物欲ガジェット.com

物欲に従い、買って、使って、レビューする

EC Technology ケーブルが光る『iEC SHINE Bluetooth イヤホン』レビュー! 光る事にロマンを感じる感性のあるあなたに

Advertisements

イヤホンのレビューが多い当サイト。
実際、音質やコスパが主眼に置かれることが多いわけですが、今回ご紹介するイヤホンの目玉は「見た目」です。

なんとケーブルが光ります。iEC SHINE Bluetooth イヤホン レビュー

EC Technology 『iEC SHINE Bluetooth イヤホン』iEC SHINE Bluetooth イヤホン レビュー

非常に分かりやすい「売り」です。

「ケーブルが光ったから何?」という人。そーいう人は違うの買って下さい。
光るのはロマンです。かっこいいという感性です。

むろん機能性もあるにはありますが、あくまでおまけです。
光は正義。そういうイヤホンが欲しい人の為のレビューです。

開梱の儀

箱からしてかっこいい。EC Technology製品は何度も使っていますが、過去のEC Technology製品とは比べようも無いくらいかっこいい(EC Technology様・・・すみません)iEC SHINE Bluetooth イヤホン レビュー

箱を開けたところ。
「おおー」と思わず声が出る。iEC SHINE Bluetooth イヤホン レビュー

スポンジの緩衝材が丁寧に製品を包み込んでます。なにこのもてなし感。

同梱物一覧。iEC SHINE Bluetooth イヤホン レビュー
イヤホン本体、イヤーパッド、マニュアル、充電要USBケーブル。

マニュアルはしっかりと日本語化されています。iEC SHINE Bluetooth イヤホン レビューさすがEC Technologyは仕事が丁寧。こういう所にお金しっかりかけているのは日本人としては安心できる。

イヤホン外観

Bluetoothイヤホン自体も見た目はかなり異質というか派手。iEC SHINE Bluetooth イヤホン レビュー

ブラックつや消しの本体にレッドでロゴが書かれていてかっこいい。

右のイヤホン部には様々なコントロール用ボタンが集中している。iEC SHINE Bluetooth イヤホン レビュー

左から電源/マルチキー、ボリュームUP/DOWN(曲送り/戻し)、ライトとなっている。

ライトボタンは、ライトの点灯/点灯タイミング/点灯モードを切り替えられる。
これは後ほど動作させながら解説していきます。

マルチキーは音楽の一一時停止/再生といった音楽コントロールと、Bluetoothイヤホンなので、電話着信の許可/切断の機能も兼務している。

また外側のiECロゴ部分はタッチセンサーになっており、ミュージックコントロールが可能。
ボタンの反対側の面にmicroUSB端子がある。iEC SHINE Bluetooth イヤホン レビュー

充電すると光る!

ゴムカバーで隠れているので、充電する際はカバーを外して充電する。
iEC SHINE Bluetooth イヤホン レビュー

microUSBなので、添付のケーブルでもいいし、一般的なUSB充電ケーブルでもOK。
手持ちのケーブルを接続するとこんな感じ。

で、凄いのは充電中も光る!iEC SHINE Bluetooth イヤホン レビュー

がっつりピカピカと光るのでは無く、ぼわっとほんのり光る辺りがなかなかニクい演出。
これだけでも惚れるレベル。

ただ充電後のUSBキャップがなかなか締まりが悪い。精密ドライバで押し込んであげる必要がありました・・・うーん。iEC SHINE Bluetooth イヤホン レビュー

ライトコントロール

さて皆さんが一番気がかりな部分に突入です。
「どの程度光るの?」「光るパターンはあるのか?」という部分。

まず光り具合ですが、昼間だと明るさ的には少し薄いルミカライトレベル。
明るい場所ではさすがにその効果は分かりづらいのですが、暗いところに入れば一目瞭然。夜間であれば目立つのは間違いなし。

カラーはレッド/イエロー/グリーン/ブルー/パープルの5色に光る。iEC SHINE Bluetooth イヤホン レビューiEC SHINE Bluetooth イヤホン レビューiEC SHINE Bluetooth イヤホン レビュー

この光り方ですが、単純に光らせておくモード以外にも様々あり、
音楽に合わせて光る「Music」モード、振動(走ったり歩いたり)に合わせて光らせる「ランニング」モードも可能。

