物欲ガジェット.com

物欲に従い、買って、使って、レビューする

Amazon『Kindle月替わりセール』が今月ももうすぐ終了~移動時間に読みたい私なりのオススメ・買いたい本

Amazonの電子書籍本であるKindle本ですが、毎月開催している『Kindle月替わりセール』が今月も終了に近づいています。今月安いものが来月は定価に・・ということになりますので、欲しい本があれば買い漏らしが無いようにしたいですね。概ね40-60%割引となっていますよ。
Amazonセールページ :Kindle月替わりセール

Kindleは定価なら買いませんが、半値以下なら電子書籍を買ってます。で、とりあえず安いときに買っておいて、あとでゆっくり読むというパターンがKindleには良いんですよね。1,000円以上の本はなかなか買いづらいですが、300-500円ぐらいで買えると、本の出費がかなり抑えられます。英語の勉強本のように何度も読み返す本は電子書籍には向かないと思ってますが、通勤時や移動時にさくさくと読みたいビジネス本などはKindleがいいですね。

対象期間

対象は149タイトル。キャンペーン期間は2017年03月31日までとなります。

オススメ・買いたい本

割引率は明記されていませんが、概ね40-60% OFFの模様。実際かなり安いのも多いのでこういうセールを活用しておきましょう。

Amazonセールページ :Kindle月替わりセール

いくつか独断でオススメ・買いたい本をピックアップしてみました。

おとなの教養 私たちはどこから来て、どこへ行くのか?

池上さんの本が349円です。まだ読んでませんがとりあえず買いました。大人が身につけておくべき教養について、「宗教」「宇宙」「人類の旅路」「人間と病気」「経済学」「歴史」「日本と日本人」という7つの項目を歴史的に掘り下げて、いまの自分を知る足がかりにすると言う本。歴史って年号覚えるものじゃく、過去の人達の成功と失敗、そしてエゴなどを知り、自分に当てはめることで知識として活かせると思います。そういう頭の中の整理をしてくれる本じゃないかと思います。

なぜ、あなたの仕事は終わらないのか スピードは最強の武器である

元・マイクロソフトのエンジニアさんの本。いわゆる仕事術本で、こういう本こそ移動時間でさくっと読みたい。
私も外資系にいたのでよく分かりますが、仕事が期日までに終わらない人というのは合理的に仕事が出来ない人というレッテルを(見えないながらも)貼られるのが外資系。ゴールまでの道筋を逆算し、更にリスクも考えて余裕をもってやる。ギリギリになって「うわー間に合いません」なんて言えないし言ってきて許されるのは新人だけ。でもちゃんと事前にリスクがあれば説明して理解してもらうことで、リスク回避をしてくれる。アメリカ系企業は特にそういう合理的観念の世界です。

で、これは仕事だけでなく全てにおいて言えること。プライベートで旅行計画をたてるなんてのもそうですね。スピードは最強の武器になり得ます。日本企業でも実践すれば毎日ノー残業とか可能ですよ。(速く仕事が終わると上司が仕事をバンバン投げてくるとかの外的要因は除く)

伝説のプレゼンターへの道!

「プレゼン下手の克服方法からプレゼンテクニックまでを99円で学べるならあり」と思って買ってみました。まださくっと見ただけですが、プレゼンそのものが私も苦手でしたので、筆者の地道な努力は自分に当てはめて「うんうん」と涙無くて読めません。結局プレゼン力は場数の多さに比例するのですが、その場数を単なる失敗経験値稼ぎにせず、できる限り成功に導く必要があります。仕事だとそうそう失敗できませんし、就職面接なんかも一発勝負のプレゼンですから失敗したくない。そういう失敗しない経験談やノウハウが学べる本です。こういうのも電車の中でさくっと読めそうです。

お金が貯まる「体質」のつくり方

これはタイトルにやられました。以前お金の哲学本(?)として有名な「金持ち父さん貧乏父さん」を読んで以来「アパート経営したい」とか漠然と思うだけで自分の中ではまだ消化出来ていません。でも「お金の貯まる体質」と言われるともうちょっと身近な感じがしてちょっと読んでみたい。ずぼらでついつい浪費がちな自分への戒めの為に・・・つまり自己啓発として読みたいと思ってます。
価格的にも599円と単行本の半額以下なのでオススメです。

興味がある方は、Amazonをちょっと覗いてみては?

Amazonセールページ :Kindle月替わりセール

 

コメント

*
*
* (公開されません)

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

Return Top