物欲ガジェット.com

物欲に従い、買って、使って、レビューする

【実機レビュー:後編】14インチ中華ノートPC『Jumper EZbook2』 使ってみた編

Jumper EZbook2のレビュー2回目の後編です。

前回の記事はこちら

前回レビュー記事: 【実機レビュー:前編】14インチノートPC『Jumper EZbook2』 開梱~外観チェック編

今回は、【使ってみた編】という事でで、使用感重視でいろいろと見ていきます。

日本語化は可能?

初期セットアップで言語は英語他選択できますが、日本語はありませんでした。

ただWindows10の場合、マルチランゲージ対応されているため、[Setting]→[Time & Language]から日本語をインストールする事が可能です。(ネット環境必須)Jumper Ezbook 2  日本語化

本体ストレージの空きは?

64GB eMMCのWindows10機という事で、気になるのはストレージの空き容量。こちらも確認してみました。

56.9GBのCドライブ割り当てに対して、42GBがFREEです。MicroSD(最大128GB)も使えますので、容量としてはぼちぼち。このPCに重いアプリをどっさり入れる人は少ないと思いますしね。

Jumper Ezbook2 レビュー

キーボードは使いやすい/打ちやすいか? タッチパッドの使い心地は?

ノートPCですから、気になるのはタッチタイピングの快適性です。

配列次第は6段で普通ですが、一番右側にPg Up、Pg Dn等があり、右上にはキーボードと同化した電源ボタンがあります。当然英語配列なので、「半角キーどこ?」みたいなところは最初はありますので、慣れが必要です。Jumper Ezbook2 レビューこの電源ボタンは、誤打した場合、即座にスタンバイに入ってしまうわけではないのですが、画面が真っ暗になり、ディスプレイオフのような働きをします。ここがタイピング時に「イラっ」と来るので、ちょっと困る。Jumper Ezbook2 レビューキーボード自体は非常に良く出来ていて、タイピング自体はとても快適なだけにちょっと残念。
Jumper Ezbook2 レビュー タッチパッドは本家(?)同様に広く使いやすい。ボタンは独立しておらず、パッド下部に同化している。パッド自体はサラサラで触り心地・操作性もよく、Webページを二本指でスクロールさせる事なども簡単に出来る点は良いところ。Jumper Ezbook2 レビュー

ベンチマークしてみた

Cherry Trail Z8300に4GB RAM+64GB eMMCという構成の為、Windows10自体の操作やネット閲覧、Officeアプリの基本的なものに関してはもたつきがない本機。

しかし「ハードに使っても良い感じ?」という疑問はあるわけで、それをどの程度かをサンプリングするにはやはりベンチマークなのかなと、簡易的ですがやってみました。

まずはCrystal Disk Markで、eMMCの速度を計測。Jumper Ezbook2 レビュー

Write(書き込み)が壊滅的に遅いという結果。これ見るとSDカードのほうが速いんじゃ無いかと思うくらい。ま、中華タブやPCは大概このレベルですが、それにしてもという感じ。Readはぼちぼち速いんですけどね。

PCとしてゲームやエンコードなど本格的に使おうという方は諦めましょう。前述のようにあくまでネットやタイピングというレベルです。

次にドラゴンクエストXベンチマーク。これを低品質+640×480という低解像度で動かしてみます。

Jumper Ezbook2 レビュー 「動作困難」という結果(笑)。Cherry Trailの中華タブレットだともうちょっとスコアが良かったりする(1300ぐらい)のですが、EZbook2はeMMCの性能が足引っ張っているのかダメですね。ドラクエベンチが最後まで完走しただけでもヨシという感じでしょうかね。Jumper Ezbook2 レビュー

液晶は見やすいか?

フルHD解像度(1920×1080)の液晶を搭載しているEZbook2。良いも悪いもいろいろとレビューしている今回ですが、液晶に関してはGOODと言ってあげたい。Jumper Ezbook2 レビューJumper Ezbook2 レビュー 多少明るさが足りないかなと思う部分もありますが、あくまで2万円のノートPCですからね。それでもさすがにこの解像度は綺麗で、Yahoo!を見ても文字がジャギーで汚いなんてことは一切無く、ネットを見るのにストレスは感じない。
Jumper Ezbook2 レビュー

また、液晶自体はアンチグレア(非光沢)な点もよく蛍光灯を思いっきり反射させてもこの程度なので、反射によるぎらつきはほとんど気にならない。Jumper Ezbook2 レビュー

視野角はいいか?

