物欲ガジェット

物欲に従い、買って、使って、レビューする

3キャリアプラチナバンドに対応したサムソン「Galaxy A8+ (2018) A730FD」と「Galaxy A8 (2018) A530FD」がETORENで発売

サムソンの最新スマートフォン「Galaxy A8+ (2018) A730FD」と「Galaxy A8 (2018) A530FD」がETORENで発売されました。

・ETOREN販売ページ :
 Galaxy A8 (2018) A530FD 
Galaxy A8+ (2018) A730FD

2018年版 Galaxy A8 / A8+の特徴

Galaxy A8はauでも発売していたのでご存じの方もいると思いますが、今回発売されたA8/A8+は製品名は同じですが、2018年版のフルモデルチェンジ版となります。

A8/A8+の名称でなんとなく分かりますが、フラッグシップのS8/S8+のミドルレンジ版というイメージの製品で、A8が5.6インチの18.5 : 9の縦長インフィニティディスプレイ。A8+が6インチで同じくインフィニティディスプレイです。サムソンなので当然Super AMOLED(有機EL)で発色の良さは抜群。解像度は2220×1080の変形フルHD+です。

大きな特徴としては、フロントは16MP+8MPのダブルレンズカメラ、リアは16MPのシングルカメラという構成でセルフィー重視。しかもフロントは広角との切り替え方式ではなく、背景をボケさせるライブフォーカスモードを採用しています。フロントはF1.9,リアはF1.7と暗いところでも明るく撮れるレンズを採用しています。

また、日本で使う上で驚きなのが、4G 3キャリアのプラチナバンド「B8」「B18」「B19」もサポートしている点。
1(2100), 3(1800), 4(1700/2100), 5(850), 7(2600), 8(900), 12(700), 13(700), 17(700), 18(800), 19(800), 20(800), 26(850), 28(700), 38(2600), 40(2300), 41(2500), 66(1700/2100)
サムソンでは過去のAシリーズ含め、日本発売モデル以外では日本のメイン周波数帯(特にB19/B18)はサポートしていませんでしたが、A8/A8+では双方プラチナバンドがサポートされています。サムソンのサービスなのか、「日本のキャリアでも発売するかも」という暗示なのか分かりませんが、これは助かります。

SoC(CPU)はExynos 7885で、海外のレビューを見ているとAnTuTuベンチマークでは8.5万点前後です。RAMはA8が4GBで、A8+が6GB。ストレージは32GB版と64GB版がありますが、ETORENで販売しているのは64GB版となります。Dual SIMのうちnano SIMと排他利用とはなりますが、microSDも使えます。

またS8シリーズ同様IP68防水防塵にも対応します。

カラーは4色展開されますが、ETORENで現在販売されているのはブルーを除く3色となります。

価格は後ほど書きますがA8が500ドル強でA8+が600ドル強と、SoCがミドルレンジな点以外はほぼハイエンドと同等レベルにある事を考えると、充分リーズナブルでしょう。日本のプラチナバンド対応という点も考えると買いやすい価格設定だし、サムソンならチープさも無いでしょうから期待しちゃいますね。水濡れがあるアウトドア用にブルーが出たら買ってみても良いかなと検討中です。

・ETOREN販売ページ :
 Galaxy A8 (2018) A530FD 
Galaxy A8+ (2018) A730FD

スペック

Galaxy A8+ (2018) Galaxy A8 (2018)
ディスプレイ Super AMOLED(有機EL) 18.5:9
6.0インチフルHD+ (2220×1080)
Super AMOLED(有機EL) 18.5:9
5.6インチフルHD+ (2220×1080)
CPU Exynos 7885 Octa-core (2.2GHz Dual + 1.6GHz Hexa) Exynos 7885 Octa-core (2.2GHz Dual + 1.6GHz Hexa)
メモリ 6GB 4GB
ストレージ 32GB/64GB 32GB/64GB
OS Android 7.1.1 (Nougat) Android 7.1.1 (Nougat)
カメラ 背面 16MP (78°)
前面 16MP + 8MP (76°+85°)
背面 16MP (78°)
前面 16MP + 8MP (76°+85°)
バッテリー 3500 mAh 3000 mAh
ネットワーク Wi-Fi 802.11 a/b/g/n/ac
Bluetooth 5.0
Wi-Fi 802.11 a/b/g/n/ac
Bluetooth 5.0
SIMスロット nano SIM + nano SIM
デュアルスタンバイ
nano SIM + nano SIM
デュアルスタンバイ
microSD microSD (最大256GB) microSD (最大256GB)
3G/
4G(LTE)
A730FD
2G bands GSM 850 / 900 / 1800 / 1900 – SIM 1 & SIM 2 (dual-SIM model only)
3G bands HSDPA 850 / 900 / 1700(AWS) / 1900 / 2100
4G bands LTE band 1(2100), 2(1900), 3(1800), 4(1700/2100), 5(850), 7(2600), 8(900), 12(700), 13(700), 17(700), 18(800), 19(800), 20(800), 26(850), 28(700), 38(2600), 40(2300), 41(2500), 66(1700/2100)
A530FD
2G bands GSM 850 / 900 / 1800 / 1900 – SIM 1 & SIM 2 (dual-SIM model only)
3G bands HSDPA 850 / 900 / 1700(AWS) / 1900 / 2100
4G bands LTE band 1(2100), 3(1800), 4(1700/2100), 5(850), 7(2600), 8(900), 12(700), 13(700), 17(700), 18(800), 19(800), 20(800), 26(850), 28(700), 38(2600), 40(2300), 41(2500), 66(1700/2100)
サイズ 159.9 x 75.7 x 8.3 mm 149.2 x 70.6 x 8.4 mm
重さ 191g 172g
その他 ・USB Type-C
・指紋認証センサー/顔認識
・IP68防水防塵
・USB Type-C
・指紋認証センサー/顔認識
・IP68防水防塵
カラー ブラック/ゴールド/オーチャードグレー/ブルー ブラック/ゴールド/オーチャードグレー/ブルー
サポート言語 日本語 :不明(恐らく有り) 日本語 :不明(恐らく有り)

フォト/イメージ

価格

ETORENでの価格はA8が525ドルで6万円弱です。
*但し価格は為替とセールで随時変更となりますので、最新価格はETORENでご確認ください。

A8+は603ドルで、約6.8万円。

・ETOREN販売ページ :
 Galaxy A8 (2018) A530FD 
Galaxy A8+ (2018) A730FD

ETORENでは輸入消費税がかからない(価格に含まれている)ので、あと必要となるのは送料だけです。ETORENは日本人スタッフ対応や、修理の際は国内の拠点に送るだけでいいなどのメリットがあり、サービスと総額のトータルで見るとETORENがオススメです。

ETORENについての細かい点は下記紹介記事をご覧下さい。

関連サイト

・公式ページ : Samsung Galaxy A8 / A8+ (2018)

・紹介記事: 海外ガジェット通販『ETOREN』は輸入が楽に!日本人スタッフ対応~保証まで万全
・ETORENトップページ :海外最新商品をいち早くお届け!【Etoren.com】



コメント

*
*
* (公開されません)

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

スマートフォン

More
Return Top