物欲ガジェット.com

物欲に従い、買って、使って、レビューする

Qtuoのバスパワー『USB3.0対応 DVD-RWポータブルドライブ』を試してみた!

広告

最近のノートPCやタブレットを使っていて、たまに困るのがCD/DVDを読み込ませたい場合。

仕事なんかでも稀に「データをDVDに焼いてきました」と手渡されると固まってしまう(汗)

そんな時に重宝するのが、ポータブルDVDドライブ。

今回は、Qtuo様からのサンプル提供レビューです。Qtuo USB3.0対応 ポータブルドライブ CD-RW/DVD-RW外付けレコーダー

このポータブルCD/DVDドライブはUSB3.0接続でバスパワーなので、ACアダプタが要らないタイプ。持ち歩きには最適です。また、DVD RWまでサポートしているので、DVDを書き込みたい(作成したい)ケースでも対応でき、しかも2000円台とオトク価格。(記事作成時点) これが使えるのか試してみました。

・Amazon販売サイト:Qtuo USB3.0対応 ポータブルドライブ CD-RW/DVD-RW外付けレコーダー/プレイヤー Windows/Mac OS両対応 USBケーブル付き 超薄型

外観と機能

まずは梱包状態のチェック。箱はなんのデザインも無く、バルク品のようです。まぁ外箱は綺麗に越した事はないですが、価格的にも3000円アンダーですし、ドライブとして動けばそれでいいわけです。Qtuo USB3.0対応 ポータブルドライブ CD-RW/DVD-RW外付けレコーダー

箱から取り出した所。本体と、マニュアルがあるのみです。
マニュアルは英語です。Qtuo USB3.0対応 ポータブルドライブ CD-RW/DVD-RW外付けレコーダー

ポータブルDVDドライブなんてUSBポートに挿して使うだけだし日本語までは要らないですね。

ドライブとしては、以下のような性能を持っており、必要充分。ポータブルDVDドライブにそこまで高性能を求める人も少ないと思いますけどね。Qtuo USB3.0対応 ポータブルドライブ CD-RW/DVD-RW外付けレコーダー

書き込み速度
CD-R : 24X
CD-RW : 16X (US-RW)
DVD±R : 8X
DVD+R Double Layer : Max.6X
DVD-RAM : 5X
DVD+RW: 8X
DVD-RW: 6X

PCとの接続は背面からUSBケーブルを繋げるだけと、至ってシンプル。Qtuo USB3.0対応 ポータブルドライブ CD-RW/DVD-RW外付けレコーダー

ドライブは電源不要=パスパワー駆動で動作します。後ほどPCと接続していきますが、バスパワー駆動の製品は、USBハブ経由だとダメな事が多いので、可能な限りPC直結で、、、しかもPCにもUSBデバイスがあまり繋がっていない事が理想的です。このあたりがバスパワーで一番心配な部分です。

ハブ経由でもハブに電源供給されていればOKの事も多いです。

使ってみた

早速使ってみました。接続先はSurface Pro3。
USB接続しました。プラグアンドプレイでドライバは自動的にインストールされている模様、Windows10で簡単に認識しました。Qtuo USB3.0対応 ポータブルドライブ CD-RW/DVD-RW外付けレコーダー

早速CDを入れてみました。

認識しました。しかし、ドライブからデータを読ませようとすると、ダメでした。うーん。CDが回転すると電力不足なのか止まってしまいます。

これは他の中華タブレットなんかでも同様でした。電力はギリギリっぽい。

今度は、DELLの14インチノートPC「Inspiron 14」で試してみました。Qtuo USB3.0対応 ポータブルドライブ CD-RW/DVD-RW外付けレコーダー

こちらは快適に動作しますね。

手持ちのデスクトップPCにも接続しましたが、こちらも快調に使用できました。Qtuo USB3.0対応 ポータブルドライブ CD-RW/DVD-RW外付けレコーダーQtuo USB3.0対応 ポータブルドライブ CD-RW/DVD-RW外付けレコーダーこれは相性という名の電力次第のようですね。2電源あるもののほうが本来は良さそうですね。とは言ってもよくあるUSB2ポート独占しないと動かないようなデバイスの場合、SurfaceのようUSB1ポートのみだと使えないので困っちゃいますけど。

DVDの書き込みもしてみましたが、x8倍速あるので、快適に使えてます。私の場合、DVD作成の作業は、年に数回程度なので頻度は極少ですが、「DVDが作成できる」というのはありがたい。

USB3.0対応と言う事で、スピードの恩恵は受けられるかも気になる所です。もちろんUSB3.0のほうが速いので使い勝手はいいのですが、DVDのデータを満タンに入れて本体にCOPYするような事が無い限り、スピードの恩恵はあまり受けないのかも知れませんね。ただやはり高速規格に対応しているのは、「遅さ」からの開放にも(精神的にも)繋がりますので、あればあったほうがいい対応規格ではありますね。

まとめ:バスパワーは便利だけど諸刃の刃

少々相性があるPC(Surface/タブレット)もあるようですが、動けばとにかく快適です。その相性の見極めが難しいのですが、電流チェカーでUSBポート出力を測って、5V近辺の電圧と、電流が流れているか確認してみてとしか言えないのですが、販売ページのAmazonレビューをみてみるとかなりの方が使えているようなので大丈夫なのでしょうね。

使い勝手の面では、ケーブルが本体に直結されているため、ケーブルの紛失や抜き差しが不要という便利さはかなりのメリット。私の場合たまにしか使わないので、その時になって「あれ?ケーブルどこいった?」とならないのは便利です。

価格もこういうポータブルCD/DVDドライブは、4000-5000円が相場ですが約半値の2000円台という価格はリーズナブルです。

関連サイト

・Amazon販売サイト:Qtuo USB3.0対応 ポータブルドライブ CD-RW/DVD-RW外付けレコーダー/プレイヤー Windows/Mac OS両対応 USBケーブル付き 超薄型

コメント

*
*
* (公開されません)

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

Return Top