物欲ガジェット.com

物欲に従い、買って、使って、レビューする

『Inateck IPX8対応スマホ防水ケース ODB001』を試す! 非防水スマホでも1000円未満で釣りとか水場でも安心できる一品

広告

私は以前から「スマホは絶対防水がいい!」派でしたが、最近は私が買いたい物=非防水が多くなってきてしまい、しぶしぶ防水非対応スマホを買ってます。

本当は日常生活あるゆる場面で「水没の可能性がある」わけで、テーブルに置けば飲み物こぼす危険があるし、子供達に貸せばどこか水場に勝手に持って行かれて水没させられる危険もある。

ですがそれは最悪気をつけて使えばなんとかなるもの。

しかしどうにもならない場面もあります。

私の場合アウトドアや釣りが趣味の為、外に出ていて突然の雨とかはあり得るんです。
まぁーそんなときの為にジップロック持参しているわけなのですが、やはり都度ジップロックにいれるのは面倒だし、入れたまま使うのは大変。
また着信音なんかも聞こえづらくなるので、「やっぱり専用ケース欲しいな」となるわけです。

そこでちょうどInateck様より、「IPX8相当」のスマホ防水ケース「Inateck 最大5.7インチまで対応の大きめサイズのスマートフォン用防水ケース ODB001」をお借りして試すことができました。Inateck 最大5.7インチまで対応の大きめサイズのスマートフォン用防水ケース ODB001

海水対応防水ケースは希少

本製品は「IPX8」に対応しているのですが、これがどれだけ凄いかというと、IPXの定義を知らないと難しい。防水と一言で言っても様々な状態、シチュエーションがある。と言う事でIPX各等級の定義をWiKiから抜粋させて頂きました。

IPX5 あらゆる方向からの噴流水による有害な影響がない(防噴流形)
IPX7 一時的に一定水圧の条件に水没しても内部に浸水することがない(防浸形)
IPX8 継続的に水没しても内部に浸水することがない(水中形)

つまり、IPX8と言う事は、水の中でも大丈夫であることを示しています。これだけの防水性能があるケースはないない無いんです。
釣りやカヤックで使いたい私にとって、防水性を保証してくれるモノで無いと使えません。ジップロックじゃだめなんです(汗)

開梱の儀

開梱の儀と言っても、防水ケースだからケースだけ。Inateck 最大5.7インチまで対応の大きめサイズのスマートフォン用防水ケース ODB001
あとはストラップが付いてます。Inateck 最大5.7インチまで対応の大きめサイズのスマートフォン用防水ケース ODB001

このストラップはゴムっぽい材質で、簡単に腐食しない雰囲気があっていいです。Inateck 最大5.7インチまで対応の大きめサイズのスマートフォン用防水ケース ODB001
また海水などの水中に入ったり汚れたりしても、さっと洗い流せて拭いて終わりにできる便利さがあるのがいい。水場やアウトドアで使うのが前提のケースだから、こういう雑に扱っても平気な材質を選ぶあたりさすがです。

ケース自体は上部に強固なジッパー代わりのパーツがあり、あとはビニールのスマホケースというような仕組みだ。

開け方にはコツがある!

早速ケースを開けてみる。Inateck 最大5.7インチまで対応の大きめサイズのスマートフォン用防水ケース ODB001

が、これがなかなか開かない。
開け方はケースの中に入っていた説明書に書いてあるが、とにかく硬い。Inateck 最大5.7インチまで対応の大きめサイズのスマートフォン用防水ケース ODB001

なんとか爪の部分を押し上げれば一気に外れるのは分かっているのだが、硬くて硬くて・・・。なんとか開きました。数回繰り返していくうちにコツが分かり、ある程度スムーズに開けられるようになったが、女性とか爪の長い人はちょっと難しいのでは無いかと思う。

