物欲ガジェット.com

物欲に従い、買って、使って、レビューする

DELL『Inspiron 11 3000』は3万円台で使えるサブノート! 4GB RAM+128GB SSD搭載の11.6インチノートPC買ってみた~開梱と外観チェック編

広告

11.6インチ デル製ノートPC『Inspiron 11 3000(3162)』を買ってみました。
・DELL公式ページ :DELL 個人TOP

DELLの型番表記は非常にややこしく、今回買ったInspiron 11 3000 (3162)は、2in1タイプではなくクラムシェルの普通のノートPC。

もともとこのInspiron 11 3000は、いわゆるクラウドブック/ネットブック的なスペックで、Celeron N3050 + 2GB RAM + 32GB eMMCという構成ながら3万円強と、私が以前持っていたASUS EeeBook X205TAと同様なPC。コンセプトは同じです。しかし、Inspiron11 3000のスペック上位版は、Pentium N3710 + 4GB RAM + 128GB SSDと、サブノートとしては充分なスペックで売られています。このモデルは通常49,800円なのですが、キャンペーンやクーポンを使うと3万円台まで下がります。

以前使っていたX205TAの唯一の不満は2GB RAMと64GB/32GB eMMCのストレージ不足。32GBだとWindows10の大きなアップデートが走ると空き容量次第ではアップデートできない可能性もありましたし、Chromeのタブを5個以上開くともたもたするのも不満で手放してしまいました。(それでも980gという驚異的な軽さの素晴らしいPCでしたが) X205TAの場合、上位版も無いし内部的にも全てオンボードの為増設・交換もできないので仕方なかった。

そのX205TAの不満点を解消しているであろう、Inspiron 11 3000は以前から狙っていたのですが、いいキャンペーンに巡り会ったので、思わず買ってみました。

今回は第一回目のレビューという事で早速開梱&外観チェックレビューしていきたいと思います。

主要スペック

サブノートサイズの11.6インチで1.22kgと比較的軽いというのが良い所。長所は128GB SSDでストレージとしては余裕があり、メモリ4GBもよほどの負荷を掛けなれば充分でしょう。惜しいのは1366×768という最低限の解像度である点ですが、11.6インチという限られた画面サイズであることを考えればそれほどデメリットにもならないでしょう。バッテリーも公称10時間なので、6-7時間なら普通に使っても行けそう・・・という期待を込めて買いました。丸一日使えるわけではありませんが、ビジネス用途で出先で仕事しても、6時間使えればかなり助かりますね。

  • CPU :インテル Pentium N3710 (2M キャッシュ, 最大 2.56 GHz まで可能)
  • RAM: 4GB
  • ストレージ: 128GB SSD
  • ディスプレイ : 11.6-インチ HD (1366 x 768) アンチグレア LED-バックライト ディスプレイ
  • OS: Windows 10 Home
  • バッテリー : 32 WHr、2セルバッテリ(内蔵)*公称10時間
  • カメラ: 内蔵ワイドスクリーンHD(720p)Webカメラ
  • microSD: 最大128GB
  • WiFi /Bluetooth :WiFi802.11 a/b/g/n/ac 、Bluetooth4.0
  • サイズ:  292 x 196 x 22.2 mm/ 1.22kg
  • インターフェース : HDMI v1.4a、1 x USB 3.0 、1 x USB 2.0、セキュリティ・スロット、microSDカードリーダー(SD/SDHC/SDXC)、ヘッドフォン/マイク
  • カラー : アルペンホワイト、タンゴレッド (今回のレビューはアルペンホワイト)

DELL Inspiron 11 3000の 開梱

DELLの梱包箱。箱は非常に質素。よく言えばシンプルですが、大メーカーにしては味気ないかなという気もします。まぁこれが合理的なアメリカ企業の良い所でもありますが。同梱物も至ってシンプル。マニュアル、ACアダプタがあるだけです。DELLはいつもこんな感じで私は好きです。マニュアルやら冊子やら広告やらと入っているとそれだけで「無駄が多い」と感じてしまいますし。マニュアルは日本語すらほぼありません。ACアダプタは小型の45Wタイプ。電源ケーブル側は3つ穴版の太いケーブル。デルは相変わらずこのケーブルの太いものを変えようとしません。ACが小型でもこのケーブルだとちょっとかさばるんですよね。ただケーブル自体は別途探せば売っている(純正では無く)ので、気になるようなら手に入れればいいだけ。Inspiron11 3000を取り出しました。天板(トップカバー)はてかてかの光沢仕様。プラスチックで確実に傷が目立ちそうなので、持ち歩く際はキャリングケースが必須です。