どのモードが良いかはお好みだが、私のようにジョガーであれば、夜間走る時には「ランニングモード」が便利そうだ。大通りなら何も問題無いが薄暗い道だと人間は死角に入りやすいので交通事故防止の為にも有効そうに感じる。

装着感が意外にも素晴らしい

言い方は悪いが「イロモノ」的なイヤホンなので、「光るけど装着したらいまいちなんでしょ?」という所も正直ありました。

が、、、、装着して驚いた。
すごくフィット感が良い。iEC SHINE Bluetooth イヤホン レビュー

耳に入れる部分はカナル型なのだが、イヤーパッド部のフィット感もさることながら外側に付いているフックがきちんと耳にフィットしてぴったりと装着される。

そもそもスポーツ的にも使えるイヤホンという売り文句もあった本製品だが、それが嘘では無いことがよく分かる。これなら走っても外れという事もほぼなさそう。

ちなみに耳に合わない人はイヤーパッドが交換できる。
私は耳は小さいほうだが、標準でついているMサイズで充分使えた。

ただケーブルは少し堅めなので、取り回しはあまり良くない。ケーブルを光らせる機能と、ケーブル自体の断線を防ぐ意味があると思う。ただそのおかげでケーブルは絡みづらく、堅めのケーブルも装着してしまえば気にならない。

音質は低音はいいが中~高音が弱い

肝心のイヤホンとしての機能。音質はどうでしょう。iEC SHINE Bluetooth イヤホン レビュー

聞いてみると確かに良い音はする。が、それは低音。
中高域は結構弱い。でも気にしない。だってかっこいいから。「すんごい良い音」ではないものの、普通にイヤホンレベルはあります。それ以上にかっこいい。それだけでいいじゃない。

アプリ「SHINE」のインストールと機能

このイヤホン「SHINE」ですが、アプリもあります。

マニュアルだとここから探せとありますが、全く見つからないのでEC Technologyのホームページみたらありました。

http://www.iectechnology.com/shine-bluetooth-earbuds/#home2016-03-03_13h21_22

ここにアクセスして、QRコードをスマホから読み込ませればOK。iEC SHINE Bluetooth イヤホン レビュー

するとダウンロードできます。iEC SHINE Bluetooth イヤホン レビューただしGoogle Playではなくapkファイルのダイレクトインストールなので、当然警告がでます。iEC SHINE Bluetooth イヤホン レビュー

ここは信用してインストール・・・・するしかない。

アプリを起動するとこんな感じ。iEC SHINE Bluetooth イヤホン レビューiEC SHINE Bluetooth イヤホン レビュー基本機能としては、まずはランナー用にGPSでどこを走ったかが分かるように記録が残ります。また、メトロノーム機能がある。リズムに乗って走れって事ですね。

またDeviceタブをタッチすると、自分で好きなカラーを点灯させることができます。iEC SHINE Bluetooth イヤホン レビュー

タッチコントロールは微妙

前述のように、SHINEは「iEC」のロゴ部分をタッチ・スライドする事で、ミュージックコントロール機能があります。

iEC SHINE Bluetooth イヤホン レビュー機能としてはできます。ただタッチ感度がリニアに反応しないというか、微妙に遅れる為、使いこなすのが難しい。例えば一時停止はecロゴのあたりをダブルタップするのですが、「トントンっ」とダブルタップしても音楽はすぐ止まらない。「あれ?もう一度やるか」とトントンと叩いている間に一時停止。でもう次のトントンを叩いているからまた一時停止解除・・・と、少し(だいぶ?)イライラします。私は使わないですね・・・

まとめ:ギミック好きなら間違いなくオススメ

結論から言うと、音は普通レベル。ですが、防水でスポーツ仕様もできて、フィット感も良く、なおかつケーブルが【光る】

アプリのできもなかなか面白く、ウォーキング・ジョガー・ランナーなら結構楽しく使えるのもいいです。

ケーブルが光るという点を考えると、普段はピカピカ点灯させず、消灯で使用し、夜間歩く場合には使用するといった使い方が実用的かなと思う。特に夜間に走る・歩く方はケーブルが光る事で事故防止にもなる。

価格的には4000円オーバーと気軽に買えるイヤホンではないのですが、このギミックは唯一無二な所があります。なので惚れた人は買いだし、LEDなんて無駄と思う人はもう絶対近寄らないといった人を選ぶ所があります。

でもやっぱりかっこいいのは間違いない。

関連サイト

・Amazon : ieC Technology製品一覧

コメント

*
*
* (公開されません)

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

Return Top