物欲ガジェット.com

物欲に従い、買って、使って、レビューする

Oittm『LEDが光る bluetooth スピーカー』を試す! 見た目以上に音も本気で使えるスピーカー

最近のBluetoothスピーカーは多様化してきていて、LEDで光るものも増えてきました。
光ると何か良い事が?? いや機能的にはないです(汗)

でもかっこいいし、盛り上がります。
私はアウトドアキャンプもやりますし、近頃は子供と親で部屋を貸し切って食事会とかもします。
そんなとき、こんなBluetoothスピーカーを持っていくと確実に話題になります。

Oittm LEDがワイヤレススピーカー Bluetooth4.0 ポータブルスピーカー

Oittm『LEDで光る bluetooth スピーカー』 レビュー OT-1024-JP
イコライザのように音に合わせて光るし、様々な光らせ方(6パターン)があり、それだけでも「おおー」と皆さん遊んでくれます。Oittm『LEDで光る bluetooth スピーカー』 レビュー OT-1024-JP
そんな光るBluetoothスピーカーを今回はOittm様から提供頂きました。
とにかく光る光る! そんなBluetooth LEDスピーカーを今回はレビューします。Oittm『LEDで光る bluetooth スピーカー』 レビュー OT-1024-JP

スペック

販売ページではあまりスペックが書かれていないので、マニュアルからスペックを抜粋してみました。

  • Bluetooth : Bluetooth 4.0
  • プロトコル: A2DP v1.3 / AVRCP v1.5 / HFP v1.6 / HSP v1.2
  • 出力 : 10W x2
  • バッテリー :リチウムバッテリー 7.4V 3600mAh
  • 充電 : MicroUSB  5V/1A (満充電まで約5時間)

開梱の儀

早速箱を開けた所。Oittm『LEDで光る bluetooth スピーカー』 レビュー OT-1024-JP
同梱物はスピーカー本体、USBケーブル、3.5mmステレオミニジャックケーブル、マニュアルです。カラーはブラックとシルバーがあるのですが、シルバーはメタル感が出てシックでかっこいい。Oittm『LEDで光る bluetooth スピーカー』 レビュー OT-1024-JP

ちょっと電源を入れてみました。軽く赤く光っています。マニュアルは英語ですね。Bluetoothのペアリングさえ完了すれば、あとは直感的に使えますのでそれほどマニュアルは重要ではないですが、最初だけしっかり読みましょう。Oittm『LEDで光る bluetooth スピーカー』 レビュー OT-1024-JP

本体レビュー

電源やコネクタは下部に集中している。左から電源ボタン、MicroUSB(充電)端子、AUX-IN(有線接続)。Oittm『LEDで光る bluetooth スピーカー』 レビュー OT-1024-JP 充電すると、LEDが点灯する。
Oittm『LEDで光る bluetooth スピーカー』 レビュー OT-1024-JP 反対側にはマイクがある。Bluetoothでスマホと接続した際に、電話が掛かってきた時に本スピーカーで受話すると、このマイクを通じて話す事ができる。Oittm『LEDで光る bluetooth スピーカー』 レビュー OT-1024-JP

底部はゴムの台座があり、簡単に倒れたりしないように配慮されている。
Oittm『LEDで光る bluetooth スピーカー』 レビュー OT-1024-JP 反対側の上部。Oittm『LEDで光る bluetooth スピーカー』 レビュー OT-1024-JP
ボタンと機能はマニュアルにも書いてあるが、Amazonの商品紹介ページに詳しく載っているのでそちらから拝借。全てタッチセンサーによるボタンになっていて、突起は一切無いシンプルなデザイン。
Oittm『LEDで光る bluetooth スピーカー』 レビュー OT-1024-JP

重さも量ってみた。実測で487g。ちょっと重いかなと思いますが、10時間連続再生のバッテリーが入っているので、それを考えれば仕方ない。キャンプなんかで使うと、まるまる一日再生している事もありますし、逆に10時間くらい再生してくれないと困る。(アウトドアでは電源環境も限られているので、できるかぎりデバイス本体のバッテリーだけで使い続けられるのが理想)Oittm『LEDで光る bluetooth スピーカー』 レビュー OT-1024-JP

