物欲ガジェット

物欲に従い、買って、使って、レビューする

【実機レビュー後編】『TECLAST T8』の電子書籍リーダーとしての実力は?ベンチマークは?など試してみた

TECLASTの8.4インチ WQXGAタブレット『TECLAST T8』のレビュー後編です。

今回は日本語やプリインストールアプリケーションの確認、ストレージ容量の空きは?といった基本的な点と、ベンチマーク、そして電子書籍リーダーとしての使い勝手を試してみました。

前回のレビューはこちら。

日本語化とプリインストールアプリケーション

デフォルトでは英語版でしたが日本語は簡単に追加/変更が可能です。また変更後は設定等のメニューもほとんどがきっちりと日本語化されます。

また。プリインストールアプリケーションは最小限で、以下のようにGoogle Play、Gmail、ChromeなどAndroidで必要となるアプリのみです。あとはGoogle Play(Playストア)があるのでお好みでアプリをインストールするだけです。

ストレージとRAMの使用量

T8は64GBストレージ搭載ですが、使用量はわずかに640MB。上記のようにアプリはほとんど入っていないので余裕で空いていますね。RAMは4GB搭載していますが、起動時の使用量はシステムとアプリで1GBほどで、2.7GBの空きがあります。

ベンチマーク結果と使用感

SoCはMTK8176で、Xiaomi Mi Pad 3などと同じです。AnTuTuベンチマークでも計測してみましたが、概ね同じスコアで81296とタブレットとしては充分なレベルです。

ローエンドのスマートフォン/タブレットが40000点台あたり、ハイエンドのスマホで15万点オーバーですから、この8万点というスコアはだいたい真ん中レベルと言って良いでしょう。ただタブレットの場合、重い3D系ゲームをしない可能性が高く、80000点もあれば実用面では充分な性能です。(ゲーム目的なら話は違いますけどね)

ゲームもパズドラを入れて見ましたが、問題無く動いています。

タブレットという性格上、ネット検索やニュース閲覧の機会は多くなると思いますが、こちらも快適そのものです。若干液晶は青っぽいのですが、WQXGAの解像度で文字の読みやすさは抜群です。

ただ兄弟機のT10と同様、WQXGAの解像度が高すぎるのか、全体的に一瞬反応が遅れるところがあります。なんというか指への追従がほんの僅かに遅れるので、敢えて言えば微もっさりがたまにあるという程度です。これぐらいは気にするほどの事でもないのですが、完璧なサクサク感を期待していると裏切られます。

電子書籍リーダーとしての使用感

8.4インチのタブレットという事で、片手で漫画や小説系の電子書籍リーダーを使いたくなります。

Kindleで試してみましたが、これはもう極上です。もちろんKindleの場合は文字サイズを自在に調整できるので、タブレットの性能云々ではなく、自分で調整できるわけで、T8が素晴らしいという事でもないのですが、Kindleで小説系を読むなら8.4インチがベストサイズだとつくづく感じました。

横幅のサイズが丁度良く、片手で握って、人差し指等でボリュームボタンでページ送りができるので、「片手読書」がはかどります。

また、漫画も同様で、このサイズは本当に見やすい。このように片手漫画リーダーとしてページ送りも指一本でできます。私の手は男性としては中ぐらいだと思いますので、よほど手のひらが小さい方で無い限りは片手で握って読めるはずです。

レビューまとめ

●Good

  • 8.4インチWQXGA解像度は発色もよく綺麗
  • タブレットとしてはベンチマーク結果が高い
  • 100ドル台後半の価格ははっきり言って安い
  • 片手でも持ちやすいサイズ
  • ベゼルも細めでデザインが良い
  • ホームボタン+指紋認証センサー置いたままロック解除ができて便利

●Bad

  • 時々ある微もっさり
  • ディスプレイが若干青みかがっている

全体的には、100ドル台後半という価格(セール/クーポン時)を考えると、充分価格以上のメリットがあるタブレットと言えます。この価格で、AnTuTuベンチマーク80000点オーバーは立派ですし、WQXGA(2560×1600)という解像度は必要以上で液晶自体もとても発色がよく綺麗です。片手で持てて読書も可能なので、電子書籍/漫画リーダーとしても優秀です。

反面、発色が良い液晶も白い背景(ネット閲覧等)の時はやや青みがかる、また時々微もっさりしたりするのは、若干気になるところです。ここは価格とのバランスという面もありそうですが、ある程度「慣れ」で解決できる部分かなぁと思います。

8.4インチで「ホームボタン+指紋認証センサー」があるだけでも私の中では充分合格で、タブレットはやはり置いて使う事が多いですし、いちいち持ち上げなくてもロック解除できるという一点だけでも価値はあると思います。

TECLAST T8 の価格

記事作成時点の価格ですが、GearBest では124.99ドルで販売中です。

・GearBest.com販売ページ : Teclast Master T8 Tablet PC Fingerprint Recognition

送料は基本無料ですが、届くまで1ヶ月程度覚悟する必要があるので、オススメしません。そのためオプション配送のPriority Lineをお勧めします。わずか3.69ドル(400円ほど)です。こちらは5-9営業日で届きますし、日本国内は佐川急便の配達ので、安心感があります。

セール/クーポン情報はこちらに追記していくので、こちらも併せてチェックしてみてください。

【日本専用クーポン173.99ドル】8.4インチ2K解像度ミドルスペックタブレット『Teclast T8』発売! ホームボタン+指紋認証付で使いやすさUp

GearBestでの購入方法などは、下記記事に取り纏めていますので、参考にしてください。

・GearBest.comの紹介 : GearBest.comを利用して中華デバイスを安く輸入するのも面白い
・GearBest.comの買い方ガイド :「中国のGearBest.comでデバイスを買って輸入する方法~注文から届くまで」

コメント

*
*
* (公開されません)

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

Return Top