物欲ガジェット

物欲に従い、買って、使って、レビューする

6.0インチ3面狭額縁スマホ『Elephone S8』実機レビュー! ベンチマークは?カメラの実力は?などいろいろ試してみた

Elephone の6.0インチスマートフォン『Elephone S8』のレビュー後編です。

今回は日本語やプリインストールアプリケーションの確認、ストレージ容量の空きは?といった基本的な点と、ベンチマーク、そしていつものようにカメラ等の使い勝手を試してみました。

前回のレビューはこちらから。

日本語化

日本語に関しては、設定から変更できるようになっています。変更後は設定メニュー等のかなりの部分が日本語化されます。一部英語表記のもの(Google純正ではない設定)はありますが、だいたいはみれは゛わかるような設定ばかりなので困ることはないでしょう。

プリインストールアプリケーション

以下はプリインストールされているアプリケーションの一覧です。Googleの基本アプリ「Google Play(Playストア)」や「Gmail」等は最初からインストールされています。中国語の余計なアプリケーションはインストールされていませんね。

 

ナビゲーションバーがデフォルトでOFF

Elephone S8にはホームボタンがあるのですが、デフォルトではナビゲーションバーがなく、「ホームの左右にボタンがあるのかな?」と思ってしまいましたがボタンはなく、ホームボタン一つで操作する仕様です。ホーム1タッチで戻る、長押しでアプリ履歴、2回タッチでホームです。これが面倒という場合は、ナビゲーションバーを表示させる方法もあります。「設定」→「Navigation Bar」と開き「Open」と設定すればOK(下記真ん中)。すると常時バーが表示されます(下記右)。

ベンチマーク結果

今回レビューしているElephone S8ですが、SoCはMediaTek Helio X25搭載です。
そのHelioX25の実力をAnTuTuベンチマークで試してみました。

結果としては、「92522」で、ミドルハイレベル結果です。MediaTekの中ではXシリーズはハイエンドラインなので10万点ぐらい行って欲しかったところですが、スナドラ系と比較すると、スナドラ660以下、652以上というレベルです。

使っていても、Helio P25やスナドラ625あたりの5-6万点レベルの一瞬引っかかるような事もなく、あるゆる操作でサクサク快適です。重いゲームは厳しいかもしれませんが、モンスト/ツムツムは快適に動きました。但し、スーパーマリオラン、パズドラは起動すると直後にホーム画面に戻ってしまいます。このあたりはちょっと注意が必要です。

※いままでの参考結果

機種名 SoC(CPU) AnTuTuスコア
OnePlus 5 Snapdragon835 183202
Galaxy Note8 Exynos 8895 177633
OnePlus 3T Snapdragon821 163834
XPERIA XZ Snapdragon820 137776
HUAWEI P10 Plus Kirin960 136173
Galaxy S7 Exynos 8890 129310
ZenFone4 Snapdragon660 112224
Elephone S8 MediaTek Helio X25 92522
HUAWEI P9 Kirin 955 89387
ZTE nubia Z17 mini Snapdragon652 83629
XPERIA X Compact Snapdragon650 77226
Xiaomi Redmi Note3 Pro MediaTek Helio X10 75345
SHARP AQUOS S2 Snapdragon630 66732
Ulefone ARMOR 2 Mediatek Helio P25 66415
ZenFone4 Selfie Pro Snapdragon 625 66318
UMiDIGI S2 Mediatek Helio P20 62056
HUAWEI honor 6x Kirin655 56936
XPERIA XA Ultra Mediatek Helio P10 49112
BLUBOO S8 MediaTek MTK6750T 42851
京セラTORQUE G02 Snapdragon 400 25586

カメラの使用感

21MPレンズ搭載のカメラをテストしてみました。

まずは風景から。こちらはXPERIA XZ1 Compactと比較です。*スライダーバーを左右に動かすと比較できます。

いつも書いてますが、XZ1 Compactは濃淡強めの写真です。Elephone S8はやや白っぽく見えますが肉眼に近く自然なイメージ。ですが、ぱっと見はやはりXPERIAのほうがくっきりはっきりとしていて印象は良いですね。S8も比較しなければ悪くなく、むしろ中華スマホとしては結構頑張っています。

