物欲ガジェット.com

物欲に従い、買って、使って、レビューする

腕時計型ボイスレコーダー『JNN S3』を試す! 4GBメモリーで余裕の20時間録音

広告

今回はボイスレコーダーのレビューです。

ボイスレコーダーを使いこなす人はどれほど居るのでしょうか? 私の場合ビジネスの場や、英会話教室で使っていました。

ビジネスの場合、重要な会議の議事録作成担当とかだと結構使っていました。また英会話教室に行くと、私は会話に集中したいほうで、「なるほどな」と思った事を書き留める余裕が無いので、あとから復習するために録音していました。

レコーダーはスマホでした。ただビジネスの場や英会話学校の場合、机の上にスマホを出しておくのはマナー違反。仕方なくスーツの内ポケットに入れていたのですが、やはり布越しで音が悪い。

そんな時「これがあったらなぁ」というのが今回のレビューデバイス”腕時計型ボイスレコーダー”『JNN S3』です。

メーカーのJNNさんからサンプル提供をして頂いてのレビューです。JNN S3 ブレスレット式 ボイスレコーダーJNN S3 ブレスレット式 ボイスレコーダー

開梱の儀と本体周り

早速開梱。フタは巻物のような感じで、くるくるっと開くちょっと凝った作り。JNN S3 ブレスレット式 ボイスレコーダー同梱物は、本体とマニュアル、充電用USBケーブルと、イヤホン、それとmicroUSB経由でイヤホンを接続する変換ケーブル(真ん中)。JNN S3 ブレスレット式 ボイスレコーダー
マニュアルは英語。ただ使い方は超簡単で、電源ON⇒録音開始、電源OFF⇒録音停止。ただこれだけの動作。あとはmicroUSB経由で充電出来る事、ボリュームボタンがあるだけの単機能デバイス。だからマニュアルは英語でもそれほど苦労しない製品です。JNN S3 ブレスレット式 ボイスレコーダー

本体周りのチェック

正面から見たところ。OLEDディスプレイを搭載した時計なのかな?と一瞬思うが、画面等は一切無し。ただの黒いパネルです。JNN S3 ブレスレット式 ボイスレコーダー せっかくここまでしているなら、ディスプレイ搭載して時計としても使えれば尚良いと思う。しかし、レコーダー本来としての機能は長時間録音。ディスプレイ表示にバッテリー食ってしまい、いざという時に使えないのでは意味が無いと判断し、時計機能は無いのだと思う。

左側面。ここにはボリュームボタンの上下がある。ボタン自体はクリック感もあって押しやすい。
JNN S3 ブレスレット式 ボイスレコーダー

右側面。左側がスライド式のスイッチ。右側のゴムカバー部がMicroUSB端子。
JNN S3 ブレスレット式 ボイスレコーダー microUSB端子はゴムカバーを外すと現れる。JNN S3 ブレスレット式 ボイスレコーダー MicroUSBケーブルを接続し、充電を開始すると、本体のLEDが点灯するようになっている。JNN S3 ブレスレット式 ボイスレコーダー 時計のバンド。穴に押し込む事で固定される仕組み。ただ押し込む側の2つの丸が大きいような気が・・・腕に装着するのに慣れが必要でした。まぁ5-6回やればコツは掴めるのですが、最初から「簡単装着」とは行かなかった。
JNN S3 ブレスレット式 ボイスレコーダー 腕に装着するとこんな感じ。ぱっと見は時計ぐらいにしか見えない。会議や英会話教室などでも違和感は無いでしょう。JNN S3 ブレスレット式 ボイスレコーダー

レコーダー自体の重量はたったの20g。超軽量です。(Amazonのページだと220gと書いてありますが、だいぶ違いすぎる)
JNN S3 ブレスレット式 ボイスレコーダー

 

録音してみた

早速スイッチをONにして、JNN S3で録音してみました。

録音データは、wavファイルとして端末内に保存されます。JNN S3 ブレスレット式 ボイスレコーダー7分ジャスト録音して9.45MB。1分あたり1.35MBという計算になる。JNN S3自体には4GBストレージがあるので、だいたい50時間分の録音データが保存できる。但しバッテリーがフル充電でも20時間で切れるので1ファイル最大は20時間の録音という事になる。

録音データを聴く・消す

このJNN S3レコーダーは録音したデータをイヤホンで聴く事ができる。但し端子がmicroUSBのみなのでこのように変換ケーブルが必要というわけ。また録音データだけでなく、PC経由で音楽ファイルをストレージにコピーしておけば、ミュージックプレーヤーとしても機能する。音楽ファイル形式は、mp3/wav/wmvをサポートしている。

変換コネクタを装着した状態で電源をONにすると、自動的にミュージックプレーヤーモードで起動する。(録音はできない)JNN S3 ブレスレット式 ボイスレコーダー

これでBluetooth搭載してあれば、Bluetoothイヤホンと連動させてスマホレスで音楽聴けるのに・・・と思ったが仕方ない。本品はガチでレコーダー特化であって、ミュージックプレーヤーはあくまでおまけという感覚。

なお、再生中にボリュームボタンの上下を同時押しすると「データ削除モード」になる。その後プラスかマイナスのボタンを押せば今聴いていたデータは消去される。もう一度上下同時長押しすると、JNN S3の中にある録音データは全て消去される。キャンセルしたい場合は電源をOFFにすればいい。JNN S3 ブレスレット式 ボイスレコーダー

録音された音質はモノラルだが、ビットレートは192kbpsなので人の声は結構ちゃんと聞き取れる。ただコンサートの録音といった「高音質」を求める場合にはちょっと向いていない。あくまで会議や語学教室といった、人の声を備忘録として取っておくのに適している。

まとめ:録音を意識させないデザインと機能がいい

なによりこの製品に興味を持った方は、私のように「密かに録音しておきたい」何かがある人でしょう。とは言っても盗聴目的ではなく、あくまで備忘録として。あまりにも長い会議の議事録を取ったりする場合、スマホのレコーダーを2時間も使っていてはスマホのバッテリーが心配になる。また、会議中にスマホを机の上に出しておくのもマナーとしてはNG。そんな時JNN S3なら全く違和感を与えずに録音ができるので便利なのです。

価格は4680円と少々高いが唯一無二の製品であることも間違いない。(記事作成時点)JNN S3 ブレスレット式 ボイスレコーダー

最初にも書いたけどできれば、性能そのままにOLEDディスプレイを搭載して、活動計や時計としての機能も今後は追加してくれると格段に使い勝手が増すと思うので期待。(時計をして、このレコーダーをつけているとちょっと怪しいところもあるので)

クーポン頂きました

今回紹介したJNN様より、このブレスレット式レコーダーJ3の10% OFF クーポンを頂きました。

クーポンコード :KT7QUC3J  ※使用期限  2016年6月12日 23:59まで

欲しい方はご活用くださぃ。

関連記事

JNN S3 ブレスレット式 ボイスレコーダー 20時間連続録音 授業 会議 スピーチ 打ち合わせ適用4GB ブラック 三色

コメント

*
*
* (公開されません)

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

Return Top