物欲ガジェット.com

物欲に従い、買って、使って、レビューする

リコール対策品【Galaxy Note7】が帰ってきた! グリーンバッテリーアイコンに! 私は愛用するぞ~

例の爆発リコールスマホ「Galaxy Note7」ですが、Etoren経由でSamsungシンガポールにリコールとして送りはや2週間。

ついに戻って参りました。Galaxy Note7 リコール 対策品サムソンからの返却品には液晶保護フィルムが添付されていました。但しガラス液晶保護フィルムではあません。有り難いけど喜び半分ですね。これだけ迷惑掛けたにしてはケチ臭い。信用を取り戻しているかというと逆撫でしている気もします。しかし、いまは恐らく何をやっても逆風だと思いますので、最低限のサービスを付けたという感じでしょう。

外箱から分かるリコール対策品

外箱には「リコール対策品かどうか分かるマーク」が入っています。と、言っても簡素なもので、下記の白いシールの右下の■マークがリコール対策品という証拠になっています。Galaxy Note7 リコール 対策品パッケージはブレイクシールされておらず、新品と思われます。Galaxy Note7 リコール 対策品完全新品のGalaxy Note7が登場。Galaxy Note7 リコール 対策品恐る恐る充電してみます。当たり前ですが本体の異常な加熱とかはありませんね。Galaxy Note7 リコール 対策品

アップデートして対策品マークである「グリーンバッテリーアイコン」にする

起動してみると、グリーンの電源アイコンマークではありません。Galaxy Note7 リコール 対策品実はシステムアップデートが必要です。これはEtorenさんから事前に情報を頂いていたので驚きませんでしたが、日本人的な感覚では「リコール品送り返す前にやっとけよ」という気もします。ただ何万台、何十万台とあるリコール対策品を一つ一つアップデートかけるより、先に端末をユーザーにいち早く戻して、各自でやってもらう方が顧客のためという判断なのでしょうね。これは正解だと思う。

WiFiに接続すると、すぐに「Software Updateがある」と通知されているので、アップデート開始。Galaxy Note7 リコール 対策品Galaxy Note7 リコール 対策品2度の再起動の後、Always Onディスプレイのバッテリーマークがグリーンに!
Galaxy Note7 リコール 対策品ホーム画面でも、右上のバッテリーマークはグリーンになっています。このグリーンアイコンを見せれば、飛行機乗る時もモメることはない・・・・はずです。Galaxy Note7 リコール 対策品

私はGalaxy Note7を愛用します

上記の通り、私はGalaxy Note7を使い続けることにしました。リコール対策を受けるかどうか、最初は迷いました。サムソン日本法人で送る前なら返金対応するという話しもあり、ちょと悩みました。しかしまぁー既に世界中からけちょんけちょんなNote7。けなされる子ほどかわいいと言いますか、あえて使い続けようと思います。

もちろんリコール対策品でも問題が出るという事であれば話しは別ですが、対策品で傾向障害(単発の偶発故障ではなく)が出ない限りは問題はないでしょうし、スペック的にも最高峰でAndroidの中では最高級レベルです。

ただ私の場合、もうNoteシリーズからは離れられないぐらい、本体格納されるSペンとメモの重要度が仕事と実生活で密着していて、「Noteシリーズ無しの生活は想像できない」ぐらい必須アイテムという事もあります。

カバンに手帳とペンは入ってますが、メモ取りの95%ぐらいはGalaxy Note5(これからはNote7)です。プライベートでも誰かと待ち合わせ場所決める際も、Google Mapにペンで図示したり、話し合った内容を箇条書きしてLINEで送ってシェアしたりとめちゃくちゃ便利。

まぁNote7以外のスマホにペンだけ用意して使うという方式も考えましたが、「あれ?ペンどこいった?」なんてなるのが嫌なんです。ポケットからNote7をさくっと出してそのままメモできる。この利便性が生活に密着しすぎて、他の選択肢は考えられないのです。

そういうしがらみもあり、私はGalaxy Note7を愛用していくことになります。もう一台知り合いのリコール対策品が届いてますが、友人は「手放す決意」をしているようです。ひとそれぞれですね。

私のように「リコール対策品なら使いますよ」という方は、ただ今Etorenさんで輸入再開していますよ。

ETOREN Galaxy Note7販売ページ

関連サイト

関連記事: 【リコール対策品で再販開始】ETORENでSIMフリー版『Samsung Galaxy Note 7 Dual Sim N930FD 4G 64G』を販売開始!
・紹介記事:海外ガジェット通販『ETOREN』は輸入が楽に!日本人スタッフ対応~保証まで万全
海外最新商品をいち早くお届け!【Etoren.com】

Comments & Trackbacks

  • Comments ( 6 )
  • Trackbacks ( 0 )
  1. 私もEtorenからリコールされたNote7が届きました。
    ただ、パッケージのシール「DO NOT ACCEPT IF SEAL IS BROKEN」が3重にも貼ってありました。
    少し小さいサイズのシールの上に、さらに2枚。どういうことでしょう?
    下の2枚のシールがBROKENだったかどうかは不明です。
    また、端末自体、あまりきれいじゃなく、布で汚れを拭き取りました。ほんとうにどういうことでしょう?

