物欲ガジェット.com

物欲に従い、買って、使って、レビューする

【本日最終日】mineoが『800円x3ヶ月割引+2GBx12ヶ月』キャンペーンが3月31日まで! Amazonギフト券も1000円もらえる

Advertisements

格安SIM(MVNO)のマイネオ(mineo)が、『800円割引x3ヶ月+2GBx12ヶ月』キャンペーンを実施します。mineo キャンペーン

キャンペーン期間は2016年1月21日から2016年3月31日まで。

また別枠で「Amazonギフト券 1000円分がもらえる」キャンペーンも実施中。(開催期間は同じです)

キャンペーン内容

何がオトクになるかというと、以下3点です。

  • 月額料金から800円 x3ヶ月割引
  • データ容量を2GB上乗せ x12ヶ月

キャンペーンが適用されるプランは、500MB/1GB/3GB/5GB/10GBの各プランで、au SIM(Aプラン)/docomo SIM(Dプラン)のどちらでも適用されます。
*10GBプランは2016年1月21日より開始

つまり、3GBプランで充分な人は、1GBプランで契約したほうがオトクという事になります。
また大容量で5GBの契約をしたいけど、月額が高いと悩んでいるなら、3GBプランで契約すれば1年間は5GBで運用出来ることになります。

キャンペーン申し込みページは下記から行けます。
mineo(マイネオ)キャンペーンサイト

キャンペーン適用条件

ここが一番気になるところですが、今回のキャンペーンでは『通話SIM(デュアルタイプ)』のみが適用条件です。mineo キャンペーン
単純に音声通話機能付きの音声SIMで契約すれば、キャンペーンが自動的に適用になります。

通話SIM(デュアルタイプ)の縛りですが、MNPにて他社転出に関しては、12ヶ月未満の解約は違約金がかかります。つまり同一番号で他車転出は違約金という事になるのですが、その番号を使わないで契約解除という形なら縛りはありません。

極端の話ですが、800円割引の3ヶ月の間にmineoを使って不満に感じたら、通話SIMで使用している番号は要らないのであれば、そのまま解約しても違約金はかかりません。

データSIM(シングルタイプ)での契約ではキャンペーンが適用されませんのでご注意ください。

mineo紹介キャンペーンでAmazonギフト券1000円分がもらえる

また、同時にAmazonギフト券1000円もらえる紹介キャンペーンというのも実施中です。こちらは上記条件のデュアルタイプ(音声SIM)でなくてもOKで、シングルタイプ(データSIM)でも適用されます。mineo紹介

参加方法は簡単で、下記の物欲ガジェット.com用のLinkからmineoに申し込むだけです。

http://mineo.jp/syokai/?jrp=syokai&kyb=F1J6C7U7W2

このキャンペーン。紹介者と紹介された方の双方にAmazonギフト券が頂けるので、もしご検討中でしたらお願いいたします。

ちなみにAmazonギフト券1000円分の付与は、mineoと契約後に与えられる「****@mineo.jp」のメールアドレス宛に契約4ヶ月目の月末までに送られるので、普段はgmail等を使っていても、@mineo.jpのメールアドレスも使えるようにしておかないといけません。

mineoの料金プランとキャンペーン適用後の価格

auのSIMとドコモのSIMで料金プランが違いますが、価格差は90円auSIMのほうが安いだけです。

今回のキャンペーンに照らし合わせると、ドコモの音声通話SIM(デュアルタイプ)を契約する場合、12ヶ月2GB増量を加味して1GBプラン(+2GBでトータル3GB)は1,500円。ここから3ヶ月間は-800円が適用されるので、当初三ヶ月間は約700円で運用出来ることになります。(その他ユニバーサルサービス料が数円だけ発生します)

mineo キャンペーン

マイネオの特徴は以下記事でもご覧になれますが、続けて特徴をまとめておきます。

格安SIMで最初に契約したいオススメMVNO 3社『mineo(マイネオ)』偏

マルチキャリアパケットシェアのメリットは大きい

キャンペーン以外にもmineoには魅力があります。
それはmineoがauとドコモの2キャリアのSIMを取り扱うという点。

そのメリットはau/ドコモの壁を越えて、パケットシェアができたり、パケットギフトと呼ばれる「家族以外にもパケット(データ容量)を分け合える」仕組みがあります。mineo マイネオ キャンペーン パケットシェア 繰り越し

