物欲ガジェット.com

物欲に従い、買って、使って、レビューする

11.6インチSurface似中華タブレット『Jumper EZpad 5s Flagship』を日本語化する方法

Surfaceクローンとも言ってもイイJumper EZpad 5s Flagshipのレビューをしていますが、開梱したりキーボード付けたりと言うところまでやりました。ま、クローンと言っても、大メーカーも似たようなものだし、Jumperが中華メーカーだからと「ぱくりだ!」というのは可哀想。2.6万円前後でキーボード付きSurfaceが手に入ると思えば、Jumperの凄さが分かります。

さて話は戻して今度は日本語化です。Jumper EZpad 5s Flagship レビュー 日本語化

Jumper EZpad 5s Flagshipは出荷状態では英語版として起動してます。

中華タブレットなので、当然ながら日本語は入っていませんが、Windows10はマルチランゲージ対応されており、日本語化が簡単にできます。

Windows10を日本語化する

「Windowsボタン」をタッチ⇒「Setting」⇒「Time and Language」とタッチしていく。
Cube iWork10 Flagship レビュー 日本語化
「Region & Language」の項目で、「Country or region」を「Japan」にし、「Add Language」をタッチする。Cube iWork10 Flagship レビュー 日本語化
[ADD LANGUAGE]画面になるので、「日本語」を探しタッチする。Cube iWork10 Flagship レビュー 日本語化下記のような画面に戻り、日本語の項目が表示される。ここで「Set as default」をタッチする。Cube iWork10 Flagship レビュー 日本語化次に「Options」をタッチする。Cube iWork10 Flagship レビュー 日本語化
下記画面となるので、赤丸の部分の「Download」をタッチして日本語の言語パックをダウンロードする。Cube iWork10 Flagship レビュー 日本語化ダウンロードが完了すると、下記のように「再起動後にインストールが完了します」という意味のメッセージに変わるので、再起動します。Cube iWork10 Flagship レビュー 日本語化

再起動後、無事に日本語パックが適用されると普通にデスクトップ画面になりますが、まだ英語のままです。

そこで、再度「Windowsボタン」をタッチ⇒「Setting」⇒「Time and Language」とタッチし、更に「Region & Language」の項目のJapaneseの「Options」をタッチします。そして「Set as default」をタッチ。Cube iWork10 Flagship レビュー 日本語化すると、日本語の項目に「Will be display language after next sign -in」と表示されるので、指示どおり一度サインアウトして、サインインする。

これで日本語化が完了します。Jumper EZpad 5s Flagship レビュー 日本語化Jumper EZpad 5s Flagship レビュー 日本語化
Jumper EZpad 5s Flagship レビュー 日本語化

日本語化は簡単

Windowsの場合、マルチランゲージ仕様なので、基本的にはここに書いたようにOS標準の機能だけで日本語化は可能で簡単です。

ここではJumper EZpad 5s Flagshipの日本語化として記事にしていますが、中華タブレットはこのWindowsのマルチランゲージ対応により、どのWindowsタブレットでも基本的には容易に日本語化が可能です。(中華タブに限らず、Windowsが動くものでしたら、ノートPC等でも可能)

その為、Windows機をなにかしら検討する際、性能面さえ問題無ければ、基本的には言語問題を意識せずに済む。これは本当に有り難く、海外から端末(特にタブレット)を輸入して使うと言う事に抵抗がなくなります。

と言う事で、このJumper EZpad 5s FlagshipもいよいよSurface3に近づいたと言った感じです。

関連サイト/関連記事

・GearBest販売ページ:Jumper EZpad 5s Flagship 2 in 1 Ultrabook Tablet PC
・GearBest.comの紹介 : GearBest.comを利用して中華デバイスを安く輸入するのも面白い
・GearBest.comの買い方ガイド :「中国のGearBest.comでデバイスを買って輸入する方法~注文から届くまで」
・レビュー記事: Surface風中華タブレット『Jumper EZpad 5s Flagship』実機レビュー! 開梱~外観チェックまで
・レビュー記事:Surface風中華タブレット『Jumper EZpad 5s Flagship』実機レビュー! キーボードの使い勝手はどう?
・Jumper EZpad 5s Flagship紹介記事: Surfaceライクのキックスタンド型11.6インチタブレット『Jumper EZpad 5s Flagship』

Comments & Trackbacks

  • Comments ( 2 )
  • Trackbacks ( 0 )
  1. はじめまして。購入を検討しているのですが、こちらの端末はMiracastに対応していますか?

    • kouさん、初めまして。
      スペックを細かく見てみましたが、Miracast対応とは書いていません。
      私も使っていないので確かな事は言えませんが、IntelはMiracastではなくWiDi(WiFi Direct)をBayTrail世代からサポートしていて、Jumper EZpad 5s Flagshipに搭載されているCherry Trail Atomでもサポートしています。

      そして、WiDIの規格自体に、Miracastが取り込まれた為、WiDi=Miracastという事になっています。
      http://k-tai.impress.co.jp/docs/column/keyword/20130115_581678.html

      なので恐らく動作するものと思われますが、保証はできません。

コメント

*
*
* (公開されません)

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

Return Top