物欲ガジェット.com

物欲に従い、買って、使って、レビューする

【実機レビュー#2】安くなってきたDELL 14インチ『Inspiron14 5000(5458)』買ってみた!基本チェック+ベンチマーク編

Advertisements

Inspiron 14 5000(5458)のレビュー2回目です。

前回の記事はこちら

前回記事: 【実機レビュー#1】安くなってきたDELL 14インチ『Inspiron14 5000(5458)』買ってみた!開梱~外観チェック編

今回は、【基本チェック+ベンチマーク編】という事で、端末としての使用感等々をチェックしていきたいと思います。

重量はスペック通り2kg

さて14インチのInspiron 14 5000(5458)の実重量はどの程度か計測してみました。Inspiron14 5000 5458 レビュー

スペックでは2kgジャストですしたが、実際の計測では202.7g。ほぼ誤差の範囲ですね。

ただ2kgとは言え、意外と持ちやすいのか重いという印象は薄い。バランスがいいのと比較的薄くスクエアデザインで持ちやすいという事もありそう。Inspiron14 5000 5458 レビュー

キーボードの使用感

ノートパソコンだとかなり気になる部分がキーボードの使用感。Inspiron 14 5000(5458)はどうでしょうか?

Inspiron14 5000 5458 レビュー まずはキー配列。DELLのノートPCは比較的綺麗な配列をするので使いやすいのが特徴ですが、Inspiron 14 5000(5458)も綺麗な配列です。ただエンターキーとBSキーが小さいのが気になりますね。一番使うキーが小さいってのは。ただ実際使ってみると、そもそも14インチノートPCと言う事でキー自体が大きめなので、大して使用感に差は無いイメージ。

カーソルキーも左右キーの上が空白で誤打がなく使いやすい。Inspiron14 5000 5458 レビュー 電源ボタンはDeleteキーの上にある。間違って押すこともない位置で可も無く不可も無くと言ったところ。
Inspiron14 5000 5458 レビュー キー自体もたわみもなく打ちやすい。ストロークもあり、実際この記事自体はこのInspiron 14 5000(5458)で試し打ちしているのですが、違和感無く打てている。Inspiron14 5000 5458 レビュー

タッチパッドの使用感

タッチパッドも大きめで使いやすい。タッチパッド自体の感触はサラサラツルツルではなく、多少抵抗感がある。MacBookやSurfaceのタイプカバーキーボードのタッチパッドのような気持ちよさはないが、まぁ特に悪くも無く普通。マルチタッチでスクロールを頻繁にするなら気持ちよさは諦めましょう。

左右ボタンはクリック感はしっかりとあっていい感じ。ただボタンが独立していない一枚タイプのタッチパッドで、ボタンの領域もマウスカーソル動く。ただ私はここまで記事を書いたりしてみて、誤動作したりという点は気にならなかった。

Inspiron14 5000 5458 レビュー

液晶の見やすさ

Windows10の無償アップグレードも期限が迫っていたのでアップしてみました。そしてその後、液晶の見やすさ、視野角等をチェックしてみました。液晶は光沢液晶。嫌う人も多いですが、私は色が鮮やかになるので好きです。

Inspiron14 5000 5458 レビュー WXGA(1,366×768)という解像度なので、一画面の情報量はこの程度。Inspiron14 5000 5458 レビュー Microsoft Edgeで見ているので、多少バーが野暮ったくて邪魔ですが、まぁ概ね一画面でニュース見てもたかが知れていますね。
Inspiron14 5000 5458 レビュー文字も綺麗ではあるものの、よーく見るとジャギーがあり、フルHD液晶と見比べるといまいち。ただローエンドPCですし、これは仕方ない。Inspiron14 5000 5458 レビュー

次に視野角。液晶角度を一番奥まで傾けて見るとこんな感じ。全然見えないというほどではなく、多少白むかなという感じ。
Inspiron14 5000 5458 レビュー 横からの視野角もぼちぼち良い。ま、ノートPCなので、実用上ここまで極端な角度で見ることはほぼ無いわけで、それほど気にしなくてもいいと思いますが、ローエンドPCの割には良い方かなと思う。
Inspiron14 5000 5458 レビュー

ベンチマーク結果

Core i3 2GHzという事で、少し気になってベンチマーク回してみました。

今回はドラゴンクエストXベンチ。結果はと言うと「普通」。Inspiron14 5000 5458 レビュー ベンチマーク

1280×720解像度で標準品質で普通という事は、そこそこMMOのゲームもできるという意味で、このローエンドノートPCでそこまで動くのはなかなか意外でした。(ま、私はPCでゲームはやらんのですが)

次に、Crystal Disk Markで、HDDのベンチをしてみました。

シーケンシャルのRead/WriteはHDDとしてはぼちぼち。ただランダムの成績が壊滅的ですね。Inspiron14 5000 5458 レビュー ベンチマーク実際、起動もだいぶ遅くWindows8.1が起動するのに、アプリを何も入れていない状態で30秒以上かかる。Core i3を搭載している割には遅いのですが、逆に言えばSSD化したら不満点は解消されるわけで、私の場合既にSSD化前提で買っているのでウィークポイントにはならないかな。

まとめ: ローエンドPCの良型機

スペックはCore i3+4GB RAM+500GB HDDとなかなか良いものを持っています。14インチのWXGA液晶はスペックとしてはいまいちですが、ローエンドPCですし、ここに納得がいくなら特に不満が無いPCになっています。

唯一、HDDが遅い点は難点ですが、ここはSSDが恐ろしいくらいに安くなってきているので、128GBあたりのSSDと入れ替えたら相当速くなるはずです。(私もおいおい付け替えます)

シリコンパワー SSD 120GB 2.5インチ 7mm SATA3 6Gb/s 3年保証 S55シリーズ SP120GBSS3S55S25FR
シリコンパワー (2015-04-24)
売り上げランキング: 2,194
4,250円

・DELL直販サイト : Inspiron 14 5000 シリーズスタンダード(ホワイト・即納モデル)
デル株式会社

コメント

*
*
* (公開されません)

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

Return Top