物欲ガジェット.com

物欲に従い、買って、使って、レビューする

実質的にP9 lite後継『HUAWEI nova lite』発表! 5.2インチフルHD/Kirin655/3GB RAMで19,800円と高コスパスマホ

中国のスマートフォンメーカーHUAWEIから『HUAWEI nova lite』が発表されました。nova liteは実質的にはP9 liteの後継機という位置づけになるでしょう。HUAWEI nova同様にMVNOに多く採用される見込みで、概ね19,800円(楽天モバイルなど)で既に発売が予定されています。主な基本スペックもP9 liteを引き継いだ感じで、画面は5.2インチフルHDで同様です。ただSoC(CPU)はKirin655 オクタコア(4×2.1GHz+4×1.7GHz)とKirin650から進化。実力はまだ分かりませんが、Kirin650がAnTuTuベンチマークで55,000ぐらいでしたので、60,000越えあたりが予想されます。RAMも2GBから3GBに増量されています。ストレージは16GBで変わらずです。

同時に発表されたHUAWEI novaは、au VoLTEにも対応したマルチキャリア端末でしたが、nova liteはauは除外されています。

スマホにコダワリを持っている方はあまりピントこない端末ですが、「スマホなんてある程度さくさく動いて、画面が綺麗でそこそこの写真が撮れて、恥ずかしくない程度のデザインならいい。特に価格が1万円台は絶対だ」みたいな要求をきっちり満たしてくれる端末です。

カラーはホワイト、ブラック、ゴールドの3色。発売は2月24日(金)~です。

主要スペック

  • CPU : Huawei Kirin655 オクタコア(4×2.1GHz+4×1.7GHz)
  • RAM: 3GB
  • ストレージ: 16GB
  • ディスプレイ : 5.2インチ IPS液晶
  • 解像度 : 1920×1080 フルHD
  • OS:Android 7.0 Nougat / Emotion UI 5.0
  • バッテリー : 3,000mAh
  • カメラ: 12MP rear / 8MP front
  • SIMサイズ: nano SIM x2
  • microSD: 最大128GB
  • USB : USB TYPE-C interface
  • WiFi /Bluetooth :Wi-Fi 802.11b/g/n準拠 (2.4GHz), Bluetooth® v4.1 with BLE
  • サイズ/重量:  147.2 x 72.94 x 7.6mm / 147g
  • ネットワーク: FDD-LTE : B1/3/5/7/8/19/28
    TDD-LTE : B40
    W-CDMA : B1/5/6/8/19
    GSM : 850/900/1800/1900MHz
    Wi-Fi 802.11b/g/n準拠 (2.4GHz), Bluetooth® v4.1 with BLE
    最大接続台数:8台
  • その他 : センサー系(加速度, コンパス, 環境光, 近接, 指紋)

写真で見る「HUAWEI nova lite」

1万円台で買えるハイコスパ端末

このブログでは中華スマホ端末はかなり紹介していますが、nova liteのスペックと価格を考えると、中華スマホのようなリスクを冒さず、「この端末で良いんじゃない?」と思えてきます。Kirin655の実力はまだ未知ですが、仮にAnTuTu60,000点ぐらいの実力で、3GB RAMを搭載し、日本のプラチナバンドにも対応して、19,800円という価格なら、スマホにコダワリがない多くの人にとって「これぐらいでいい」と言える端末です。

しかし裏を返せば無個性であり汎用的なデザインでもあるので、こういう「その他大勢」なデザインにピンとこない人にとってはスルーされるでしょう。スマホ自体に感心が無いが、仕事やプライベートで道具として使えればいいという方にとっては、充分期待に応えられるハイコスパ端末になるでしょう。

関連記事

・HUAWEI 公式ページ : HUAWEI nova lite

コメント

*
*
* (公開されません)

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

Return Top