物欲ガジェット.com

物欲に従い、買って、使って、レビューする

【日本でも発売!】HUAWEIも縦長ディスプレイ!6インチ『Mate10 Pro』発表! IP67防水+上下極小ベゼルでインフィニティディスプレイライク

広告

HUAWEIがドイツのイベントにてフラッグシップスマートフォン「Mate10」および「Mate10 Pro」を発表しました。

その中からHUAWEI Mate10 Proを紹介いたします。

左右ベゼルレス+上下極薄ベゼルのAMOLED

Mate9 Proから見るとデザイン上は完全にフルモデルチェンジしたMate10 Pro。路線は今流行の縦長ディスプレイで、Galaxy S8+のような左右ベゼルレスで上下ベゼルも極小となったほぼインフィニティディスプレイと言っていいデザイン。

解像度はフルHD+(2160×1080)で、AMOLED(有機EL)ディスプレイです。Mate10が2K(2560×1440)なので、解像度的にはProのほうが低いのですが、実用上それほど差が無いと思います。またMate10 同様にHDR対応です

画面占有率としては81.61%で、iPhone Xより僅かに上回ります。

しかし、Mate10と違いホームボタンはなく、指紋認証センサーは背面の一般的な位置に配置されます。とは言え、Galaxy S8+やGalaxy Note8のようにカメラの横では誤打しやすく、押しやすい位置にしているとアピールしています。

カメラはデュアルカメラで現状維持もローライト下での撮影能力向上

カメラに関しては、HUAWEIお得意のライカデュアルレンズカメラで、背面に20MPモノクロ+16MPカラーの二つのレンズを備えます。こちらはMate10と性能は同じ。

Mate10 同様にローライト下でより鮮明に写真が撮れるようになりました。

以下発表会での比較ですが、Galaxy Note8、iPhone 8 Plusより明るく鮮明に撮れます。

SoC(CPU)はKirin970、RAMは6GB

SoCはHUAWEI傘下のHiSilicon Technologies製 Kirin 970で、2.36GHz x 4 + 1.8GHz x4のオクタコア。更に12コアのGPU( i7 co-processor, Mali-G72)を搭載します。これもMate10と共通。

HUAWEIではKirin970をNPU( Neural network Processing Unit)と呼んでいて、AI専用プロセッサとなっている。クラウドでディープラーニング処理をするとレスポンスが悪いので、スマートフォンの中で処理することができるようになり、AI演算比では従来の25倍の処理速度になります。

RAM/ROMはそれぞれ6GB / 12GBで、Mate10の4GB / 64GBより増加しています。

防水対応

Mate10 ProではIP67レベルの防水に対応しました。

Mate10ではIP53レベルの防滴仕様でしたが、Mate10 ProではIP67という事で、水中に水没してもある程度は大丈夫な仕様です。(水中で使えるレベルではなく、瞬間的な水没に対応できるレベル)

日本でも発売決定! カラー/発売日/価格

カラーは4色で タイタニウムグレー、モカブラウン、ミッドナイトブルー、ピンクゴールドとなっています。

Mate10との違いはブルーがある点で、こちらはかなり深いブルーで良い色です。個人的には買うならこの色かなと。

発売日は2017年11月で、HUAWEIが発表した1st Waveには日本もは入っています。

対応周波数帯は、当然日本の3キャリアをカバーする周波数帯となっています。

FDD-LTE: Band 1/2/3/4/5/6/7/8/9/12/17/18/19/20/26/28/32
TD-LTE: Band 34/38/39/40

価格は、799ユーロで、日本円では約10万5700円と相当高めの価格設定。日本ではMate9の時にはヨーロッパより遙かに安い価格で販売してくれたので、期待しても良いのかもしれません。

Mate10 との価格差は1.3万円程度なので悩ましいところ。ホームボタンの有無と、横幅の差(3.3mm、Mate10 Proのほうが細い)で好みが分かれると思います。私なら使い勝手優先でMate10かなぁというところですが、RAM容量的に6GBが絶対なのであればMate10 Proですね。

発表会フォト/その他イメージ

主要スペック

製品 HUAWEI Mate10 Pro
ディスプレイ 6.0インチ 2160×1080 FullHD+
18:9 AMOLED HDRディスプレイ
CPU Kirin 970
Octa-Core CPU (4*Cortex A73 2.36GHz + 4*Cortex A53 1.8GHz) + i7 co-processor, Mali-G72 MP12 GPU
RAM 6GB
ROM 128GB
OS EMUI 8.0 (Android 8.0ベース)
カメラ 背面 2000万画素(モノクロ)+1200万画素(RGB)
前面 800万画素
バッテリー 4000 mAh
ネットワーク WiFi 802.11a/b/g/n/ac
Bluetooth 4.2 ,NFC
SIMスロット nano SIM x2 (BLA-L29)
LTEデュアルスタンバイ
*nano SIM x1 (BLA-L09)
SDカードスロット microSD (最大256GB)
*nanoSIMスロットと併用
3G/
4G(LTE)
BLA-L29(Dual SIM版):
SIM1:
FDD-LTE: Band 1/2/3/4/5/6/7/8/9/12/17/18/19/20/26/28/32
TD-LTE: Band 34/38/39/40
UMTS(WCDMA)/HSPA + /DC-HSDPA: Band 1/2/4/5/6/8/19
TD-SCDMA: Band 34/39
GSM/EDGE: 850/900/1800/1900MHz
SIM2:
FDD-LTE: Band 1/2/3/4/5/6/7/8/9/12/17/18/19/20/26/28/32
TD-LTE: Band 34/38/39/40
UMTS(WCDMA): Band 1/2/4/5/6/8/19
GSM/EDGE: 850/900/1800/1900MHz
サイズ 154.2 x 74.5 x 7.9 mm
重さ 178g
その他 ・USB TYPE-C
・指紋認証センサー
カラー タイタニウムグレー、モカブラウン、ミッドナイトブルー、ピンクゴールド
価格 799ユーロ (約105,700円)

 

関連サイト

・HUAWEI公式ページ: HUAWEI Mate10 Pro

コメント

*
*
* (公開されません)

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

Return Top