物欲ガジェット.com

物欲に従い、買って、使って、レビューする

AppleがiPhoneを落としても割れないし水に浮く特許を取得! でもこれ美しくない・・・

アップルがiPhone用に「スマホ落下時に自動的にバンパーが飛び出す」技術を特許として取得しました。

それがこれ。
Shock Absorbers iPhone
Source : appleinsider

落下時に自動的にに「にょき」っと飛び出す

apppleinsiderの記事によると、特許の内容は落下をセンサー(加速度/マイク/ドロップイベントなど)で感知したら格納してあるバンパーが飛び出し、iPhoneを保護する仕組みです。
バンパーの素材はラバー、発泡体、プラスチックなどの素材(或いは複合素材)でできており、運動エネルギーを分散させるようになるだろうとの事。
iPhone 落下バンパー 特許
またこのバンパーが破損、劣化した場合はパーツとして交換も可能だそうです。

iPhoneが浮く!?

そして凄いのは、これらのパンパー素材が浮力体としても機能する点です。iPhone 落下バンパー 特許
一般的にスマートフォンの事故としては、トイレなどの水場が多く、それらを防ぎたいという意味でこの浮力体が使われる模様。
あくまで水没予防的な使い方で、水の中に落としても完全に水没する前の数秒で救いだせる時間を稼ごうという仕組みのようです。

記事でも「フロートとしては機能しない」と書いてありますから、「これで完全防水だ。海のレジャーにも使える」とは思わないように。

有り難い機能だが美しくない

電車に乗っているとディスプレイが割れつつもを使っている人をよく見るiPhoneですが、この特許の機構によりディスプレイ割れからは回避できる素晴らしいニュース。

でもやっぱり美しくない。
機能美とはほど遠い。

まぁアップルのやることなので、この特許の画像のまま製品に反映する事は無いと思いますが、もしこのバンパーが搭載されたら簡単にはベッドの上に放り投げたり出来なくなりますね。

疲れて仕事や学校から帰ってきたら、iPhoneをベッドや布団に放り投げる。
するとシャキッとバンパーが出てしまい「もうーまたやっちまった。」と四隅のバンパーを自分で格納する姿は結構恥ずかしいものがあります。

コメント

*
*
* (公開されません)

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

Return Top