建物なんかもこんな感じで不自然に輪郭がぼけたりせず、違和感の無い綺麗な写真が撮れています。

6インチの迫力は漫画リーダーにちょうどいい

最近流行の縦長18:9のディスプレイは、縦方向に長いので漫画/書籍系リーダーとしてはいまいちです。16:9の6インチ2K解像度のS8は漫画向き。

特にKindleできっちりと電子化されている漫画なんかみると、めちゃ綺麗です。普段18:9のGalaxy Note8を使っていると、電子書籍/漫画リーダーとしては「なんとなく窮屈に見える」のですが、Elephone S8のような16:9で横幅が広く3面狭額縁のスマホを改めて使うと「見やすくて相性いいなぁ」とつくづく感じます。

まとめ

●Good

  • 6.0インチ 2K解像度液晶は発色もよく鮮明で綺麗
  • 及第点以上のカメラ
  • ホームボタン+指紋認証リーダーありで使いやすい
  • 3面狭額縁の16:9ディスプレイは漫画リーダーとして見やすい
  • Helio X25でサクサク快適
  • 230ドル程度のセール価格は安い
  • 外観(背面)のデザインが美しい

●Bad

  • LTE B8に対応していない

個人的にはほぼ不満がないという変な形で驚いたスマホです。
「Helio X25って言ってもそれほどでもないでしょ?」と思いながら触るとサクサクに動く。Helio P25あたりでも基本操作感は余り変わらないだろうと思っていたけど、明らかにキビキビ感が違う。
質感も「どうせ中華端末だし実機はがっかりするんでしょ?」と思っていると背面とかの3面狭額縁の美しさに驚く。
2K解像度ディスプレイは美しく、漫画リーダーとして6.0インチ16:9のアスペクト比は最適です。

これで価格が230ドル程度。Helio P23やP25と遜色ない価格で販売されているのでかなり安い。

残念なのは対応周波数帯で日本ではB1/B3しか対応しない。中華スマホでよくあるB8まで対応してくれたら、SoftBank/Y!mobile系のプラチナバンドも使えるのにと思ってしまう。ElephoneはB8を対応してないことが多いのですが、今後はこのあたりも力を入れてくれるといいのに。

ですが、全体的に「Elephoneやるじゃん」と評価を見直しました。最近Elephone端末を触っていなかったという面もありますが、クオリティ、デザイン、コスパ、カメラなど充分及第点だと感じました。

Elephone S8 の価格

記事作成時点の価格ですが、GearBest では229.99ドルのセール価格で販売中です。

・GearBest.com販売ページ : Elephone S8 4G Phablet – BLUE

カラーはブルーの他にも、ブラックとレッドがあります。赤もまた良い色です。

送料は基本無料ですが、届くまで1ヶ月程度覚悟する必要があるので、早く欲しい方はオプション配送のExpedited Shipping(DHL)をお勧めします。わずか13.70ドルです。こちらは10-15営業日で届きます。

セール/クーポン情報はこちらに追記していくので、こちらも併せてチェックしてみてください。

【人気のレッドが239.99ドル】画面占有率 92.4%! 3面ベゼルレス『Elephone S8』が発売! 2K 6インチディスプレイ、Helio X25とハイスペック

GearBestでの購入方法などは、下記記事に取り纏めていますので、参考にしてください。

・GearBest.comの紹介 : GearBest.comを利用して中華デバイスを安く輸入するのも面白い
・GearBest.comの買い方ガイド :「中国のGearBest.comでデバイスを買って輸入する方法~注文から届くまで」

Comments & Trackbacks

  • Comments ( 2 )
  • Trackbacks ( 0 )
  1. 差し支えなければデレステの方の動作チェックもしていただければ光栄です!

    • 横から失礼。
      デレステやるならスナドラ一択ですよ。
      感覚的にSD650以上 or SD820以上が妥当かと。
      MVリッチなら現状SD835一択です。

コメント

*
*
* (公開されません)

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

Return Top