物欲ガジェット.com

物欲に従い、買って、使って、レビューする

【15% OFFクーポン有】スマホと連動しちゃう血圧計『Koogeek スマート血圧計(手首式)デジタル血圧計 』を使ってみた

広告

今回はKoogeek様から提供して頂いた『スマート血圧計』のレビューです。
スマート体温計のレビューの後ですが、今回は似たようなパターンの血圧計です。この血圧計も「スマート」という名前が付いている通り、スマホとデータ連動が可能です。毎日血圧測定をしている方にとっては、体温計のスマホ連動より遙かに便利です。

と言う事で早速使ってみました。

・Amazon 販売ページ: Koogeek スマート血圧計(手首式)デジタル血圧計

開封の儀

では開封していきます。
箱から取り出したところ。本体以外はマニュアルが入っているだけです。マニュアルはマルチランゲージで、きちんと日本語版もあります。血圧計のようないくつかボタン操作があるものは、マニュアルも日本語化されていないと戸惑いますからね。
本体外観。ボタンがいくつかありますが、基本的には電源ボタンを押すだけで血圧測定ができる。各ボタンの意味は以下の通り。側面は特に何もないが、電池カバーがあるので取り外せる。電池は単四電池の為、入手も交換も難しくない。ベルト部には、正しい測定方法が英語で書かれている。手首に強すぎないように巻き付けるだけ。あと姿勢は血圧計を胸の位置あたりに来るように軽く腕を曲げて測定する。いわゆる一般的な血圧測定方法です。

スマホとの連動は簡単

さて、本製品のウリの一つであるスマホとの連動を試してみました。まずはアプリをインストール。iOSでもAndroidでも「Koogeek」で検索するとすぐに見つかります。
インストール後は、ログインID(メールアドレス)/パスワードだけ決めたら準備はOK。

あとは「新しいデバイス」を追加するだけ。血圧計の電源さえ入っていれば、簡単にペアリングしてくれます。ペアリング後はアプリを起動して、体温を測れば自動的にデータをスマホに移行してくれる。超簡単です。なんかちょっと圧迫しすぎてデータ高めでしたが、その後下は100以下に落ち着きました。(汗)

少し驚いたのは、血圧測定後に数値を読み上げてくれる機能がある点。「英語」でかなり大きめの音で読み上げるので、家族が寝ている近くでは絶対に測定してはいけません。もしやったら迷惑がられるのは間違いない。ちなみにこの音声はOFFにできますので、最初だけビックリすると思います。(音声は英語/フランス語/スペイン語かOFFが選択可能)

スマホとデータ連動してくれる血圧計は便利

私自身は毎日血圧を測ることはありませんが、実家の父が医者に言われて毎日測定しています。いつもノートに計測データをメモっているのを見ていたので、こういうスマホと自動で連動してくれる血圧計はかなり助かるはずです。もちろん複数の人(家族)で使っても大丈夫なように、アプリ側でユーザーを必要分作成して分けてデータ蓄積も可能です。

父の日等の何かの記念日などに親に贈り物として渡すのも良いかも知れませんね。

価格はAmazonで3,999円(関東は送料無料)で販売しています。・Amazon 販売ページ: Koogeek スマート血圧計(手首式)デジタル血圧計

15% OFFクーポンコードあります

Koogeek様より、物欲ガジェット読者向けに15% OFFとなるクーポンコードをいただきました。

クーポンコード : 8Y87WH97 (使用期限 2016年12月31日まで)

3,399円と更にお安くなりますので、欲しい方はご活用下さい。

関連サイト

・Amazon 販売ページ: Koogeek スマート血圧計(手首式)デジタル血圧計

コメント

*
*
* (公開されません)

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

Return Top