物欲ガジェット

物欲に従い、買って、使って、レビューする

SIMフリーiPhone 6S Plusをバッテリー交換プログラムに申し込んでみた!在庫枯渇で待つしかない

AppleがiPhoneで意図的に性能低下させていた問題で、バッテリー交換を3200円で無条件で受け付けることにした件で、私も手持ちのiPhone 6S Plusをバッテリー交換してもらうことにしました。

料金は3200円

バッテリー交換費用は通常はApple Care+に入っていなければ8800円ですが、無条件で3200円(+税)で交換が可能です。この5600円OFFはAppleのお詫び料のようなものですが、0円にせず3200円という絶妙に高くもなく安くも無いあたりを設定しているところがAppleらしさの現れですね。

* 3200円は2018 年 12 月 31 日まで

iPhone6系のバッテリーは在庫枯渇状態

バッテリー交換は、Apple Storeや正規サービスプロバイダへの持ち込み修理、それと配送修理が選べます。

Apple iPhoneの修理-バッテリーと電源 *左記から「バッテリーサービスを申し込む」で上記画面になります。

私は持ち込み修理は面倒そうだったので(通りかかるといつも混んでいるし)、配送修理を希望しました。推奨と表示されますし。

しかし結局手続きを進めても「オンライン修理はご利用頂けません」となるので結局はチャットか電話サポートに繋げることになります。

「まぁチャットでもいいか」とチャット始めましたが、結局は「バッテリー在庫が無いので、Appleストアか正規サービスプロバイダに持ち込んでください」という提案をされました。ただそっちに行ってもバッテリーの即日交換はできないであろうという話で、要はそのどちらかで修理予約してくださいという事です。

Appleは時前の修理センターもあるのだから、同じように入荷次第連絡という形で良いから受付だけでもしてくれると良いんですけどね。サポセンで解決せず実店舗と話せというのはちょっと残念な形。まぁでもそういう仕組みなのでしょうから致し方ない。

結局私はカメラのキタムラに行き、修理予約をしました。ただ入荷未定でいつになるかは本当に不明だそうです。

バッテリー交換手続きは早めにやっておこう

iPhone6や6Sシリーズ、SEもバッテリーが枯渇しているらしいので、「今すぐ交換してほしい」という方は早めに申し込んでおくことをお勧めします。電話やチャット、オンラインでは私のように結局「実店舗へ」というアナウンスになるので、二度手間です。(少なくとも2018/01時点では)

iPhone本体を持って、Appleストア正規サービスプロバイダに直接行って、状況を聞いて交換予約までした方が良いでしょう。

あと数ヶ月すれば在庫もある程度落ち着いてくると思いますが、その頃まで待てるという方なら、いまは飛びつかないほうが賢明です。

 

Comments & Trackbacks

  • Comments ( 2 )
  • Trackbacks ( 0 )
  1. By 居着いたガジェオタ

    そんな大変なことになってたんですね。うちの奥さんがSE使ってて、動き遅くなったからバッテリー交換を勧めたんですが、、、あとでプンスカ言ってきそう´д` ;
    我々のように予備機を持ってる人なら待てないこともないですが、持ってる人はごく少数だからなぁ。時期未定は辛い。
    というか、現代人はこんなにもスマホに依存してるのに予備機の一つも持ってない人が多い(それどころかバックアップすらとってない人も)のは何故なんでしょうね?解せぬ。

    • そうなんですよね。
      そりゃまぁ世界で一斉に「バッテリー交換お安くするよ」と言ったら、いままで修理で在庫していたバッテリーが一気に枯渇するのは目に見えてますからね。しかもこのプログラムは用意周到に準備していたものじゃないだろうし、とりあえず経営判断で「やるぞ!」と決めただけでしょうから、現場は大混乱というのはよく分かります。見通しも立たないようじゃ現場としては何も言えないですからね。
      もちろん「電源も入らない」みたいな緊急の方用と、単にバッテリー交換して欲しいぐらいの人とは在庫を分けているんでしょうけどね。

      予備機はほんと必要ですよね。

コメント

*
*
* (公開されません)

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

Return Top