物欲ガジェット.com

物欲に従い、買って、使って、レビューする

auのスマホをオトクに買う方法は【どれほどオトクか計算してみた】

お送りしてきています、【auのスマホを物凄くオトクに買う】シリーズですが、今回が最後です。

今回はいままで対策してきた内容を計算し、非対策の場合とどれぐらい違うかを比較してみました。
bigstock-women-hand-and-calculator-isol-34798748

auのスマホをオトクに買う方法 まとめ

ここまで読んで頂いた方、ありがとうございます。
手間としては多少かかりますが、それでもメリットは大きいのが、auです。
auの場合は特に販売奨励金が多く、auにMNPで移動するユーザーにも還元が半端無く大きいのが実情です。
docomoやsoftbankは、現在のところあまりお得になる施策が少なく、「一括0円」の端末も少なくて非常に手が出しづらい状況です。
せっかくauと契約して端末を買おうと思っているなら、いまあるキャンペーンや様々な方法で、出来る限りオトクにゲットしたいですね。

CB(キャッシュバック)額も結構大きいので、2台でMNPでauに入ると、3ヶ月後にキャッシュバックで5~10万円などもあっさり得られます。

手間はかかりますが、その3ヶ月後(一般的なCB額振込日数)にお金が入ると臨時ボーナスのようで報われますよ。
何も知らず、対処も苦労もしないで済むauショップは確かに楽です。
しかしauショップで契約すると、7-8万円の端末を分割契約して、端末代が上乗せされた金額(毎月8,000-10,000円)を支払うことになり、明らかに損です。

ちょっと努力した人としない人のauでも支払額などを簡単ですが比べてみました。

初期費用の比較

まず初期費用(auでスマホを購入するまでの金額)の比較

何も対策しない場合 全て対策してみた場合
  x1台 x1台 x2台
クーポン取得費用 -10,000円 -20,000円
クーポン使用 20,000円 40,000円
下取り機種取得費用 -3,000円 -6,000円
下取り適用 10,800円 21,600円
キャッシュバック 20,000円 65,000円
合計 0円 37,800円 100,600円

※金額は概算です。

当然「何もしない」状態では初期費用は0円。
そして、クーポン、下取り機種の用意、キャッシュバックと対策をしていった場合は、大まかにですが、1台で3万7800円、2台MNPすれば10万円もの努力に対する見返りがあります。この差は大きい。

MNPの転出・転入費用

ここでは2年契約更新月ではない、ペナルティありの月でMNPで移動することを想定。

何も対策しない場合 全て対策してみた場合
    x1台 x2台
2年縛り違約金 10,260円 10,260円 20,520円
MNP転出手続き 2,160円 2,160円 4,320円
MNP転入手続き 3,240円 3,240円 6,480円
合計 15,660円 15,660円 31,320円

こちらは双方変わりませんね。
費用としては変わらないのですが、台数が多くなるとその分の必要もかさむので気をつけなければなりません。
しかし「対策してみた場合」のほうは、初期費用で頑張っている分、違約金や手続き費用は軽く相殺されてしまうわけです。

「何も対策しない場合」は、MNPの費用は全て持ち出しとなりおトク度は無いのです。

端末購入費用

何も対策しない場合 全て対策してみた場合
 x1台 x1台 x2台
端末購入費用(例:Xperia Z3 SOL26) 64,800円 一括0円 一括0円

何も考えず定価で買うと、64,800円。auショップやauのオンラインショップなどではこの金額の場合が多いですね。
対して、いろいろとケータイショップを探し、一括0円で買うことができれば、リアルにゼロ円です。これが2台買っても0円なのが凄い所です。2台で0円という事は、64800円x2で約13万円もの割引を受けているのと同じという意味ですから、これは大きい。

次に月々の費用の比較です。

月々のお支払い額の比較

何も対策しない場合 全て対策してみた場合
    x1台 x2台
分割払い(1ヶ月x24回) 2,700円 0円 0円
毎月割 (割引) -855円 -855円 -1,710円
LTEプラン(V) 934円 934円 1,868円
LTEフラット(V) 5,700円 5,700円 11,400円
LTEネット 300円 300円 600円
合計(税込み) 7,489円 7,489円 14,977円
合計 9,334円 6,634円 13,267円

単純にスマホ本体を定価で買っているか、一括0円で買うかの違いですが、金額的にも大きい事が分かります。
※ここではSOL23:Xperia Z3を例として計算しています。

1括0円で端末を購入するとこの分の分割購入費(端末代を24回で割った金額)が安くなるわけで、月々2,700円下がると6,000円台。
端末を分割購入した場合は約9,000円の支払いです。

毎月で見ると2,700円の差ですが、24回払いのトータルでは64,800円ですから、これも大きな金額です。

トータルでのお得度の比較

2台で考えると、初期費用の10万円+64,800円x2で、何も考えず定価でau端末を買う人との差は約23万円もあることが分かります。
もちろん2台目を使わない場合は、数カ月後に違約金払って解約したりする可能性と、そこまでの維持費もかかるわけですが、使わなければ端末自体は新品で売り払ってもいいわけで、維持費や解約費用は相殺され、かかる費用は十分元が取れるのです。

どうでしょう。オトクというか、もうボーナスみたいな金額に到達していると思いませんか?

ここまで見て頂いた方はお察ししている方も居ると思いますが、auへのMNPではキャッシュバック額も大きく、相対的にプラス収支になることも多いので、「これ台数増やしたらもっと稼げるんじゃないの?」と思う人も居ると思います。実際稼げます。
これを規模・台数を多くして、やられている方がいわゆる携帯乞食という方たちなのです。私も2台だけですが先日auにMNPしてました。ただ回線が多くなれば維持費も高くなりますし、とても素人には管理と対策が行き届かず難しいのが現状です。

しかし素人であっても、今回紹介したようなクーポンや下取り機種の用意などによって、ある程度オトクにauと契約することは可能なのです。全てを実施しなくても、一部であってもかなりお得になります。

何度も書きますが、オトクにやるにはそれなりに労働が必要です。
しかしそれに見合う以上の結果(キャッシュバック)を得られるのは間違いないので、少し頑張って頂ければ幸いです。

コメント

*
*
* (公開されません)

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

Return Top