    • 自分もよく見たら、分からないように二重に貼ってました。
      端末自体は私の場合は綺麗でした。
      んー、やっぱり端末を用意するのに精一杯で、再利用できるものはしちゃおうって感じですね。

  2. 箱にも、ナイフを入れたとき擦れた跡がありました。
    保護フィルムも安っぽいですね。本当にがっかりです。
    本国では、3万円相当の利用料を負担と言われているのに。
    最低でも、Gear VR くらい付けてほしいですね。

    リコールになってすぐの、サムスン電子ジャパンの電話対応も冷たいものでした。
    NOTE 7は、いい製品なのですが、今回のサムスンの対応には失望しました。
    信頼を取り戻すには、かなりの時間が必要でしょうね。

    • >>信頼を取り戻すには、かなりの時間が必要でしょうね。

      自分もそう思います。
      すぐに全台数リコールを発表したまでは、素晴らしい決断スピードだったし、全数リコールをわずか2週間程度でやり遂げた事は凄い事だと思います。

      しかし、Galaxy Noteシリーズを愛している(少なくとも私は)ユーザーからみても、「この程度では信頼を回復するのは無理だろう」という気がします。まぁ輸入国のシンガポールではあまり売れていないというのもあって、Samsungシンガポールの対応はこの程度なのかもしれないです。
      これが日本でauとdocomoが売っていたら、本国程度のサービスは見込めたでしょうし。
      (サムソンではなくキャリアが売っているので、auとdocomoが死にものぐるいで信頼回復に努めていたはずですので)

      でも私もGearVRか、型落ち間近のGearS2あたり付けてくれてもいいのになぁとか思いますけどね。ただ台数がハンパないのでなかなかそうは行かないのも分かりますし。詫びの品よこせってのもそれはそれで寂しいので、端末が良いという部分だけでも自分は満足かなーと納得しています。
      スナドラ820クラスで、ペン内蔵して、5.7-6.0インチのスマホが他にあるなら乗り換えますが・・・。

  3. Uniさん
    >でも私もGearVRか、型落ち間近のGearS2あたり付けてくれてもいいのになぁとか思いますけどね。ただ台数がハンパないのでなかなかそうは行かないのも分かりますし。詫びの品よこせってのもそれはそれで寂しいので、端末が良いという部分だけでも自分は満足かなーと納得しています。

    少なくともそういうお詫びの品つけてくれる対象は実際に爆発したり実害受けたユーザーだけでしょうね。
    大半の人は問題ないわけで、大多数の実害なかった人にVRだの数万円するようなものを付けるというのはさすがに無理でしょうし、それをサムスンに要求なんかしたら(した人いるかもしれないですが)「おいあんた、別にあんたの端末は何もなかったでしょう?」で一蹴されて終わりのような(笑)

    サムスンは先日アメリカで洗濯機がこちらも爆発(?)する問題がありました。
    サムスン製品=危険、という印象を拭い去るのは当分難しくなったように思えます。
    ノキアやブラックベリーのような偉大なメーカーですら方向性を見誤るとシェアを大きく落とした過去があるだけに、これが機にサムスンを敬遠して他メーカーに乗り換えるユーザーも多く出てきそうな気がしますね。
    少なくともスマホに関しては良い端末を作っているだけに残念な流れではありますが。

    • ほんとご指摘の通りです。実害は、使えなかった期間がある点と、返送に手間がかかったという点ぐらいですからね。
      ただ、通常やらなくていいプロセスをユーザーにやらせた点で、お詫びが保護フィルムだけっていうのは、(私はあんまり気にしないけど)失った信頼を取り戻す方法ではないかなと思いますね。ただそれも時間が解決すると思います。スマホでは珍しいリコールですが、車なんかリコールなんて結構あります。そのリコールの際にお詫びよこせとは言いませんし、終わったらその後はすっかり忘れてます。それが普通でしょう。

      サムソンのリコール対策は、とにかく早くて適切に舵を切ったと思います。誤魔化さず、しらを切らず、冷静にデータと現状報告を照らし合わせ、即座に全台数リコールを決めました。ここを失敗していたら、仰るように大きくシェアを落としていた可能性すらありましたからね。

      しかし時間が解決すると言っても、しっかり良い製品・安全な製品を作り続けてなんぼですし、それ以上に「(悪いイメージがあったけど)このメーカーの端末を使いたい」と思わせるものを作り続ける必要があり、よりいっそう厳しい目で見られるのは間違いないでしょうね。

コメント

*
*
* (公開されません)

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

Return Top