視野角はノートPCだと気になる所。使いやすい角度に変えて使いますからね。

視野角はIPSなら心配しなくてもいいのですが、恐らくTN液晶と思われるので、チェックしました。

正面から。これは明らかに綺麗です。

Jumper Ezbook2 レビュー 少しずつ倒していくと、薄い水色が飛んでしまう感じに。Jumper Ezbook2 レビュー めいっぱい倒したところ。アイコンの視認もできませんね。膝上に乗せてタイピングする場合にはつらいかもしれないです。Jumper Ezbook2 レビュー TN液晶は横方向の視野角は強い。Jumper Ezbook2 レビュー ここまで横から見てもアイコンが見えないとかはない。Jumper Ezbook2 レビュー

ただノートPCの場合横から見る事はほぼ無いので、あまり良い情報ではないかもしれない(汗)

まとめ:2万円台のノートPCとしては良く出来ている

ここまで2回に渡ってJumper EZbook2のレビューをしてきました。

最初に難点を言うと、キーボードの右上の電源ボタンは若干イライラします。でも大きな問題点はそこぐらいで、視野角がいまいちなのは2万円のローエンドPCだし仕方ないし、重量が1.4kgあるのも14インチノートPCと考えれば軽い方だし、こういうの分かった上で買うならなんらマイナスポイントにはならないと思います。

ゲームやExcelの重いマクロとか走らせなければ、ネットやOfficeアプリの基本操作は快適ですし、この2万円のノートPCではこういう使い方こそが合っていると言えます。

デザインも思いっきりMacBook Airのオマージュで、MacBook Airを持っている方(私のように持っていた方)なら、ニヤリとする箇所がいくつもあります。14インチなのであまり外に持ち出したりはしないでしょうから、自宅のリビングなんか置くといいかも。友人が来ても景観を損ねないデザインなので、安っぽい感じはしない、良質のノートPCですよ。

前回レビュー記事: 【実機レビュー:前編】14インチノートPC『Jumper EZbook2』 開梱~外観チェック編

GearBest販売サイトの紹介

このJumper EZbook2は、GearBestでだいたい20000円~25000円という価格で販売しています。Jumper Ezbook 2 GearBest 価格
ただこの製品の価格はセールになるとドンっと下がる傾向があり、欲しい方は常に価格チェックをしておいたほうがいいですよ。Jumper Ezbook 2 GearBest 価格
・GearBest.com販売ページ : Jumper Ezbook 2 Ultrabook Laptop – SILVER
・紹介記事: MBA風の安すぎる14インチノート『Jumper Ezbook 2』発売! RAM 4GB/フルHD搭載
・GearBest.comの紹介 : GearBest.comを利用して中華デバイスを安く輸入するのも面白い
・GearBest.com買い方ガイド : 中国のGearBest.comでデバイスを買って輸入する方法~注文から届くまで

Comments & Trackbacks

  • Comments ( 2 )
  • Trackbacks ( 0 )
  1. 放熱できず、使っているうちにスピード落ちるのだけが問題。

    底面プラスチックぶった切って開けた窓に接着剤で金属の網を張り、
    そこに触れるようマザボの上に放熱シートを重ねました。

    さらに、レジストリいじって電源プラン:高パフォーマンスに設定し、
    CPUを最高速のままで固定。

    2週間経ちますが、熱によるフリーズもなく快適です。
    図画工作レベルの筐体改造なんて、1万円台の機体だからできるんですよね。
    サイコーのおもちゃです(笑)

    • 確かにもっさりしてくるなと思っていたのですが、放熱が原因でしたか。情報ありがとうございます。
      「ぶった切って」⇒凄い! そこまでやるとは!

      11.6インチ版も発売されたので、そちらも使ってみようと思います。

コメント

*
*
* (公開されません)

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

Return Top