外観チェックとハード的な使用感

ここからさくっと外観チェックしていきます。ディスプレイ開口部にはうっすらと隙間があり、開けやすくなっている。本体が軽いので片手で開けるのはコツがいるが、ちゃんと片手でも開けられる。ちょっとしたことだけどこういう気配りのきいたデザインは好き。ディスプレイを開けたところ。ホワイトとブラックのツートンカラーで安いPCだけど締まって見えるのは良い所。キー配列もおかしな所はなく至って標準的な配列。11.6インチだとキーボード右側で一部小さいキーがあってもおかしくないが、そういったキーもなく使いやすい。Enterがやや細いぐらい。キーストロークも悪くなく、充分打ちやすい。
キーボード上部のスペースにデュアルスピーカーが搭載されている。ただ「映画で迫力ある音」などは期待してはいけないレベル。高音も低音も乾いた感じで、「一応あります」というレベルです。メーカースペックでは「Professionally tuned Waves MaxxAudio」というものですが、名前に騙されてはいけませんね。電源ボタンはキーボード右側にデザインに溶け込むように配置されている。LEDが点灯したりしないところは廉価なPCゆえ仕方ない。タッチパッドは11.6インチとしては大きめ。指の滑りも良くマルチタッチが気持ち良く使える。タッチパッドボタンは一枚タイプで独立していないものの、使い勝手は良好。以前の1枚タイプのタッチパッドは、左手でクリック、右手でタッチパッド操作をしていると、カーソルか飛んだりとイライラしたものが多かったのですが、最近は廉価PCでもあまりそういう事がなくなってきたのは良い所ですね。地味に進化している。右サイド。イヤホンジャックとUSB2.0、セキュリティケーブルスロット。横から見ると若干厚みが感じられる。厚みは22.2mmあり、このクラスのサブノートとしては厚め。ただ全体として丸みを帯びているのもあり、手に持った感触としてはそれほど分厚いとは感じない。左側。左から、ACアダプタジャック、HDMI、USB3.0,microSDスロットとなっている。フルサイズのHDMIが付いているのは利便性が高い。背面。プラスチック感満載ですが、Inspironロゴがありなかなかかっこいい。ノートPCは持ち歩く際背面を見せる事もあるので、そういう裏地にこだわっている感覚は好き。ゴム足もしっかりしていて長期間使っても簡単にはとれたりしない感じがする。プラスチック感は多いのですが、華奢なイメージは全く無く、むしろがっしりしているイメージ。さすがは米国企業といった感じがする。

重さを測ってみた

重量ですが、SSDモデルはカタログ値では1.22kg(4GB RAM+SSDモデル)でした。が、実際計測して見ると1.184kgと36gも軽量です。
実際手に持ってみても、やっぱり相当軽い。X205TAの980gのように「めっちゃ軽い!」とはいきませんが、それでもサブノートとして日々持ち歩くとしても余裕の軽さでしょう。

ACアダプタ込みでは1.448kg。太い電源ケーブルを細めのものに交換できれば、もうちょっと軽くなりそうです。ざっと開梱から外観を紹介してきましたが、今回はここまで。次回はもうちょっと中身に触れていきたいと思います。

レビューは【実機レビュー#2 :使ってみた編】に続きます。

DELL Inspiron 11 3000の価格と購入方法

DELL Inspiron 11 3000 (3162)は以前から販売しているモデルで、新製品ではありません。モデルチェンジももしかしたらあるのかも知れません。しかし、逆に言えば価格がこなれて来ているわけで、ほぼ下げ止まりの状況なんじゃ無いかと思っています。だからこそ買ったのですが、Celeron+RAM 4GB +128GB SSD搭載の1.2kgのサブノートが、キャンペーン使用で3万円台後半なら充分買いといえる価格です。

・DELL公式ページ :DELL 個人TOP

私が買った構成は、Inspiron 11 3000の販売ページでは「エントリープラス」という構成になります。定価では49,980円ですが、DELLでは毎週のように変わるクーポンを使えば概ね40,000円レベルに下がってくると思います。

「エントリー」というモデルもありますが、そちらは2GB RAM、ストレージは32GB eMMCと貧弱ではありまずか、安く買うならAmazonなどでも買えます。時々やっているタイムセールなら、約2.5万円。Dell ノートパソコン Inspiron 11 Celeronモデル ホワイト 17Q11W/Windows10/11.6インチ/2GB/32GB

ですが、無理してでもエントリープラスがオススメですよ。

Dell ノートパソコン Inspiron 11 Pentiumモデル ホワイト 17Q12W/Windows10/11.6インチ/4GB/128GB

コメント

*
*
* (公開されません)

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

Return Top