物欲ガジェット.com

物欲に従い、買って、使って、レビューする

iPad miniクローンが地味に進化~Xiaomiの7.9インチ 4:3アスペクト比『Mi Pad3』レビュー!

7.9インチiPad miniクローン中華タブレット『Xiaomi Mi Pad 3 』のレビューです。こちらはGearBestさんからサンプルを提供して頂いてのレビューです。

この「Xiaomi Mi Pad 3」はアスペクト比4:3の7.9インチタブレットで、いわゆるiPad miniクローンと呼ばれるサイズです。解像度はWUXGA(2048×1536)でiPad mini 2/3/4と同様。この4:3のアスペクト比と高解像度は、ネット/動画を見たり、電子書籍を呼んだりするのに丁度良いのです。

Mi Pad3はMi Pad2の後継機ですが、違いとしてはCPU、RAM、バッテリー、カメラ、重量と幅広く改善を果たしています。

Mi Pad 3 Mi Pad 2
ディスプレイ 7.9インチ 7.9インチ
解像度 2048 x 1536 2048 x 1536
CPU MediaTek MT8176 2.1GHz ヘキサコア Intel Atom X5-Z8500 2.2GHzクアッドコア
RAM 4GB 2GB
ROM 64GB 16GB/64GB
バッテリー容量 6600mAh 6190mAh
カメラ (リア/フロント) 13MP/5MP 8MP/5MP
重さ 328g 360g

OSに関しては、現時点ではMi Pad3はAndroid7.0ベースのMIUI8のみです。*Mi Pad2はWin10版もあります

スペックとその他特徴に関しては別途以下記事もありますので、参考にしてください。

紹介記事: Xiaomi 7.9インチ 4:3アスペクト比 Mi Pad2後継『Mi Pad3』を発表! スペック比較/価格

今回は第一回目のレビューという事で早速開梱&外観チェックレビューしていきたいと思います。

主要スペック

  • CPU :MediaTek MT8176 2.1GHz ヘキサコア
  • RAM: 4GB
  • ストレージ: 64GB eMMC 5.0
  • ディスプレイ : 7.9インチ 2048 x 1536 IPS液晶
  • OS: Android MIUI8
  • バッテリー : 6,600mAh
  • microSD : 無し
  • カメラ: 前面 5MP / 背面 13MP
  • WiFi /Bluetooth :WiFi802.11a/b/g/n/ac 、Bluetooth4.1
  • サイズ: 132.6 x 200.4 x 6.95 mm/ 328g
  • インターフェース : USB Type-C x1 、ヘッドホンジャックx1

開封

パッケージの内容を見ていきましょう。タブレット本体以外の同梱品は、USB充電器とUSB Type -Cケーブル、簡易マニュアルのみ。USB充電器は日本でも使えるコンセントタイプ。充電は5V/2Aで2Aオーバーの急速充電には非対応。Mi Pad3の画面には保護フィルムが貼ってあるので剥がします。ただその下は液晶面で保護フィルムはないので、必要であれば各自で用意する必要があります。

 

外観チェック

ここからさくっと外観チェックしていきます。ディスプレイ側は上部にインカメラ、下部にナビゲーションボタンという一般的且つMi Pad2と同様の構成。ぱっと見先代のMi Pad2と見分けがつかないレベルなのがちょっと残念。ナビゲーションボタン周り。また画面を見て分かるとおり、日本語とGoogle Playも入っていました。ショップROM(と思われる)なのである程度利便性は高いのですが、スクショを撮るとエラーが出ているのもあり、後ほどOfficial ROMに変更したいと思います。USB Type -Cポートは下部にあり、これもMi Pad2と同様。Mi Pad2が発売された頃はUSB Type -Cなんて珍しいポートでしたが、今では当たり前になりつつありますね。当然Type Cのほうが使いやすい。
右側面には電源/ボリュームボタンがある。ここも特に目立った変化・特徴はないものの、金属のボタンは質感も高く押しやすい。上部にはイヤホンジャック。左側には何もありません。背面。上部には1300万画素のカメラがあります。Mi Pad2の800万画素からは大幅に進化しています。タブレットにそこまで本格的なカメラが必要かというと無いような気もしますね。ビデオチャットでもここまでの画素数は必要ないのですし。ただ子供の運動会iPadで撮影している人も居ますし一定の需要はあるのかなぁという感じは受けます。背面下部にはデュアルスピーカー。YouTube等で聞いてみましたが、タブレットとしては良い音です。

重量

重さの計測です。カタログ値と全く同じ、328gでした。
Mi Pad2からは32g軽量化しているわけですが、手に持った感触も薄くて軽いなと体感できます。バッテリー容量が6600mAhでこちらも6190mAhから増量している事を考えると、地味ながら着実な進歩をしています。 今回のレビューはここまで。
次回はMediaTekになったSoC(CPU)がどの程度のものかをベンチマークしてみたり、電子書籍リーダーとして使ってみたりして、もうちょっと使用感的なものを取り纏めたいと思います。

Xiaomi Mi Pad3の価格と購入方法

このXiaomi Mi Pad 3ですが、価格はGearBestにてセールで29,307円という価格で発売しています。※価格は記事作成時点

GearBest販売ページ: Xiaomi Mi Pad 3 Tablet PC

GearBestの配送料は、3-10営業日で届くExpedited Shipping(主にDHL)が440円とリーズナブルですが、Priority Line(国内は日本郵政/佐川/クロネコヤマト)は無料配送です。海外からの輸入でこの送料は異常に安い。荷物のトラッキングもできますので、安心感が違います。※下記は違う製品のものですが、Priority Line(国内はクロネコヤマト)でのトラッキング状況です。発送してしまえば到着までは早かったです。GearBestでの購入方法などは、下記記事に取り纏めていますので、参考にしてください。

・GearBest.comの紹介 : GearBest.comを利用して中華デバイスを安く輸入するのも面白い
・GearBest.comの買い方ガイド :「中国のGearBest.comでデバイスを買って輸入する方法~注文から届くまで

Comments & Trackbacks

  • Comments ( 3 )
  • Trackbacks ( 0 )
  1. media link player for dtvをこのタブレットで使えるかどうかをレビューして下さい。

    以前中華タブレットを購入しましたが使えなくて困ったんですよね。
    是非お願い致します。

    • DTCP-IP 有償アプリの人柱は怖いので、Lite版で試してみようかな

      • 返信ありがとうございます。
        そうなんですよね。

        DTCP-IPはスペックにのってないんですよ。

        是非試してみて下さい。
        これからも楽しみにしてます!

コメント

*
*
* (公開されません)

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

Return Top