物欲ガジェット.com

物欲に従い、買って、使って、レビューする

バッテリー容量6080mAh搭載『OUKITEL K6000 Plus』が発売! 4GB RAM/64GB ROM/5.5インチフルHD

広告

中国のスマートフォンメーカーOUKITELより「OUKITEL K6000 Plus」が発売されました。大容量バッテリー搭載スマホとして、既にUlefone Power2を紹介済みですが、Ulefone Power2は6050mAh、このOUKITEL K6000 Plusは6080mAhと僅かですが容量はこちらが勝っています。ただこれぐらいだと誤差の範囲内レベル。

スペック的にもほぼ双子かというぐらい似てます。SoCはMT6750Tの1.5GHzオクタコア、RAM 4GB、ストレージ64GB、5.5インチフルHD液晶と基本スペックが全て同じ。MT6750TはAnTuTuで40,000点ぐらいのローエンドのちょっと上ぐらいの性能です。

見た目上もホームボタン兼指紋認証があり、かなり似ています。「ちょっとUlefone Power2のほうが丸みがあるなー」ぐらいしか分かりません。サイズも数~0.数ミリ程度の範囲で違いますが、概ね一緒。それでもこういう大容量バッテリー搭載スマホの選択肢の幅が広がったというのは「バッテリー命」の方にとっては朗報でしょう。

主要スペック

  • CPU :MediaTek MT6750T Octa-core 1.5GHz
  • RAM: 4GB
  • ストレージ: 64GB
  • ディスプレイ : 5.5インチ フルHD解像度(1920×1080)ディスプレイ
  • OS: Android 7.0
  • バッテリー : 6080mAh
  • カメラ: 16MPリア / 8MP フロント
  • SIMサイズ: Dual sim Dual Standby, nano SIM x 2
  • microSD: 最大256GB
  • USB : Micro USB interface
  • WiFi /Bluetooth :802.11 a/b/g/n、Bluetooth4.0
  • サイズ/重量:  155×76.6×9.6 mm / 207g
  • ネットワーク:2G: GSM 850/900/1800/1900MHz
    3G: WCDMA 900/2100MHz
    4G: FDD-LTE 800/900/1800/2100/2600MHz
  • 日本語ロケール: 不明
  • カラー : グレー/ゴールド
  • その他 : PE 2.0, 9V/2A急速充電

フォト/イメージ

大容量バッテリー搭載スマホの選択肢が広がってきた

6080mAhのバッテリー搭載の為、207gとやや重めですが、モバイルバッテリーを別途持ち歩く必要が無いのであればこれぐらいの重さは許容できる範囲かと思います。性能的にも5.5インチフルHDで4GB RAM + 64GB ROMと余裕がありますし、SoCもローエンドの底辺レベルではなく、ゲーム以外ではある程度さくさく動くと思います。

価格はGearBestで24,081円、Geekbuyingでは199.99ドルなので価格的にはGearBestとほぼ同じでしょう。ライバルのUlefone Power2がセールで179.99ドルと安いので若干割高に見えますが、OUKITEL K6000 Plusも恐らくセールをするでしょうからあまり変わらないと思われます。

電池持ちを改善したいなら、有力な1台ではありますね。

GearBest販売ページ: OUKITEL K6000 Plus 4G Phablet – BLACK

レビュー記事: 【実機レビュー】2日間は余裕で使える~大容量6080mAh搭載スマホ『OUKITEL K6000 Plus』

関連ページ

・メーカー公式ページ : OUKITEL K6000 Plus
・GearBest.comの紹介 : GearBest.comを利用して中華デバイスを安く輸入するのも面白い
・GearBest.comの買い方ガイド :「中国のGearBest.comでデバイスを買って輸入する方法~注文から届くまで」
・GeekBuyingの紹介 :GeekBuyingでガジェット輸入してみる? 中国のガジェット通販サイトGeekBuyingの紹介
・GeekBuyingの買い方ガイド : GeekBuyingの買い方ガイド~ユーザー登録から決済手続きまでやってみた
・Banggoodの買い方ガイド :Banggoodで買って輸入してみよう~買った商品が届くまで

コメント

*
*
* (公開されません)

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

Return Top