物欲ガジェット.com

物欲に従い、買って、使って、レビューする

HUAWEIフラッグシップ5.9インチ2K解像度『Mate10』発表! 防水+上下極小ベゼル+ホームボタンあり!気になるスペックも紹介

広告

HUAWEIがドイツのイベントにてフラッグシップスマートフォン「Mate10」および「Mate10 Pro」を発表しました。その中からHUAWEI Mate10を紹介いたします。

左右ベゼルレス+上下極薄ベゼル+ホームボタン

デザイン面でMate9から大きく進化したMate10。Mate9も左右ベゼルレスっぽいデザインでしたが、更に進化して左右端までディスプレイがあります。また、上下方向のベゼルは格段に小さく細くなりました。

そのおかげで、Mate9比で横幅で1.1mm、縦方向は6.4mmも小さくコンパクトになりました。

また極小ベゼルながら、最下部には10.6mmのベゼルの間に指紋認証センサー兼ホームボタンもあります、

そのため、iPhoneXではロック解除に3ステップも必要ですが、Mate10では1アクション(指で触るだけ)。

Samsung Galaxy S8シリーズなどのように、ベゼルを減らした結果、指紋認証センサーが背面に位置したり、またiPhone XのFace IDのように、使い勝手を犠牲にしたデザインが多い中、Mate10はギリギリ踏みとどまって解決策を持ってきた(現状のままとも言えますが)と言えるでしょう。

ディスプレイは2K解像度

上下ベゼルが極小の為、一見縦長ディスプレイっぽく見えますが、16:9のアスペクト比で今までと同様です。

サイズは5.9インチで、解像度は2K(2560×1440)。AMOLEDではなくIPSですが、HDR対応です。

カメラはデュアルカメラで現状維持もローライト下での撮影能力向上

カメラに関しては、HUAWEIお得意のライカデュアルレンズカメラで、背面に20MPモノクロ+12MPカラーの二つのレンズを備えます。

スペック上は大きな進化はないものの、ローライト下でより鮮明に写真が撮れるようになりました。

以下発表会での比較ですが、Galaxy Note8、iPhone 8 Plusより明るく鮮明に撮れます。

しかし、Galaxy Note8の発表会では「iPhone7より上」と宣伝し、iPhone 8 Plusはその上を行き、そしてMate10ではまた上を行くという1ヶ月毎にどんどんローライト下でのカメラ性能向上を目指したスマートフォンが発売されるのは驚きです。

SoC(CPU)はKirin970

SoCはHUAWEI傘下のHiSilicon Technologies製 Kirin 970で、2.36GHz x 4 + 1.8GHz x4のオクタコア。更に12コアのGPU( i7 co-processor, Mali-G72)を搭載する。

HUAWEIではKirin970をNPU( Neural network Processing Unit)と呼んでいて、AI専用プロセッサとなっている。クラウドでディープラーニング処理をするとレスポンスが悪いので、スマートフォンの中で処理することができるようになり、AI演算比では従来の25倍の処理速度になる。

防水対応

Mate10ではIP53レベルの防水に対応しました。

IP53は防滴レベルで、厳密には防水ではありまんが、突然の雨や、うっかり水がかかってしまったという程度なら、事故を防げますね。

カラー/発売日/価格

カラーは4色でシャンパンゴールド、ブラック、ピンクゴールド、モカブラウンとなっています。

発売日は2017年11月で、HUAWEIが発表した1st Waveに日本は入っていませんが、対応周波数帯がどう見ても日本を意識したものなので、おそらく2nd Waveでは日本でも発売されるものと思われます。

FDD-LTE: Band 1/2/3/4/5/6/7/8/9/12/17/18/19/20/26/28
TD-LTE: Band 34/38/39/40

価格は、699ユーロで、日本円では約9.2万円とかなり高めの価格設定。とは言え、Mate9は日本で発売する際に6万円程度とユーロ価格の8万円程度からだいぶ割安でしたし、期待して待っていても良さそうです。

発表会フォト/イメージ

主要スペック

製品 HUAWEI Mate10
ディスプレイ 5.9インチ 2560×1440 2K
16:9 IPS HDR液晶
CPU Kirin 970
Octa-Core CPU (4*Cortex A73 2.36GHz + 4*Cortex A53 1.8GHz) + i7 co-processor, Mali-G72 MP12 GPU
RAM 4GB
ROM 64GB
OS EMUI 8.0 (Android 8.0ベース)
カメラ 背面 2000万画素(モノクロ)+1200万画素(RGB)
前面 800万画素
バッテリー 4000 mAh
ネットワーク WiFi 802.11a/b/g/n/ac
Bluetooth 4.2 ,NFC
SIMスロット nano SIM x2 (ALP-L29)
LTEデュアルスタンバイ
*nano SIM x1 (ALP-L09)
SDカードスロット microSD (最大256GB)
*nanoSIMスロットと併用
3G/
4G(LTE)
ALP-L29:
SIM1:
FDD-LTE: Band 1/2/3/4/5/6/7/8/9/12/17/18/19/20/26/28
TD-LTE: Band 34/38/39/40
UMTS(WCDMA)/HSPA + /DC-HSDPA: Band1/2/4/5/6/8/19
TD-SCDMA: Band 34/39
GSM/EDGE: 850/900/1800/1900MHz
SIM2:
FDD-LTE: Band 1/2/3/4/5/6/7/8/9/12/17/18/19/20/26/28
TD-LTE: Band 34/38/39/40
UMTS(WCDMA): Band 1/2/4/5/6/8/19
GSM/EDGE: 850/900/1800/1900MHz
サイズ 150.5 x 77.8 x 8.2 mm
重さ 186g
その他 ・USB TYPE-C
・指紋認証センサー
カラー シャンパンゴールド、ブラック、ピンクゴールド、モカブラウン
価格 699ユーロ (約92250円)

 

関連サイト

・HUAWEI公式ページ: HUAWEI Mate10

コメント

*
*
* (公開されません)

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

Return Top