電源投入してBluetooth接続してみた

早速電源をOnにして、Bluetooth接続してみました。初回起動時はBluetoothペアリング探索モードになるので、スピーカー側は電源を入れているだけでOK。

あとはスマホなりPC側でペアリングしてあげればOKです。

Oittm『LEDで光る bluetooth スピーカー』 レビュー OT-1024-JP「Realsound」という名称でデバイスが見つかるのでペアリングするだけ。簡単。

PCも当然繋がります。

ただマルチペアリングには対応していないようで、PCで一旦ペアリングすると、スマホでは接続できず。PC側でデバイス削除をしたらスマホで接続できるようになりました。

イルミネーションLEDの光り方

LEDの光り方は6パターン。

全部を紹介できないので、一部だけですが写真撮っています。Oittm『LEDで光る bluetooth スピーカー』 レビュー OT-1024-JPOittm『LEDで光る bluetooth スピーカー』 レビュー OT-1024-JPOittm『LEDで光る bluetooth スピーカー』 レビュー OT-1024-JPOittm『LEDで光る bluetooth スピーカー』 レビュー OT-1024-JPOittm『LEDで光る bluetooth スピーカー』 レビュー OT-1024-JP最後の写真が音楽に合わせてカラーが変わっていくイコライザーのように動くモード。音量やテンポによって光り方が変わるので見ていて飽きない。家族・友人が来た際、子供達にも見せましたが大人気。こういう派手なものはウケが良いですね。ちなみにライトのオフが出来ないとAmazonレビューに書いてありましたが、LEDボタン長押しで消灯できました。

360度スピーカーの音質は?

見ての通り円筒形スピーカーで、音の広がりは360度のように見えます。ただ実際は360度ではなく300度ぐらいで指向性はありますね。Oittm『LEDで光る bluetooth スピーカー』 レビュー OT-1024-JP

こちらの背面側は音が通りにくく、正面側はやはりパワーのある音になります。

音質的には低音~高音まで満遍なく迫力ある音が出ます。ただあえて言えば強いのは低音~中域。ただかといって高音域が弱いというわけでもなく、意外と凄い・・・感心してしまった。LEDの派手さに目が行きがちですが、音は値段以上に迫力ありです。さすがは10w x2 のパワー。Oittm『LEDで光る bluetooth スピーカー』 レビュー OT-1024-JP

映画やクラシックなどはかなり迫力があって、充分外部スピーカーとして楽しめます。ボーカル曲などでも低・中音域が太いので、室内で聞いている限りは普通に良い音です。それほど大音量に上がる事はなく、最大音量でも意外と聴けるレベル。20-30畳ぐらいの部屋で大人数で聴きましたが充分な音量と迫力です。アウトドアはまだ未体験ですが、これほどの音なら充分使えそうです。

総括: LEDだけではない実力

価格的に7,000~8000円の為、なかなか気軽に手を出せるものではないのですが、似たような競合製品から比べれば圧倒的に安価です。

性能としては見た目通りの派手さが基本なスピーカーですが、音も意外にも(失礼)良いので驚きました。バッテリーも10時間は普通に使えるし、文字通りポータブルBluetoothスピーカーとしてアウトドアでも活躍してくれそう。

あまりべた褒めしてもいかんと思いますが、本当に欠点が少ない。あえて言うと、上部のタッチボタンは好みが分かれるところ。物理キーではないので、押した感触がなく、ボリューム上下も必ず印字をよく見て押す必要がある。そういう細かい使い勝手はデザインとのトレードオフで、どちらを重要視するかはユーザー次第でしょう。私個人的には、上部が物理キーだとデザインが台無しな気もしますので、こういうスタイリッシュなスピーカーというカテゴリではタッチボタンで良いと思う。

イルミネーションは「音楽を聴く」という点に関してはあくまでオマケでしかありませんが、多人数が集まる中ではみんな興味を持ってくれるし、そういう場では一役買ってくれますよ。もちろんスピーカー本来の性能もしかりしているので、オススメです。

関連サイト

・Amazon 販売サイト:Oittm LEDがワイヤレススピーカー Bluetooth4.0 ポータブルスピーカー

コメント

*
*
* (公開されません)

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

Return Top