物欲ガジェット.com

物欲に従い、買って、使って、レビューする

Amazon Kindle本【30%~40%ポイント還元】カドフェス電子版2017キャンペーン

Amazonの電子書籍本であるKindle本。定価で買うのが馬鹿らしくなるぐらいセールが多い。賢く電子書籍ライフを送りたければ是非ともセールやキャンペーンを活用しましょう。今回は、【30%~40%ポイント還元】カドフェス電子版2017キャンペーン開催中なのでご紹介。

カドフェス電子版2017キャンペーン

名作・新作がずらり

角川書店と角川eBookシリーズ、角川ソフィア文庫などの角川の文庫本シリーズが30%~40%ポイント還元中です。

キャンペーン期間は2017年6月29日(木)まで

限りなく完璧に近い人々 なぜ北欧の暮らしは世界一幸せなのか?

「デンマークが世界一幸福? 世界一税金が高いのに? 高齢化、社会保障、移民、格差、地方衰退。北欧諸国も私たちと同じ問題を抱えている。なのになぜ?『英国一家、日本を食べる』の著者が幸福度の秘密に迫る!」
北欧って興味はあるのですが、ヨーロッパよりはよく知らない国で興味がある。IKEAとかオスロコーヒーで「北欧ってひとくくりにしてしまうけど、どういう文化?」と興味が湧いた方は読んではいかがでしょうか?

カドフェス電子版2017キャンペーン

ザ・マジック ザ・シークレット

結構有名な本なんですが、レビューを読むと「読んだら幸せになれる」みたいな事が書いてあり、幸せの壺でも買わせられるんじゃないかと怖くてなかなか買えない本(汗)。ロンダ・バーンの本はだいたいこういう宗教とまではいかないけど、ポジティブに考えてごらん的な本が多いので、興味はあります。

「あなたが誰であったとしても、どこにいるとしても、今どんな環境の下にいようとも、このマジックがあなたの全生活を変えてしまうでしょう!」という謳い文句には興味あるのですが、1210円の30%還元なら買っても良いかなと思えます。カドフェス電子版2017キャンペーン

FAILING FAST マリッサ・メイヤーとヤフーの闘争

本書はグーグルの副社長から、アメリカ Yahoo!のCEOになったマリッサ・メイヤーの闘いの記録。米国のYahoo!はとうとうベライゾンに中核事業を売却、その後アルタバに社名変更してしまいました。そこまでの経緯は書かれていないものの、2015年あたりまでの「迷走するYahoo!」をどう率いて、どう戦っていたのかは気になります。

カドフェス電子版2017キャンペーン

その他にも

合計で約800タイトルが対象なので、他の本で溜めたポイントバック分でもう一冊買うのもいいですね。気になったら、キャンペーンページで探してみて下さい。

キャンペーン期間は2017年6月29日(木)までなのでお早めに。

カドフェス電子版2017キャンペーン

使い出すと離れられないKindle

Kindleなしの生活は成り立たないくらい私の読書ライフはKindleに依存してます。ただそれだけの本を読めるのはこういう「セール」を活用して「安いときに買う。そしてあとで読む。」という事をしているから。こういう/50%割引の時に読みたい本は買っておく。それだけで本に掛ける代金はぐっと抑えられます。

中古の文庫本などを探せばもっと安いというケースもありますが、探すのが面倒という点と、本は基本両手で読むものです。通勤の際、Kindleなら片手でスマホ、片手はつり革に掴まって、ページ送りはボリュームボタンでできるというメリットがあります。(但しiPhone等のiOS除く) 電車、バス通勤・通学の人にはKindleはうってつけですよ。

カドフェス電子版2017キャンペーン

 

 

コメント

*
*
* (公開されません)

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

Return Top