物欲ガジェット.com

物欲に従い、買って、使って、レビューする

『htc Desire EYE』実機レビュー!防水防塵のSIMフリーデザインスマホ【外観編】

htc日本より、『htc Desire EYE』をお借りするとができました。

そこでDesire EYEの開梱の儀と実機レビューをさせて頂きます。今回は【外観編】です。htc Desire EYE 実機レビュー

以前レビューしたDesire626は、29,800円という低価格なSIMフリースマホでしたが、Desire EYEは、52,800円という倍近い価格もする5.2インチのハイエンドスマホです。(倍価とは言え、スペック比で見るとかなり安いんですけどね)

デザインはDesire 626と同様かっこかわいいツートンカラーで、なかなかのデザイン。フロントデュアルスピーカーやカメラ性能に注力した実力派端末です。

そして、SIMフリーでは大変珍しい『防水・防塵』対応。これは楽しみです。

開梱の儀と同梱物

早速開梱。htc Desire EYE 実機レビュー

Desire 626同様、マニュアル、USB-ACアダプタ、USBケーブル、ヘッドホンと基本的なところは揃っています。htc Desire EYE 実機レビュー

特にマニュアルはしっかりしていて、対応周波数帯が載っていたり、防水性維持への注意書きがちゃんと書いてある。htc Desire EYE 実機レビューhtc Desire EYE 実機レビュー

こういう所が、auでも端末を販売している会社だなと。
htcさんは「日本で売るにはここまでやらんとダメだぞ」と分かっている。
SIMフリー初心者が買っても安心な親切さには感心しました。

デザインとカラーリング

今回お借りしたのはスカーレットというカラーでレッドxホワイトのツートンカラー。
他にもマリーンというカラーがあり、そちらもなかなかかっこいい。htc Desire EYE カラーリング

私が買うならマリーンですが、どちらを男性・女性が使っても映えるデザイン・カラーって結構凄い事。特にSIMフリー機だと、どうしてもメタルっぽいデザインか、安っぽいブラックとホワイトばかりだから、Desire EYEのようなツートンカラーは他と差別化して個性を出せるのがいい。htc Desire EYE 実機レビュー

本体前面

前面は、Desire EYEの特徴の一つである、大型のセルフィー用1,300万画素カメラが目立つ。htc Desire EYE 実機レビュー
調光デュアルLEDフラッシュも搭載し、自撮りする人にとっては完璧仕様だろう。htc Desire EYE 実機レビュー

またDesire EYEはステレオスピーカーを搭載している。

一見スピーカー位置が見えないが、液晶と上下ベゼルの境界面に薄いスリットがあり、そこがスピーカーとなっている。(写真は発表会イベントの時に撮影したもの)htc Desire EYE 実機レビュー htc Desire EYE 実機レビュー

スピーカーの性能としては別途記事に後述するが、YouTube等で音を聞くと、普通のスマホは使えないくらいの段違いの良さが分かる。

背面

背面には前面同様1,300万画素カメラがあります。htc Desire EYE 実機レビュー

材質はプラスチックですが、マットなつや消しで綺麗に仕上げてあります。
指紋も一切目立ちませんので、気持ち良く使える。

マットな質感がホールド性も高めてくれるし一石二鳥ですね。

側面

右側面には、電源ボタン、ボリュームボタン、シャッターボタンがあります。htc Desire EYE 実機レビュー

電源ボタンは左手で握った時に自然と中指や人差し指の位置に来るようになっていて押しやすい。htc Desire EYE 実機レビュー

ボリュームボタンは薄くて使いづらそうなイメージですが、適度なクリック感もあり、予想外に使いやすい。ただ個人的にはもう少し突起として出っ張っていると押しやすさが増すと思う。XPERIA C5 Ultraを使用していると似ているので特にそう感じる。

反対側の左側面はSIM/microSDスロットがある。htc Desire EYE 実機レビュー

このスロットカバーは指で簡単に開けられるようになっており、挿入や交換が容易で良い。htc Desire EYE 実機レビュー

ボトム側

microUSBポートが底面右側にある。htc Desire EYE 実機レビュー

トップ側

ヘッドホン端子がある。htc Desire EYE 実機レビュー

Desire EYE実機レビュー[外観編]まとめ

端末としては、5.2インチのスタンダードなサイズのスマホ。
でも中身はセルフィーカメラも強いし、デザインも他には無いもので個性がある。

ボタン配置なども理に適っていて、手に持つとしっくりくるし、とても使いやすい。

それでいて防水・防塵と、全方位的に文句のつけようがないところがこのレビューの悩ましい所でした。

本筋から話しはずれるけど、ツートンカラーで本当にかっこいい端末はあまりないわけで・・・なんかデザインってこうして見ると奥深いよなとつくづく思う。プラスチック素材でポップなカラーだけど安っぽくなくて、それでいて「好きで使ってます」という主張ができるデザインってそうそう無いんです。
iPhoneを使えば「皆と一緒」だし、キャリアの国産スマホはちょっと恥ずかしい。
そうなると、SIMフリーの海外端末か、GalaxyやXPERIAしかない。

それらはメタル調路線だし、どことなくiPhoneと色合いが似ていて「個性」という面では保護カバーでしか違いが出せない。

そういう「個性」という部分を大切にしたい方や、防水SIMフリー機が欲しい方には最適な一台です。

htcには、SIMフリー機に新しい風穴を開け続けて欲しいですね。

次回はもうちょっと使い込んでレビューをお送りします。

PS:購入はhtcのダイレクトショップでも購入できますが、amazonでも販売開始しています。
台数限定のドットビューカバーセットでオトクですよ。

コメント

*
*
* (公開されません)

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

Return Top