物欲ガジェット.com

物欲に従い、買って、使って、レビューする

サムソン『Galaxy A8(au SCV32)』発売!発表会で実機レビュー

Advertisements

Galaxyアンバサダープログラムの企画で「新製品発表イベント」に参加させて頂き、そこではau端末となる『Galaxy A8』が発表されました。

そこで実機写真と、スペック等々紹介していきます。

個人的には、Sペン無しのGalaxy Note5と言った印象です。ペンが無いのは残念ですが、充分良い出来です。
サムソン『Galaxy Media Day』 Galaxy A8

特徴

謳い文句は「au史上最薄・大迫力プレミアムスマホ」。
その名の通り、最薄部が6mmと驚異的な薄さと、5.7インチ 有機EL Ful HDディスプレイが魅力。ベゼル幅も極小になっていてベゼルレスに近い画面は迫力が違います。

Galaxy A8自体は、サムソンが販売するGalaxyシリーズの中では、ミッドレンジの位置づけですが、Androidスマホ全体を見渡してもかなり高めのスペックです。
メモリこそ2GBですが、CPUはオクタコア(1.9GHz+1.3GHz)だし、カメラは1600万画素、ストレージ32GB+microSDサポート有と至れり尽くせり。これにワンセグ・フルセグ/おサイフケータイもついてまさに「日本のスマホ」です。

更に端末自体はフルメタルボディと、高級感もアリアリ。「Galaxy Note5の廉価版」という事では全く無く、質感の高い大画面スマホに仕上がっています。

実機写真

発表会では、自由に端末を触れたので、実機写真も撮ってきました。

フロント

私は有機ELディスプレイ大好きな人で、自身もGalaxy Note5を使っていて毎日見ているのに、Galaxy A8のディスプレイは何度見てもうっとりする。
サムソン『Galaxy Media Day』 Galaxy A8有機ELディスプレイの最大の難点は「太陽光下での見づらさ」ですが、A8では最大輝度のレベルをNote3より10%向上させて、屋外での見づらさを改善している。またベゼル幅も小さく、ベゼルレスとまでは言えないが、狭額縁設計になっている。この点はGalaxy Note5なんかも同じですが、ベゼルが狭い=迫力がある画面という点もありますが、5.7インチの端末を持っているという感覚が無くなるくらいスリムボディに感動する。これは6mmという極薄ボディと相まって「軽い・薄い・持ちやすい」という印象を強めている。

また機能面では、フロントカメラは500万画素。画面下部にはGalaxyシリーズ共通のホームボタンがあり使いやすい。

このホームボタンはS6シリーズと同様、指紋認証センサーを搭載していてタッチするだけで機能する。

視野角が広い

ここまで角度を付けてもクリアに見える。これはサムソンのSuper AMOLEDディスプレイの特徴でもありますが、どこまでも綺麗に見えるこの画面は本当に虜になります。

サムソン『Galaxy Media Day』 Galaxy A8

リア

リアは非常に簡素。1600万画素のカメラ・フラッシュがある。

サムソン『Galaxy Media Day』 Galaxy A8

サイド

右側面には電源ボタン。
サムソン『Galaxy Media Day』 Galaxy A8 左側面にはボリュームボタンがある。やや上側にある為、しっかりと握っていないと5.7インチのスマホとしては若干手が届きづらい。
サムソン『Galaxy Media Day』 Galaxy A8

本体下部/上部

下部。microUSBポートとイヤホンジャックがある。
サムソン『Galaxy Media Day』 Galaxy A8
上部。何もありません。
サムソン『Galaxy Media Day』 Galaxy A8

カメラ起動ショートカット

これがなにげに便利です。ホームボタンを二度押しすると、、、
サムソン『Galaxy Media Day』 Galaxy A8
カメラすぐにが起動する。
サムソン『Galaxy Media Day』 Galaxy A8
これはGalaxy Note5でも使える技なんだけど、非常に重宝しています。

片手操作モードショートカット

私はあまり使わないが、「5.7インチは片手で扱うにはデカすぎる」という方の為に、片手操作モードを搭載しています。
カメラ起動ショートカットと同様に、今度は3度押しするとこんな感じで起動します。

右利き用、左利き用と調整が可能です。
サムソン『Galaxy Media Day』 Galaxy A8
サムソン『Galaxy Media Day』 Galaxy A8

スペック

製品 Galaxy A8(au SCV32)
ディスプレイ 5.7インチ 1080×1920(Full HD)
Super AMOLED(有機EL)
CPU Exynos 5433 オクタコア
(1.9GHz x4 + 1.3GHz x4)
RAM 2GB
ROM 32GB
OS Android5.1.1
カメラ 前面 500万画素/
背面 1600万画素
バッテリー 3050 mAh
ネットワーク Wi-Fi 802.11 a/b/g/n/ac,
dual-band, Wi-Fi Direct
Bluetooth 4.1, NFC,おサイフケータイ
SIMスロット nano SIM x1
(au Nano IC Card 09)
SDカードスロット microSD (最大128GB)
サイズ 縦158/幅77/厚み6.0mm
*最厚部7.6mm
重さ 153g
その他 ・指紋認証
・カラー:ホワイト/ゴールド/ブラック
・ワンセグ・フルセグ

まとめ

キャリアが扱うスマホとして一番大画面のものは、現在ではソフトバンクのNexus 6Pが5.7インチで最大かと思います。
docomoはGalaxy Noteがラインナップから無くなりました。Z5 Premiumの5.5インチが最大です。
auはGalaxy Note Edge以後、大画面スマホは無くなっていましたが、A8の登場により、auでもファブレットに近いサイズの端末が追加されたことは良いことです。

しかもA8という選択肢がauらしい。多少スペック落としても尖った最高峰スペックは万人には必要ないわけで、必要にして充分なスペックのスマホが一番コスパが良い。Nexus6PにしてもZ5 Premiumにしても価格がちょっと割高なので、良いバランスのスマホを選んだなと思います。

A8自体も画面は有機ELディスプレイで美麗だし、薄い・軽い・持ちやすいと、万人受けしやすい、そして使いやすい端末です。サムソン『Galaxy Media Day』 Galaxy A8

私は知人から「auでスマホ買うんだけど何が良い?」と聞かれたら、「Galaxy A8」と答えるでしょう。それぐらい良い端末です。これ。

関連サイト

au Galaxy A8特集(キャンペーン・割引・製品)
サムソン公式Galaxy A8ページ

コメント

*
*
* (公開されません)

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

Return Top