逆に言えばそれだけ密閉性を確保できるという事だから安心度は高いのですが・・・

と、ここで開け方のコツを掴んだ。

コツは「両手を使います」。

写真を見てもらった方が早いですね。

まず爪の部分を片手で持ち上げるようにし、s-20151210_124216

反対側の爪が留まっている横の隙間に爪を入れ、両手で引き上げます。

s-20151210_124229

上から見たとこ。完成形がこんな感じなのでイメージし易いかと。Inateck 最大5.7インチまで対応の大きめサイズのスマートフォン用防水ケース ODB001

規定サイズギリギリの5.7インチのGalaxy Note5を入れてみた

ケース内部は厚手のビニールで出来ていて、簡単に破れたりはしない材質。
100均とかにも防水ケースが売っているが、比べたらダメなくらいしっかりしている。Inateck 最大5.7インチまで対応の大きめサイズのスマートフォン用防水ケース ODB001

何度も言うが私の場合、アウトドアで使う事を前提しているるので、ちょっとぶつけたりしたぐらいで破れたりそこから浸水するなどあってはならないこと。

その点、このInateckのスマホケースは安心して使える。

早速、この防水ケースにスマホを入れてみた。
入れるのはGalaxy Note5。5.7インチのスマホだ。Inateck 最大5.7インチまで対応の大きめサイズのスマートフォン用防水ケース ODB001
この防水ケースのキャパは5.7インチまでと丁度ギリギリ。
しかもGalaxy Note5にカバーが付いたままで入るか試して見た。

ギリギリのサイズではありますが、意外とさくっと入りました。Inateck 最大5.7インチまで対応の大きめサイズのスマートフォン用防水ケース ODB001

タッチパネルも問題なく使えます。

LINEだって普通に使える。フリック入力したりふつーに操作できます。Inateck 最大5.7インチまで対応の大きめサイズのスマートフォン用防水ケース ODB001

音楽も聴けるレベルです。だから着信音だって気付きます。Inateck 最大5.7インチまで対応の大きめサイズのスマートフォン用防水ケース ODB001

防水性をテストしてみた

防水性テストをやってみました。Inateck 最大5.7インチまで対応の大きめサイズのスマートフォン用防水ケース ODB001

こんな感じで水をかけても全然平気。水を張ってその中に沈めてみたけど平気。当たり前だけどね。Inateck 最大5.7インチまで対応の大きめサイズのスマートフォン用防水ケース ODB001

面白いのは、少し空気多めに入れて閉めておくと、僅かですが若干浮力があります。これはスマホ重量次第でしょうが、万が一海や湖等に落下しても、浮くまでいかなくともゆっくり沈んでいく可能性は高い。「あ!!!」って思った瞬間に救える確率は高まりそう。まぁちゃんとストラップしていれば良いんでしょうけどね。

Inateck 最大5.7インチまで対応の大きめサイズのスマートフォン用防水ケース ODB001

釣りに使ってみた

早速趣味の釣りのお供に使ってみました。

釣りというアウトドアでは、晴れの日でも水しぶきがかかったりするので、防水性は重要です。特に塩水は腐食の可能性もあるので、金属部分にうっかり入るとトラブルの元。だから非防水端末は怖いのです。Inateck 最大5.7インチまで対応の大きめサイズのスマートフォン用防水ケース ODB001

特にスマホいじるのは船が移動している最中の時が多く、その時に海水が飛沫となってスマホに付着する。だから非防水スマホの場合はケース必須なのです。

また釣りの場合、転覆などはほぼ無いものの、突然の大雨などにも遇う事もあるし、その点でも安心です。

総括:がっちりしてて安心できる防水スマホケース

このような感じでいろいろと使ってみましたが、防水性は確かだし、ケースの中にしまっていておいても普通にスマホとして使えるのが良いですよ。特にある程度ケースに余裕度があるので、元々付いていたスマホカバーをいちいち外さなくても使える点は使い勝手がいい。

ビニール部もしっかりとした素材で、ちょっとぶつけたぐらいでは切れないだろうし、アウトドアやる人や、水場で遊ぶ場合などにはもってこいです。

価格も1000円を切っている事が多いし、この金額なら一つ持っておいてもいいと思いますよ。私は釣りに持っていく必携アイテムになりました。

Inateck製品はAmazonで入手可能です。また「今年最後のビッグセール」として最大50% Offキャンペーンも実施中です。
inateck sale
気になった方は覗いてみてはいかがでしょう。

関連サイト

Inateck公式サイト
Amazon Inateck製品一覧

コメント

*
*
* (公開されません)

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

Return Top