家族で格安SIMに移行したい(している)場合や、一人で端末を2台持っている場合、使い方によってはデータはかなり余ることが多い。
mineoでは使っていない分のデータは繰り越しできるのですが、更にそれを家族でシェアできたり、他人にあげる事もできるというサービスです。

私の場合、1台はau端末に入れているmineo SIM、もう1台はSIMフリー機に入れているmineo SIMがあります。
互いに3GB契約なので合計6GBあるわけです。

この時、1方で3GBフルに使い切ってしまうと、翌月は繰り越しが無いので3GBのままですが、もう一台が1GBしか使っていなければ、余った2GB分を翌月に2つのSIMでシェアできます。

これがau SIMでもドコモSIMでもできるので、とても助かっています。

実際このメリットが大きい為、私はau端末に入れているSIMをUQモバイルからmineoに移動させてしまいました。

速度も速いmineo

MVNOの場合、速度に関しては「速い」というのは恒久的な意味を持たないものですが、現時点ではmineoはか充分速いです。

私の仕事場である横浜駅付近では、昼時の混雑時間帯でも常時1Mbpsを超えていますので、重いYouTube動画を見たりしなければ混雑時間帯でも快適に使えます。

au版のmineo SIMも使っていますが、どちらも常時回線品質の向上をしているようで、爆速とまではいいませんが、ネット見るのに必要充分なスピードは備えています。

mineoは速度低下するか?

ただ上記でも書いたとおり、格安SIM:MVNOは「利用者数」と「速度低下」の戦いです。
速いという噂を聞きつけてきたり、キャンペーンで利用者が増えると、自設備の回線ではまかないきれずに速度低下がおきます。
これはどこのMVNOでも起きるので、速度低下した後に回線増強を手際よく出来るかが鍵。
ではmineoはどうでしょう。
老舗でもあるし、速度低下を放置することはあまりなく、適宜増強をしています。実際極端に遅いというのはほぼなく、しかしながら爆速でも無いというバランスの取れた運用をしているなと実感しています。

また、mineoの潔い所は、「縛りがほぼ無い」という事。そう、転出が簡単なのです。通話SIMで契約し、その番号のままMNPで転出しない限り、全てのプランで違約金ゼロがmineoの方針。
と言うことは嫌だったらすぐ止めて移動が可能なわけです。(他のMVNOは通話SIMは1年縛りが多いので嫌でも1年契約となってしまう)

せっかくキャンペーンまでして利用者が増えても、「遅いから他のにするか」となっては意味がありませんからね。

キャンペーンの適用期間は2016年1月21日から2016年3月31日まで。

キャンペーン申し込みページは下記から行けます。
mineo(マイネオ)キャンペーンサイト

関連サイト

格安SIMで最初に契約したいオススメMVNO 3社『mineo(マイネオ)』偏
mineoドコモ版が健闘! NifMoと遜色ない速さ

Comments & Trackbacks

  • Comments ( 2 )
  • Trackbacks ( 0 )
  1. いつも拝見させてもらってます。初期費用がかかるので3ヶ月ためしに使ってはけっこう損じゃないですか?

    • いつも見て頂いてありがとうございます。
      確かに初期費用分はかかります。
      しかし、通常は初期費用3240円+月額費用がかかるわけですから、それが初期費用3240円のみで、3ヶ月使えるなら損とまでは言えないかなと思いますよ。月額費用が従量制の0SIM(So-net)でも初期費用はかかりますし。(まぁMVNOの初期費用一律3240円は私も「これで儲けようとしてない?」とか思いますけどね。)

コメント

*
*
* (公開されません)

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

Return Top