物欲ガジェット.com

物欲に従い、買って、使って、レビューする

キックスタンド&スタイラスペンが付いたお買い得タブレット『Jumper EZpad 5SE』レビュー! 開梱~外観チェック編

今回は10.6インチフルHDを搭載した中華タブレット『Jumper EZpad 5SE』のレビューです。Jumper EZpad 5SE こちらは「Everbuying」様からサンプル提供して頂いてのレビューです。

このJumper EZpad 5SEは、10.6インチでフルHD解像度を持ったタブレットです。大きな特徴としては、単なるタブレットではなく、Surfaceタイプのキックスタンド搭載している点で、更にSurfaceと似たタイプカバーキーボード(オプション販売)とドッキングさせる事で、Surfaceのように使える所が特徴です。。

紹介記事: Surfaceタイプのキックスタンド搭載『Jumper EZpad 5SE』発売! スタイラス付属の10.6インチフルHDでお買い得価格~

更にスタイラスペンも標準で添付されており、簡易的なペンタブとして、またメモを取ったり手書き入力などにも使えます。

今回は第一回目のレビューという事で早速開梱と外観チェックレビューしていきたいと思います。『Jumper EZpad 5SE』レビュー

主要スペック

まずは主要スペックをおさらい。
CPUはCherry Trail AtomのZ8300という中華タブレットおなじみのもの。これにRAM 4GB + 64GB ROM(eMMC)という構成。

画面は10.6インチで解像度はフルHD(1920×1080)とこのサイズとしては高めの解像度。
OSはWindows10 Homeのみで、中国のタブレット特有のデュアルOSではありませんが、これはWin10をメインで使う方にとっては歓迎すべき点です。Androidなどの別OSとのデュアルブートだと、少ないストレージを分け合うことになりアプリインストール等で容量を使うWindowsにっては厳しいので、Surfaceライクに使えるEZpad5SEとして、Win10のみというのは正しい選択だと思う。

キーボードはオプションですが、基本的には10インチ越えのWindowsタブレットは使い勝手の面でキーボード必須と言っても良いぐらいで、EZpad5 SEの場合は特にSurfaceのようなタイプカバーキーボードがつけられるのでよりスタイリッシュになります。(今回のレビューはキーボード無しと言う事でやや残念ですが)

  • CPU :Intel Cherry Trail Z8300 64bit Quad Core 1.44GHz, up to 1.84GHz
  • OS: Windows10
  • RAM + ROM : 4GB RAM + 64GB eMMC
  • ディスプレイ : 10.6インチ IPS 液晶
  • 解像度 : 1920 x 1080
  • バッテリー : 6600Ah battery
  • カメラ: リア 2MP / フロント 2MP
  • microSD: 最大128GB
  • WiFi /Bluetooth :WiFi 802.11 b/g/n 、Bluetooth4.0
  • インターフェース : USB3.0 x1、USB2.0 x1、microUSB x1,MiniHDMI x1、ヘッドホンジャックx1
  • サイズ: 27.50 x 17.10 x 1.00 cm / 700g
  • Languages: Supports multi-language

Jumper EZpad 5SE 開梱

Jumperのタブレット特有のブラックの梱包箱。その箱を開けると発泡スチロールにしっかりと梱包された本体の上にはスタイラスがちょんと乗っている。『Jumper EZpad 5SE』レビュー

袋から取り出ししたところ。『Jumper EZpad 5SE』レビュー同梱物は、マニュアル、MicroUSBケーブル、スタイラス。

充電はmicroUSBケーブル。充電器自体は貼付されていないので、自分で用意する必要がある。『Jumper EZpad 5SE』レビュースタイラスは任天堂3DSのものかと思うぐらい小さいのですが、サイドにボタンもあり、見た目以上にしっかりしている。『Jumper EZpad 5SE』レビュー『Jumper EZpad 5SE』レビュー『Jumper EZpad 5SE』レビューただ、本体に内蔵できるわけではないので、この小ささの為紛失しそうで怖い。

画面には保護フィルムが貼ってあります。『Jumper EZpad 5SE』レビュー 剥がして使うのですが、その下にも保護フィルムがあり、助かります。ただ気泡も入ってたり、指の滑りはあまり良くないので、気になる人は別途用意した方が良いでしょう。『Jumper EZpad 5SE』レビュー

外観チェック

ここからさくっと外観チェックしていきます。

正面。この様にキックスタンドを立てて自立してくれます。『Jumper EZpad 5SE』レビュー右サイド。こちらには下からスピーカーx1と、microSDスロット、USB2.0、イヤホンジャックがあります。『Jumper EZpad 5SE』レビュー

左サイド面。上からUSB3.0、microUSB、miniHDMI、スピーカーがある。『Jumper EZpad 5SE』レビュー

背面および上部。『Jumper EZpad 5SE』レビュー

上部には電源/ボリュームボタンがあります。ここもSurface風でグレーの同色ボタンとなっている。『Jumper EZpad 5SE』レビューキックスタンドはこのように開いて支えてます。『Jumper EZpad 5SE』レビュー スタンドは2段階で調整でき、この角度まで開きます。『Jumper EZpad 5SE』レビューちょうどヒンジ角としては90度ぐらい。ロックはされないものその中間でも使う事ができます。

下部側面には、キーボードとのドッキングポート。『Jumper EZpad 5SE』レビュー今回はキーボード無しモデルの為、ドッキングしませんが、オプションキーボードを接続するとこのようになります。

ざっと開梱から外観もで紹介してきましたが、あまりにも長くなるので今回はここまで。
レビューは【実機レビュー :基本機能チェック編】に続きます。

Jumper EZpad 5SEの価格と購入方法

このJumper EZpad 5SEは、Everbuyingで194.03ドル(約2万円)という価格で発売しています。※価格は記事作成時点Jumper EZpad 5SE レビュー・Everbuying販売ページ : Jumper EZpad 5SE Tablet PC

今回のレビューではキーボード無しモデルでしたが、キーボードセット版は212ドルで約2.2万円です。Jumper EZpad 5SE レビュー・Everbuying販売ページ : Jumper EZpad 5SE Tablet PC+専用キーボードセット


ちなみにキーボード単体でも販売していて、こちらは22.59ドル。数ドル程度ですが、専用キーボードセットのほうがコスパは良いですね。ただ価格はクーポンやセール等で随時変化するので、あくまで記事作成時点ではという但し書き付きですが。

Everbuyingからの輸入送料は3-7営業日で届く高速配送の「Expedited Shipping」(DHL)は、なんと0.99ドルとオトク過ぎる設定。100円ですよ・・・DHLの配送料が。是非ともこのオプションを付けましょう。
通常の無料配送では15-20営業日かかりますので、早くて2週間、遅い場合は1ヶ月かかります。すぐ欲しい方はこのExpedited Shipping=高速配送のOptionを付けましょう。4-7営業日で届く予定で、配送もDHLやUPSなどの有名国際配送業者となる為、安心感があります。

Everbuyingでの購入方法などは、下記記事に取り纏めていますので、参考にしてください。
・Everbuyingの買い方ガイド :中国のガジェット通販サイト『Everbuying』で安く中華デバイスを買ってみよう

コメント

*
*
* (公開されません)

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

Return Top