物欲ガジェット.com

物欲に従い、買って、使って、レビューする

5.9インチベゼルレス2Kディスプレイ『HUAWEI Mate 10 ALP-L29』がETORENで発売! 679ドル~と意外に安い!

広告

HUAWEIの新たなフラッグシップスマートフォン『Huawei Mate 10 ALP-L29 Dual Sim 64GB 』がETORENで発売されました。

・ETOREN販売ページ: HUAWEI Mate 10 ALP-L29 Dual Sim 64GB

既にオーダー可能です。そして意外にも安いです。

HUAWEI Mate 10 ALP-L29の特徴

HUAWEI Mate 10 ALP-L29は、5.9インチのスマートフォンですが、まずは特徴的なデザインが目に付きます。

左右はベゼルレス、上下ベゼルも極細です。しかしそんな中でも下部にはホームボタン+指紋認証があり、操作性にも優れています。Galaxy S8から始まった上下ベゼル極細の縦長ディスプレイの流行ですが、見た目のインパクトは大きいものの、指紋認証センサーが背面に配置されることが多く、操作性の面で後退してしまいました。しかしMate10では縦長ディスプレイではないものの、ホームボタンを前面に薄型とは言え残した事で、ロック解除のしやすさという利便性を残しています。

またHUAWEIのフラッグシップスマートフォンだけあり、当然のことながらライカデュアルレンズカメラを搭載。

SoC(CPU)はKirin970という最高レベルのものを搭載。HUAWEIはKirin970をNPU( Neural network Processing Unit)と呼んでいて、AI専用プロセッサとしてディープラーニング処理をするとレスポンスを向上させています。

RAMは4GB、ストレージは64GBで、このあたりは一般的。但しDual SIMの1つはmicroSDとして使えるのでストレージには余裕があります。

ディスプレイは2K解像度(1440 x 2560)のIPSで、発色も申し分ないはずです。また地味にIP53防水にも対応していますがこれも大きなメリットです。

その他細かい点は以下発表会の際の記事を参考にして頂ければと思います。

HUAWEIフラッグシップ5.9インチ2K解像度『Mate10』発表! 防水+上下極小ベゼル+ホームボタンあり!気になるスペックも紹介

 

また型番は、ALP-L29となっており、海外SIMフリー機で一番気になる対応周波数帯では、SoftBank系のB8と、docomo系のB19のプラチナバンドにも対応しています。(auも対応していますが使えるかは不明)
※LTE band 1(2100), 2(1900), 3(1800), 4(1700/2100), 5(850), 7(2600), 8(900), 12(700), 13(700), 17(700), 18(800), 19(800), 20(800), 25(1900), 26(850), 28(700), 38(2600), 39(1900), 40(2300)

カラーはブラック/ブラウンが販売中です。

・ETOREN販売ページ: HUAWEI Mate 10 ALP-L29 Dual Sim 64GB

スペック

Item Details
Display type IPS LCD capacitive touchscreen, 16M colors
Display Size 5.9 inches, 95.6 cm2 (~81.6% screen-to-body ratio)
Resolution 1440 x 2560 pixels, 16:9 ratio (~499 ppi density)
SIM Hybrid Dual SIM (Nano-SIM, dual stand-by)
OS Android 8.0 (Oreo)
Chipset Hisilicon Kirin 970
Card slot microSD, up to 256 GB (uses SIM 2 slot)
Internal 64 GB, 4 GB RAM
Camera Primary Dual 20 MP +12 MP, f/1.6, OIS, 2x lossless zoom, Leica optics, phase detection & laser autofocus, dual-LED (dual tone) flash
Features Geo-tagging, touch focus, face/smile detection, panorama, HDR
Video 2160p@30fps, 1080p@30/60fps
Camera Secondary 8 MP, f/2.0
WLAN Wi-Fi 802.11 a/b/g/n/ac, dual-band, DLNA, WiFi Direct, hotspot
Bluetooth 4.2, A2DP, aptX HD, LE
NFC Yes
Dimensions 150.5 x 77.8 x 8.2 mm (5.93 x 3.06 x 0.32 in)
Weight 186 g (6.56 oz)
Battery Non-removable Li-Po 4000 mAh battery
2G bands GSM 850 / 900 / 1800 / 1900 – SIM 1 & SIM 2 (dual-SIM)
3G bands HSDPA 800 / 850 / 900 / 1700(AWS) / 1900 / 2100
4G bands LTE band 1(2100), 2(1900), 3(1800), 4(1700/2100), 5(850), 7(2600), 8(900), 12(700), 13(700), 17(700), 18(800), 19(800), 20(800), 25(1900), 26(850), 28(700), 38(2600), 39(1900), 40(2300)

*ETORENページから拝借しました。

価格はヨーロッパ価格より遙かに安い

価格はETORENではブラックが679ドルで約7.7万円です。ブラウンが699ドル。(ETORENの場合は輸入消費税込み)
*但し価格は為替とセールで随時変更となりますので、最新価格はETORENでご確認ください。

ただMate 10がドイツで発表された時は、699ユーロで約9.2万円という価格でしたから、この販売価格は相当安くなっています。

・ETOREN販売ページ: HUAWEI Mate 10 ALP-L29 Dual Sim 64GB

ETORENだと輸入消費税がかからない(価格に含まれている)のと、日本人スタッフ対応がある点や、修理の際は国内の拠点に送るだけでいいなどのメリットがあり、輸入が初めてという方にもオススメです。

ETORENについての細かい点は下記紹介記事をご覧下さい。

関連サイト

・HUAWEI公式ページ: HUAWEI Mate10
・ETOREN 紹介記事: 海外ガジェット通販『ETOREN』は輸入が楽に!日本人スタッフ対応~保証まで万全
・ETORENトップページ :海外最新商品をいち早くお届け!【Etoren.com】



コメント

*
*
* (公開されません)

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

Return Top