物欲ガジェット.com

物欲に従い、買って、使って、レビューする

[日本発売決定]HUAWEI 5.5インチの『Mate S』!スペックとデザインをレビュー

Advertisements

HUAWEIから5.5インチのハイエンドスマホ『HUAWEI MateS』が発表されました。日本での発売も『12月4日』と決定。2015-09-04_09h15_01
2015-09-04_09h15_39
噂段階では「Ascend Mate7 mini」とか「7Sの名称になる」とかいろいろと噂がありましたが、「Mate S」という名称になり、Ascend Mate7とは違う路線として発売されるようです。

主な特徴

・5.5インチ Full HD
・感圧タッチパネル搭載
・AMOLEDディスプレイ(有機EL)
・カメラ :フロント800万画素/リア1300万画素
・価格 : 32GBモデルが88,000円、64GBモデルが95,000円と高い(価格は欧州販売価格を参考)

狭額縁の端末デザイン

流行りの狭額縁デザイン。上下端もかなり細く、コンパクトに仕上がっています。
2015-09-04_09h16_28

有機ELディスプレイ

ハイエンド端末ではおなじみの有機ELディスプレイ(AMOLED)搭載。
2015-09-04_09h16_39

感圧タッチパネル搭載

AppleがiPhone6S/6S Plusで搭載している「3Dタッチ」と同様の機能「感圧タッチパネル」搭載。
2015-09-04_09h15_522015-09-04_09h16_58

指紋認証搭載

HUAWEIではAscend Mate7から搭載している指紋認証をMate Sでも搭載。この位置は相変わらず使いやすい。
2015-09-04_09h15_28

筐体サイズ

非常に薄い上にコンパクトに仕上がっています。薄いというのもありますが、縦方向が特にコンパクト。同じ5.5インチのiPhone6 Plusが158.1mmですから、8.3mmもコンパクト。2015-09-04_09h18_09

カラーバリエーション

ゴールド・グレー・ホワイト(シルバー)の3色はHUAWEI端末ではおなじみ。それにローズゴールドが追加されています。
HUAWEI Mate SHUAWEI Mate S

スペック

製品 HUAWEI Mate S
ディスプレイ 5.5インチ 1,920×1,080
AMOLED, ONCELL, 401ppi
CPU Hisilicon Kirin 935, Octa core (2.2GHz x4 + 1.5GHz x4)
64-bit
RAM 3GB
ROM 32GB/64GB/128GB
OS Android 5.1 + EMUI 3.1 64bit
カメラ 前面 800万画素/
背面 1300万画素
バッテリー 2700 mAh
ネットワーク Wi-Fi 802.11b/g/n
Bluetooth 4.0
SIMスロット サイズ不明
Dual SIM: CRR-EL00
Single SIM: CRR-L09
の2モデルあり
SDカード 無し(恐らく無い)
3G/
4G(LTE)
TDD LTE: B40
FDD LTE:B1/B2/B3/B4/B5/B7/B8/B12/B17/B18/B19/B20/B25/B26/B28
UMTS:850/900/AWS/1900/2100(B19/B8/B6/B5/B4/B2/B1)
DC-42M:B1/B2/B4/B5/B8
GSM:850/900/1800/1900
※CRR-L09:シングルSIM版
サイズ 縦149.8/幅75.3/厚み7.2 mm
重さ 156g

microSDは非搭載の模様。またWiFiがチープな2.4GHz帯しかサポートしていないのはちょっとなと。
またバッテリー容量が2700mAhと、筐体サイズわコンパクトにしている分、減っているのが気になりますね。
ZenFone2でも3000mAhは搭載しているので、あと200mAhはプラスしてほしかった所。

まとめ: 端末としては凄いが、価格も高いと予想される

デザインは今までのHUAWEIの同一路線ながら、メタル基調でスマートになりました。
狭額縁ディスプレイもより洗練され、XPERIA C5 Ultraのようなスタイルになっています。

厚みも7.2mmと、ローエンドであっても薄型のHUAWEI P8 Liteが7.7mmですから相当攻めてます。

但し価格帯としては恐らくSIMフリー機としてはほぼiPhone6S Plusに近い金額になると予想されています。*欧州価格参考(それでもPlusより安いのですが)

HUAWEIはAscend Mate7後継のMate8が登場しますが、MateSはそのMate8の上という位置づけのハイエンドスマホになりそうです。

HUAWEI公式サイト: MateS(Globalサイト)
HUAWEI日本サイト : 現時点で日本版情報未掲載(更新されましたらこちらのLinkも修正します)

コメント

*
*
* (公開されません)

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

Return Top