagship レビュー

縦方向にタブレットを持った際に、下(もしくは上)にスピーカーがくるので、配置的にはいまいち。映画等を見た際に、このサイズでなおかつWindowsタブレットを縦画面でというのはあまり利用シーンが浮かばない。横画面で使用を前提として左右に配置してくれたらなと思う。

ただこの価格帯のタブレットで、ステレオスピーカー搭載という所にCubeの気合いを感じるのでここは素直に褒めたい。

上部側面
電源ボタンと、ボリュームボタンがある。Cube iWork10 Flagship レビュー一般的なボタン配置だがボタンはメタル仕様でクリック感もあり、操作性は良好。Cube iWork10 Flagship レビュー

背面。
濃紺っぽいカラーリングはタブレットとしては珍しく、またこれがなかなかカッコイイ。Cube iWork10 Flagship レビュー
機能的にはカメラがあるのみ。

中国語の[Flagship]に相当するロゴがかっこいい。Cube iWork10 Flagship レビュー
中国語ではFlagshipは「旗艦本」って書くのか。

microSDスロットやUSBポートの位置にはちゃんとプリントがしてあり、分かりやすい。Cube iWork10 Flagship レビュー

Windows10の操作感

早速電源を投入して、iWork10 Flagshipを起動してみた。Cube iWork10 Flagship レビュー

デフォルトの言語はEnglishで出荷しているようで、日本人でも理解し易くて助かる。
(後ほど日本語化の記事を書きます)Cube iWork10 Flagship レビュー液晶はさすがにUXGA(1920×1200)だから細かい文字も綺麗。10インチぐらいでUXGAだとWXGAのChuwiVi10とは明らかに違いを感じる。
Cube iWork10 Flagship レビュー

ストレージ容量はこんな感じで、64GB中空きが「38.9GB」と余裕がある。Cube iWork10 Flagship レビュー
microSDスロットもある為、容量が大きい動画などはmicroSD側に格納して、メインの64GBeMMCには、できるだけアプリ領域に確保したい所。その点iWork10 FlagshipはWindows10のみのタブレットの為、容量に余裕があり助かる。

今回はここまで

今回はとりあえず開梱からざっと筐体周りのレビューでした。

何度も書きますが、4GB RAM、64GB eMMC、Cherry Trail世代のAtom、デジタイザ搭載と盛りだくさんのiWork10 Flagship。本体の質感、デザインなどは上々です。

ちょっと気になったのは重量とUSB端子がマイクロBタイプだった点。
重量は最初から分かっていたけど、USB端子は完全に盲点でした。
思い込みは怖いなぁ-。

ただまだ本領発揮と言えるような性能評価までしていないので、次回からはもうちょっと使い込んでレビューしていきます。
次回移行は日本語化、操作性、デジタイザの使用感などを順次記事にしていきます。

関連サイト/関連記事

・10.1インチ中華タブレット『iWork10 Flagship』を日本語化する方法
・Cube公式ページ : iWork10 Flagship (サイトが重いです)
・GearBest販売ページ: Cube iWork 10 Flagship Tablet PC Ultrabook
・GearBestキーボードドック販売ページ: iWork10 Flagship / Ultrabook Keyboard
・GearBest.comの紹介 : GearBest.comを利用して中華デバイスを安く輸入するのも面白い

Comments & Trackbacks

  • Comments ( 2 )
  • Trackbacks ( 0 )
  1. いつも更新を楽しみに読ませていただいております。
    こちらの記事を参考に海外ショッピングを始めたり、note5を使用したり、vi10を購入したりと色々新しいことに挑戦できています。
    以前の記事も読ませていただきデジタイザ使用のパソコンが欲しかったこともありiWork10も購入しようかと思いましたが色々調べた結果、ワコムのデジタイザ非搭載であるとのことでした。なので私は少々高くつきましたがiWork11を購入しました。

    実際iWork10のデジタイザがどうなのかのレビューが書いてあるブログにたどり着けなかったのでその辺りの使用感も是非教えていただきたいと思います。もし、良さそうであれば家内が簡単な写真編集用としてデジタイザ搭載タブレットが欲しいとのことで購入しようかと思っています(笑)

    • ゴンさん、コメントありがとうございます。
      そしていつも読んで頂きありがとうございます~
      私の体験が皆さんのお役に立てているなら嬉しいです。

      iWork10 Flagshipですが、仰る通りワコムデジタイザではなく、ただのデジタイザなんですよね。
      (Cubeのタブレットは公式ページにスペック表すらないなど情報が本当に少ない。本機はワコム対応の情報が公式ページから削除されたりといろいろ難しいメーカーです)

      私自身はお絵かきが超苦手なので、どこまでレビュー出来るか分かりませんが、iWork10 Flagshipは今後も使用感などいろいろとレビューしていきますので、今後ともよろしくお願いいたします。

コメント

*
*
* (公開されません)

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

Return Top