物欲ガジェット.com

物欲に従い、買って、使って、レビューする

1万円台でデュアルレンズカメラを搭載した「OUKITEL U20 Plus」のレビュー! 開梱~外観チェックしてみた

広告

1万円台でデュアルレンズカメラを搭載した「OUKITEL U20 Plus」のレビューです。

今回は、KKmoon様より端末をご提供頂いてのレビューです。Amazon販売ページ:KKmoonR OUKITEL U20 Plus スマートフォン 5.5インチ 13.0MP+0.3MP デュアルレンズバックカメラ

OUKITEL U20 Plusは、シャープ製5.5インチフルHD液晶を搭載したSIMフリースマートフォン。大きな特徴としては、背面に1300万画素と30万画素のデュアルレンズカメラを搭載している点。デュアルレンズカメラでバカ売れしているHUAWEI P9は1200万画素レンズを2つ搭載している事からするとやや2つ目のレンズ画素数に不安を覚えますが、そのあたりは実際使ってみてどうなるかが楽しみ。

その他細かいスペックは別途下記にまとめてますが、基本スペックはそれほど高いものではありません。

SoC(CPU)はMediaTek MTK6737 1.5GHzオクタコア、RAM 2GB + ストレージ16GBと、スマートフォンとしてはローエンドです。それもそのはずで1万円台で買える端末なのでこのあたりは仕方ないでしょう。
しかしシャープ製5.5インチフルHD液晶を搭載しているので、画面は綺麗。カメラもデュアルレンズカメラで綺麗に撮れる。「スペックはそこそこでいいから大画面で写真が綺麗に撮れる端末がいい」という方には良さそうな端末です。

今回はレビュー前編として、開梱~外観チェックをしていきます。

主要スペック

  • CPU :MediaTek MTK6737 Octa Core 1.5 GHz
  • RAM: 2GB
  • ストレージ: 16GB
  • ディスプレイ : 5.5インチ シャープ製ディスプレイ
  • 解像度 : 1920×1080 フルHD
  • OS: Android 6.0 Marshmallow
  • バッテリー : 3300mAh
  • カメラ: 13MP+0.3MP rear / 5MP front
  • SIMサイズ: Dual sim Dual Standby, Micro SIMx1 + nano SIM x1 (1つはmicroSDと共用)
  • microSD: 最大256GB
  • USB : microUSB interface
  • WiFi /Bluetooth :802.11 b/g/n/、Bluetooth4.0
  • サイズ/重量:  154mm x 77.5mm x 85mm / 195g
  • ネットワーク:2G: GSM 850/900/1800/1900MHz
    3G: WCDMA 900/2100MHz
    4G: FDD-LTE 800/900/1800/2100/2600MHz (B1/3/7/8/20)
  • 日本語ロケール: あり
  • その他 : 指紋認証センサーあり

パッケージング内容

KKmoon様から送られてきたパッケージ一式。スマホ以外にも、USB充電器、電源コネクタ変換、スマートフォンスタンドが付いています。本体の箱を開けると、TPU製の専用ケースに入った本体が登場します。マイナーな端末だけに最初からカバーがついているのは有り難い。とりあえずこのカバーを使い、あとはじっくり好みにあったカバーを探すことができます。ちなみに今回レビューするカラーはグレー。他にゴールドもあります。同梱物は、さきほどのKKmoon様の添付物以外は、日本のコネクタ形状には合わないUSB充電器とmicroUSBケーブルとなっている。KKmoonのUSB充電器を使っても良いし、同じく変換コネクタを使用して純正のUSB充電器も使えるようになっている。

外観

ここからはOUKITEL U20 Plusの外観をざっと見ていきます。

5.5インチフルHDのディスプレイがある前面。少し薄い色合いではありますが、発色もよく1万円台のスマホとしては上出来。さすがシャープ製。下部にはナビゲーションボタンがある。反応は良好ですが、ややチープさはありますね。下部充電端子はmicroUSB。2017年現在ではちょっとレガシー感がある。メタルっぽく見えるサイドモールもプラスチックです。ただまぁこのあたりはコスト重視の端末だし、仕方ないですね。左側面には電源/ボリュームボタンがある。一番右が電源ボタンで、左二つがボリュームボタン。ボリュームが2つに分かれているのは感覚的に押しやすくていい・・・ただカバンや内ボケに入れといて、手探りでボタンを探すと電源と押し間違えることもありました。このあたりは慣れかなという気もしますが、もうちょっと電源ボタンを離してくれたらいいのに。ちなみに箱にはTOMTOPのシールが・・・未開封でした。

さて右側面。こちらにはSIMスロットがあるのですが、このSIMスロットはちょっと特殊。

ぱっと見、SIMスロットは1つだけですが、実は両面に挿入します。microSIM + nao SIMか、microSIM + microSDの組み合わせになります。例えばこのように表にはmicroSIM、、、、
裏にはmicroSDを入れて、2本の指で落ちないように押さえつつ挿入しなければならない。頻繁にSIM/microSDを入れ替えると言う事はないので最初だけ苦労します。上部にはイヤホンジャックがあります。背面。指紋認証センサーと上部にデュアルレンズカメラ。見た目はiPhone7 Plusと同じような感じで、カメラが主張しすぎずデザインに溶け込んで良い雰囲気。こう言ってはあれなんですが、安い端末なので下手に派手目に配置すると余計にチープ感を漂わせる気がしていたのです。だからこういうあまり目立たない配置は安いスマホには良いのかもと思ってしまいました。

重さ

重量も量ってみました。196gとスペックの195gと誤差の範囲内。5.5インチとやや大きめのディスプレイを背負っているだけに多少重いのは仕方ないですが、メタルボディでもないのでもうちょっと軽く出来なかったのかなというのが率直な感想。ただ左右ベゼルもこの価格帯のスマホとしては薄めだし、角も丸いので持ちやすく、196gという数字ほど重さは感じないのは良い所です。私はメイン機に5.9インチのHUAWEI Mate9(190g)を今は使っていますが、こちらのほうが体感上は重いです。こういうのは感覚的なものですが、デザイン/形状で結構印象は変わるものですね。

次回、ベンチマークやもう少し使い込んで、注目のデュアルレンズカメラを使ってみた感想を取り纏めたいと思います。

OUKITEL U20 Plusの価格

このOUKITEL U20 Plusですが、価格はAmazonにて18,500円で販売しています。※価格は記事作成時点

5% OFFクーポンあります

KKmoon様より、Amazonで5% OFFで買えるクーポンコードを頂きました。

クーポンコード: WL2DWYEV (使用期限 : 2017年4月30日)

Amazon販売ページ:KKmoonR OUKITEL U20 Plus スマートフォン 5.5インチ 13.0MP+0.3MP デュアルレンズバックカメラ

ご活用ください。

関連リンク

・OUKITEL 公式ページ :OUKITEL U20 Plus
紹介記事 : デュアルレンズカメラ搭載で1万円台! 5.5インチフルHD『OUKITEL U20 Plus』が発売開始!

コメント

*
*
* (公開されません)

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

Return Top