物欲ガジェット.com

物欲に従い、買って、使って、レビューする

【実機レビュー#3】8インチ+WUXGA+デュアルOS+メタルボディ『Onda V80 Plus』レビュー! ベンチマークとか気になる点編

Advertisements

Everbuying様にご提供頂いて、8インチでWUXGAの解像度を持つメタルボディタブレット『Onda V80 Plus』のレビューをしていますが、今回は3回目です。今回で最終回です。

前回までの記事はこちら

【実機レビュー#1】8インチ+WUXGA+デュアルOS+メタルボディ『Onda V80 Plus』レビュー! 開梱の儀編
【実機レビュー#2】8インチ+WUXGA+デュアルOS+メタルボディ『Onda V80 Plus』レビュー! 外観チェック編

今回は、【 ベンチマークとか気になる点編】という事で、その名の通りベンチマークを走らせてみたり、ストレージ配分の確認、あとちょっと気になる点をなどをまとめてみました。

ベンチマークしてみた

とりあえず実力の目安となるベンチマークを走らせたくなりますね。一番分かりやすいAnTuTuベンチマークを走らせてみました。
結果は・・・57,079。Cherry Trail Atomだとだいたい6万ぐらいのはずですが、少し及ばない。Onda V80 Plus ベンチマークただAndroidの動作に関しては、このスコアで不満な動きになることは少ないでしょう。Androidタブレットの世界ではローエンドで20000-30000,ミドルレンジで40000-60000でしょうから、かなり高めではあります。

AndroidとWindows10でのストレージ配分は?

ストレージはたったの32GBしかないのですが、デュアルOSの為、少ないストレージをAndroidとWin10で振り分けることになります。

そこでどの程度のストレージ配分か調べて見ました。

まずはAndroid。5.81GBの割り当てに対して、3.95GBの空きですね。Onda V80 Plus ストレージ かなり少ないのですが、Androidに関してはmicroSDを使用してできるだけ待避させ、Windows10の為に残りのストレージを使うという感じでしょう。ではそのWindows10は・・・

19.4GBの割り当てに対して、5.92GBがフリー・・・いやはやカツカツです。Onda V80 Plus ストレージ

32GBという限られたストレージなのでやむを得ないですが、Windows/Android共に、アプリケーションをインストールする際は、可能な限りMicroSDにするようにしないと厳しいですね。Win10ではMicroSDをHDDの様にマウントする事もできますので、そうしてSD側にアプリケーションをできるだけインストールしていくしかないでしょう。

気になる部分

ストレージもかなり厳しいのですが、もうちょっと気になった部分は画面の浮き。Onda V80 Plus 画面前回のレビューでは、TECLAST X80 Powerと比較して「画面輝度や発色がいい」と褒めたところですが、今回は逆にマイナス要素です。これ中華タブレットでは一般的な問題でもあり、私も最近慣れてきたものの、やっぱり気にはなります。タッチ面と画面の間に隙間があるように見える(実際あるんでしょうが)ので、せっかくの綺麗な画面がすこし奥まって見えてしまうのは残念かな。

最近はCHUWI HiBook Pro、Onda V80 SEなどが、OGSディスプレイというのを採用しはじめ、これらは「隙間」を無くして、美しいディスプレイに仕上げています。こういった時代の変化を見てしまうと、すこし旧式に見えてしまうところはあります。

まとめ: ライバルX80 Powerと悩むぐらいの出来

8インチWUXGA解像度のタブレットで、メタルボディのものというと、TECLAST X80 Powerがあり、価格的にも1万円前後でOnda V80 Plusは実質的に直接のライバルになってきます。

私の中では、X80 Powerのほうが質感は高めかな。本体は薄いし、シルバーのメタルボディはなかなか精悍。V80 Plusは発色の良い液晶はX80 Powerに完勝してますが、ゴールド(ピンクゴールドかシャンパンゴールドに近い)とホワイトの筐体は、X80 Powerと比べると男性が使ってかっこいいのかちょっと微妙な気もします。中国人はこのカラーを非常にお気に入りのようで、スマホとかのカラーでも見かけますが、Appleのようなセンスを身につけないとなかなか使うのが難しいカラーじゃないかなと思います。

しかし、1端末としてみれば1万円そこそこで充分な質感はありますし、動作もまずまず軽快で、「デュアルOSタブレットを1万円ぐらの予算で使ってみたい」という方には、かなり有力な選択肢になるでしょう。メタルボディタブレットは「もうプラスチック筐体のタブレットに戻れない」というぐらい質感が段違いですから、興味がある方は是非お試し下さい。

Onda V80 Plusの価格と購入方法

このOnda V80 Plusは、Everbuyingで100.17ドルという低価格で発売しています。※価格は記事作成時点Onda V80 Plus 実機レビュー Everbuying価格はクーポンやセール等で変わってきますが、性能を考えればこの価格でも充分安いですよ。

高速配送である「Expedited Shipping」はわずか3.99ドル(450円ほど)と激安なので、是非ともこのオプションを付けましょう。
通常の無料配送では15-20営業日かかりますので、早くて2週間、遅い場合は1ヶ月かかります。すぐ欲しい方はこのExpedited Shipping=高速配送のOptionを付けましょう。4-7営業日で届く予定で、配送もDHLやUPSなどの有名国際配送業者となる為、安心感があります。

・Everbuying販売ページ : Onda V80 Plus Tablet

Everbuyingでの購入方法などは、下記記事に取り纏めていますので、参考にしてください。
・Everbuyingの買い方ガイド :中国のガジェット通販サイト『Everbuying』で安く中華デバイスを買ってみよう

コメント

*
*
* (公開されません)

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

Return Top