物欲ガジェット.com

物欲に従い、買って、使って、レビューする

aptX対応Bluetoothイヤホン『SoundPEATS Q20』を使ってみた!低音が強くて迫力ありまくり!

Advertisements

今回は、SoundPEATSさんから、aptX対応Bluetoothスポーツイヤホン『SoundPEATS Q20』をお借りしたので、レビューします。SoundPEATS Q20SoundPEATS Q20

サウンドピーツはスポーツイヤホンでは有名でいくつもの製品を出しているメーカーです。この『SoundPEATS Q20』は、タイプとしてはカナル型で、同社のQ12に近い感じのイメージです。日常使いでも使える手軽さがあるというタイプのイヤホンになりますね。

そんなQ20をレビューしていきます。

主要スペック

  • Bluetooth4.1+ CSR チップ
  • Apt-x(高音質コーデック)対応
  • CVC6.0ノイズキャンセリング
  • 重量: 16g
  • 連続使用時間: 5.5時間 (スタンバイ 180時間)
  • 充電時間: 2時間
  • 保証 : 12ヶ月
  • その他:防滴

開梱の儀

箱を開けて中身を取り出してみました。SoundPEATS Q20

同梱物はイヤホン本体、イヤーピース大中小、イヤーフック大中小、USBケーブル、マニュアルがあります。カナル型のイヤホンなので、耳に合うイヤーピースを選んで取り付ける事になります。SoundPEATS Q20

SoundPEATSさんのイヤホンはケース付きが多いのですが、このQ20もキャリングケース付き。SoundPEATS Q20

ご覧のように付属品もたっぷりあるので、キャリングケースがあるといろいろと無くさずに済みます。

マニュアルは英語版。SoundPEATS Q20
操作系は音量調整と曲送り/戻し程度なのでだいたい困らないと思いますが、ペアリングのやり方だけちょっとよく読まないとできない。これが英語マニュアルの「Pairing」項目を探し出して読まないといけないのでちょっと面倒。
要はコントローラ部の真ん中のボタンを5秒間長押ししてペアリングモードにするだけなので、分からないは参考にしてください。一応初回起動時は自動的にペアリングモードで起動するので困らないと思いますが、私の場合は一度ペアリング失敗したのち、最ペアリングするのに焦りました。

Q20の外観と機能

ここからはイヤホンとしての本質的な部分を見ていきます。

まずはイヤホン部ですが、ヘッドはBluetoothイヤホンとしてはコンパクト。16gしかないので装着しても違和感はありません。SoundPEATS Q20

この左右のイヤホン部は磁石が入っていて、このようにぴたっとくっつくようになっています。これが結構便利で、マグネットでくっつけると、自動的に電源OFFとなります。外すと自動で電源ONとなります。SoundPEATS Q20

またマグネットで
付けておくとケーブルも絡まないよう一役買ってくれるのも便利ですね。

右(R)のイヤーフックを外すと、充電用のmicroUSB端子が出てくる。SoundPEATS Q20SoundPEATS Q20

カバーを外してケーブルを接続すると、この様に充電が可能。SoundPEATS Q20

ただやはりこの充電方法は面倒ですね。SoundPEATSでは近い製品でQ12というスポーツイヤホンがあるのですが、こちらはケーブルに付いているコントローラー部で充電出来るタイプでした。Q12のようなタイプだと充電の手間は少ないのですが、これはちょっとマイナス。

ボリューム調整などのボタン類はケーブル側にあるコントローラ部で行う。SoundPEATS Q20

左からボリュームアップ、マルチファンクションキー、ボリュームダウンとなっている。このボリュームボタンは長押しすると、それぞれ曲送り/戻しとしても機能します。

裏返すと、SoundPEATSのロゴとその左に穴がある。ここはマイクで、ハンズフリー電話も可能です。APTX対応であるという記載もありますね。SoundPEATS Q20

ペアリングの方法

ペアリング自体は簡単。前述のように「5秒マルチファンクションキーを長押し」という点だけ抑えておけばOK。

電源が切れた状態で、マルチファンクションキー(コントローラ部の真ん中ボタン)を5秒長押しすると、LEDが赤・青の交互に点滅します。この段階でペアリングさせたいスマホ等のBluetooth設定を開いてスキャンすると、Q20というデバイスが見つかります。あとはQ20を選択してペアリングを完了させるだけ。これはiPhoneでもAndroidでも同じですね。SoundPEATS Q20

初回のペアリングしてしまえばあとは何度もやるものではないので、やり方だけ分かれば簡単です。

音質は低中域中心

さて、イヤホンなので肝心なのは音質です。
ぱっと音を聞いて「低音がズンズン効いてる!」と感じました。SoundPEATS Q20

それくらい迫力ある良い音がします。Bluetoothのデジタルサウンドプロファイルである「aptX対応」なのもあると思いますが、低音域はしっかりとした迫力がありクラシックのようなものには凄く合います。ただロックやベースドラムなどのもともと低音重視の音楽だと、逆に迫力ありすぎて、うるさく感じる事も。

ただこれはランニング用にチューンしてあるのかなと思う。

スポーツ用イヤホンって、外の雑音とどう付き合ってくれるかが大切です。外で走っていたりすると、低音のような迫力ある音は聞こえづらいところもありますので、すこし強化しているんだろうなと。

また気になるタッチノイズ(ケーブルが肌に当たるときのノイズ)は少なめで、完全にゼロではないものの、走っている時は気にならない程度でした。

コントローラ(リモコン)の操作性がよく便利

Bluetoothイヤホンの多くは音量等のコントロールがイヤホン本体に付いているものが多いのですが、Q20はイヤホンから分離してケーブル部に付いています。SoundPEATS Q20

この為、走っている最中や、電車での移動中でもボタンを見ずとも手で触った感覚で押せるので便利。3つボタンがあったら上がボリュームアップだと分かりますからね。

まとめ:日常使いからスポーツまでこなせるイヤホン

結論から言うと、Q20は日常使いでもスポーツイヤホンとしても使える万能選手。音は迫力があり、操作性もいいし、外して保管するときはマグネットでLとRがくっついて勝手に電源OFFにしてくれる。余り使わないならキャリングケースも付いてるので、しまって置いてカバンに入れておけば、使いたいときにさっと出せますし。

これが記事作成時点で3000円ちょっとという価格なので、価格的にはかなりお買い得。SoundPEATSはBluetoothイヤホンを多数販売していますが、この価格なら下のモデル買わずにこちらを買っておいたほうが後悔は少ないですよ。

関連サイト

・Amazon 販売ページ:SoundPEATS(サウンドピーツ) Bluetooth イヤホン Bluetooth 4.1 apt-Xコーデック採用 イヤホン 高音質 防汗 防滴 スポーツ仕様 Bluetooth ヘッドホン ハンズフリー通話 CVC6.0 ノイズキャンセリング搭載 ワイヤレス イヤホン 【メーカー直販/1年保証付】 Q20 ブラック

コメント

*
*
* (公開されません)

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

Return Top