物欲ガジェット.com

物欲に従い、買って、使って、レビューする

防水&microSD復活!『GalaxyS7/S7 edge』発売~こちらもAlways On搭載!機能詳細&スペック表

広告

SAMSUNGがMWC2016にて予定通り『GalaxyS7/S7 edge』発表しました。
Galaxy S7/S7 Edge

デザイン的にはS6シリーズとの違いはあまりありませんが、使い勝手の面で中身は大幅に改良されています。スペックについては下部に記載してあります。
GalaxyS7_Feature_Design_Main_9
S7は5.1インチディスプレイで、いわゆるスタンダードなスマホ、S7 Edgeは、左右両サイドにエッジスクリーンを搭載した5.5インチのスマホとなっています。基本的な違いはこのディスプレイサイズとそれに伴ったバッテリー容量の大小のみです。

防水復活!

S7/S7 Edgeシリーズでは待望の防水が復活しています。IP68対応という事で、完全水没でも大丈夫と言う事になります。もちろん水没時間はいつまでもOKというわけではありませんが、ほぼ完全防水。

GalaxyS7_Feature_Design_Main_5 そして素晴らしいのはキャップレス防水のmicroUSB端子。端子むき出しのままでも防水できるのは安心。XperiaもZ4からはキャップレス防水ですが、これは便利。Galaxy S7/S7 Edge

microSD復活

こちらも待望のmicroSD対応の復活です。GalaxyS7_Feature_Design_Main_7SIMスロットはnano SIM+MicroSIMのデュアルSIMですが、microSDを使いたい場合は、microSIMを排他利用する事で搭載可能。最大200GBまで認識可能。S6シリーズでは大容量ストレージ版を買おうとすると、価格が跳ね上がりましたからこれは助かります。GalaxyS7_Feature microsd

Always On搭載!

同じ韓国企業のLGからはフラッグシップであるG5が発表されましたが、そちらのウリであるAlways OnがまさかのS7/S7 Edgeシリーズでも搭載されていました。
GalaxyS7_Feature Always On
通常の液晶ディスプレー下に低消費電力のOLEDを仕込んでおき、消灯時はOLEDだけを表示させておくというもの。バッテリー消費が著しく低下しなければこれは便利です。
GalaxyS7_Feature Always On
Always Onの動作については下記公式動画で見ることが出来ます。

Galaxy S7/S7 Edge スペック

両者の違いは、サイズ/ディスプレイ/バッテリーの3つだけ。(太字部分)あとは同じスペック。

製品 Galaxy S7 Galaxy S7 edge
ディスプレイ 5.1” Quad HD Super AMOLED
2560 X 1440 (577ppi)
5.5” Quad HD Super AMOLED
2560 X 1440 (534ppi) Edge Screen
CPU Samusng Exynos 8 Octa core
(2.3GHz Quad + 1.6GHz Quad),
Snapdragon 820 Quad core
(2.15GHz Dual + 1.6GHz Dual)
Samusng Exynos 8 Octa core
(2.3GHz Quad + 1.6GHz Quad),
Snapdragon 820 Quad core
(2.15GHz Dual + 1.6GHz Dual)
RAM 4GB 4GB
ROM 32GB/64GB 32GB/64GB
OS Android 6.0 (Marshmallow) Android 6.0 (Marshmallow)
カメラ 前面 500万画素/
背面 1200万画素
前面 500万画素/
背面 1200万画素
バッテリー 3000 mAh 3600 mAh
ネットワーク Wi-Fi 802.11 a/b/g/n/ac,
dual-band,Bluetooth 4.2, NFC
Wi-Fi 802.11 a/b/g/n/ac,
dual-band,Bluetooth 4.2, NFC
SIMスロット nano+microSIM (1つはSDと共用) nano+microSIM (1つはSDと共用)
SDカードスロット microSD (最大200GB) microSD (最大200GB)
3G/
4G(LTE)
*LTE Cat.9(450/50Mbps)
対応周波数は未発表
*LTE Cat.9(450/50Mbps)
対応周波数は未発表
サイズ 縦142.4/幅69.6/厚み7.9mm 縦150.9/幅72.6/厚み7.7mm

まとめ:Android端末の理想型

デザイン、メーカー、価格といったものを取っ払って考えると、このS7/S7 Edgeシリーズの機能はほぼAndroid端末の理想型と言っても良いのでは無いでしょうか。

サムソン嫌いな人も居るでしょうし。かく言う私もあまり好きなメーカーでは無かったのですが、Galaxy Noteシリーズを使っているとやはり良いものはいいと感じてしまう。

今回はスペック上も良いものなのでしょうが、どちらかというとユーザーの利便性に重点を置いた機能向上は素晴らしいと思う。
またこういう指針は、他のスマホにも好影響を与えてくれそうで、Always Onなどは指紋認証のようにある程度スタンダードな機能になっていくと良いですね。

S7/S7 Edgeシリーズは恐らく日本でも発売されると思うので、期待大です。⇒docomo/auから発売

なお、Galaxy S7 SIMフリー版(海外版)は、ETORENにて、32GB版が74,888円、64GB版が85,821円で販売中。(記事作成時点の価格)ETOREN Galaxy S7

日本で発売されたピンクカラーのSIMフリー版もETORENで販売している。サムソン Samsung Galaxy S7 Dual SIM G930FD 4G/LTE 32GB ピンクゴールド
ETORENは、価格だけ見ると高く見えるが、輸入関税込み込みの価格なので、あとは配送料とPayPal/クレカの決済手数料のみというのが魅力。

以前、Galaxy Note5購入記にも書いたが、配送も非常に速く、日本人サポートと1年間の保証も付いているので安心して使えるのが素晴らしい所。輸入が初めての方や、面倒な事は嫌な方、興味がある方はETORENを覗いてください。

関連サイト/リンク

・ETOREN公式サイト: Etoren.com
・過去記事 :『ETOREN』でSIMフリーGalaxy Note5買ってみた! 届くの速いし梱包も丁寧でビックリ!
・過去記事 : 海外ガジェット通販『ETOREN』は輸入が楽に!日本人スタッフ対応~保証まで万全



 

コメント

*
*
* (公開されません)

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

Return Top