物欲ガジェット.com

物欲に従い、買って、使って、レビューする

パズルスマホ?モジュラーで交換可能な『PuzzlePhone』が面白い

Advertisements

液晶やバッテリー、CPUなどのパーツが取り外して交換できるスマホ『PuzzlePhone』がクラウドファインディング:Indiegogoで資金調達中。
フィンランド発の新しいスマホなんですが、これが結構面白い。PuzzlePhone

全てが交換可能

PuzzlePhoneは3つのモジュールに分解でき、それぞれが交換可能だ。

PuzzlePhone

1.Brainは、CPU/GPU/RAM/ストレージ/カメラがセットになったモジュール。
2.Spineは、筐体フレームと液晶画面。
3.Heartはバッテリーだ。PuzzlePhone

『PuzzlePhone』を使用し、バッテリーが壊れた際は交換すれば良いし、予備バッテリーとの交換も容易だ。
また液晶サイズを変えたいといった際も、『PuzzlePhone』がアップグレードパーツを提供していれば可能。
現時点では5.0インチのFull HD液晶だけだが、5.5インチなどの「Spine」部品が提供されてくるようであれば、かなり面白くなる。

スペック

製品 PuzzlePhone
ディスプレイ 5.0インチ 1,920×1,080
CPU ARMベース 64 bits,
オクタコア
RAM 3GB
ROM 16GB/32GB/64GB
OS Android 6.0
カメラ 背面 1200万画素
バッテリー 2800 mAh
ネットワーク Wi-Fi 802.11a/b/g/n/ac
Bluetooth 4.2/NFC
SIMスロット サイズ不明
SDカードスロット
3G/
4G(LTE)
2G/3G/4G/LTE Cat4/6* (*地域により異なる)
サイズ 縦137mm/幅70mm/厚み8.9 mm
重さ 170g
価格 16GB : 333ドル(40,458円)
32GB : 444ドル(53,950円)
64GB : 777ドル(94,403円)
()内は1ドル121.4円で換算

価格はなかなか安い

16GB版のVERY EARY BIRD版は$333で約4万円。これが2016年9月から出荷開始予定だ。
その他モデルはストレージの違いとカラーリング/メタルパーツの使用有無で価格が違う。
PuzzlePhone
16GB版が4万円というのは、スペックから見るとなかなかお安い。

まとめ:鍵は継続提供とカスタマイズ性

このようなモジュール交換型スマホは既にGoogleが「Project Ara」というコンセプトを発表していて、PuzzlePhoneが最初ではない。「Project Ara」Project Araは2016年には発売したいとしている点がPuzzlePhoneと同じだが、どちらも鍵となるのはどれだけの多様性のあるパーツを提供できるかという点と、パーツを継続的に提供出来るかにかかっているだろう。
PuzzlePhoneは現在クラウドファインディング:Indiegogoで資金調達募集中だ。
現時点(2015/11/05現在)で、45,065ドル。目標は25万ドルだから、まだまだだ。
興味を持った方は応援(投資)してみては?

関連サイト

INDIEGOGO : PuzzlePhoneサイト

コメント

*
*
* (公開されません)

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

Return Top