物欲ガジェット.com

物欲に従い、買って、使って、レビューする

Galaxy S7/S7 Edgeのスペック・画像まとめ~実機リーク画像登場~! 本当?AnTuTuスコア13万越え

Advertisements

サムソンのGalaxy S7/S7 Edgeは、スペイン・バルセロナで開催される「MWC2016」の中で、2016年2月21日に新製品発表イベント「Unpacked 2016」」にて発表されるという噂です。

既に以下のティザー広告も公式サイトにあり、ほぼ間違いないでしょう。
Samsung Galaxy Unpacked 2016

Source : Samsung Galaxy Unpacked 2016 Invitation

既にいろいろと噂が出回っていますので、その情報をまとめてみました

リーク画像

Galaxy S7/S7 EdgeGalaxy S7/S7 Edge中国からのリーク画像では、AnTuTuのベンチマークスコアが134,704というとんでもないものもあります。
Galaxy S7/S7 Edge AnTuTuのベンチマークスコアSource: pocket-lint.com/

ちなみにこのQRコードからデータを見ると以下のようなものが見れました。SM-G9350はS7 EdgeのChinaモデルだけに信憑性があります。ちなみにこのモデルはSnapdragon 820のQuad Coreモデルとなります。これでExynos8890だったらスコアはどれほど伸びるのか・・・。Galaxy S7/S7 Edge AnTuTuのベンチマークスコア

スペック

S7/S7 Edgeのスペックは様々なリークサイトでもぶれがあり、信憑性があまり感じられないのですが、とりあえずまとめるとこんな感じ。

製品 Galaxy S7/S7 Edge
ディスプレイ 2560×1440 Super AMOLED(有機EL)
S7 : 5.1インチ
S7 Edge: 5.5インチ
S7 Edge:+(噂) : 6.0インチ
CPU Snapdragon 820/Exynos 8890
RAM 4GB
ROM 32/64/128GB
OS Android 6.0 Marshmallow
カメラ Rear 12MP / Front 5MP
バッテリー S7 : 3000mAh
S7 Edge: 3600mAh
その他 ・IP67レベルの防水性能
・3Dタッチディスプレイ
SDカードスロット
USB端子 USB Type-C

S7 Edge+の6インチの噂もありますが、どうもリークしている画像を見ると、少なくとも今回は3兄弟として一気に発表されることはなく、まずはS7/S7 Edgeの2機種のようです。

Snapdragon 820はQuad Coreで日本のキャリア向けにはこちらが採用されるという噂。

Exynos8890はSIMフリー International版等で採用される模様。新しいExynosはPerformanceで30%向上、10%の省電力化されているらしい。これ、S6で採用されたExynos7420比での話ですから、既に現役でハイエンド性能を発揮しているCPUが30%の性能向上というのは異様です。AnTuTuのベンチマークスコアが飛び抜けているのも理解できます。

Androidフラッグシップとして楽しみな端末

日本では人気の無いGalaxy シリーズですが、Androidの世界ではやはりトップブランドであり、注目の的です。
私はGalaxy Noteシリーズを愛用していて、ペンを搭載していないS7/S7 Edgeにはあまり購入意欲はありませんが、過去を見るとSシリーズのスペックのままNote版も発売されるので、S7/S7 Edgeには期待しています。

それにしてもAnTuTuのベンチマークスコアが13万というのはとてつもない数値で、倍とまではいかなくても1.6倍以上はスコアが伸びているわけで、これは恐ろしい数値です。

まぁサムソンにはベンチマークチューンをしているという噂も絶えませんし、そもそもここまでのスコアがスマホに必要かというと私自身も懐疑的な部分はありますが、性能向上していくのは良いことではありますね。

発表があるという噂の2月21日が待ち遠しいですね。

関連リンク

Galaxy NoteシリーズじゃなくてもS Penが収納出来るカバーをサムソンが特許申請
Galaxy Note5関連記事

コメント

*
*
* (公開されません)

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

Return Top