物欲ガジェット.com

物欲に従い、買って、使って、レビューする

12.2インチWUXGAタブレット『Teclast Tbook 12 Pro』登場! TECLASTも12インチ市場に参入

広告

中国のタブレットメーカーのTECLASTから『Teclast Tbook 12 Pro』が発売されました。Teclast Tbook 12 Pro・GeekBuying販売ページ :Teclast Tbook 12 Pro 2in1 Tablet Intel Cherry Trail Z8300 12.2 inch Dual OS

特徴としてはCherry Trail Atomを搭載した、普通の中華タブレット基本仕様。ただ12.2インチWUXGAタブレットなのが一番の特徴でしょう。2016年前半でライバルのChuwi Hi12が爆売れしたので、TECLASTの追随してきたという感じがします。ただChuwi Hi12と違う点は、3:2アスペクト比ではなく、16:10です。また解像度も2160 x 1440からダウンしてます。ただこのTbook 12 Proは、OGSディスプレイです。Teclast Tbook 12 ProこれはCHUWI HiBook Proでも体感しましたが、中華タブレットのディスプレイレベルを一段引き上げてくれる技術。中華タブレットだとよく画面まで隙間があるように見えますが、このOGSはそれを無くしてより発色が良いディスプレイになります。これは凄く良い点。

あとのスペックはRAM 4GB、ストレージ64GB eMMC、OSはWindows10+Android5.1のデュアルOSタブレットとこのあたりはChuwi Hi12と同様です。

重量は本体のタブレットだけで908.1gと結構重いですが、写真を見る限りでは相当薄いタブレットです。あとはこの重さが専用キーボードとセットしたときにトップヘビーにならないか心配。ただぱっと見はシルバーのメタルボディで、Chuwi Hi12のようにゴールドカラーじゃ無い点では、Tbook 12 Proに軍配があがりそう。

主要スペック

  • CPU :Intel Cherry Trail Z8300 64bit Quad Core 1.44GHz (up to 1.84GHz)
  • RAM: 4GB
  • ストレージ: 64GB eMMC
  • ディスプレイ : 12.2インチ 1920×1200 WUXGA IPS液晶(OGSディスプレイ)
  • OS: Windows 10 + Android5.1
  • バッテリー : 7200mAh
  • カメラ: フロント : 2MP / リア 5MP
  • microSD: 最大128GB
  • WiFi /Bluetooth :WiFi802.11 b/g/n 、Bluetooth4.0
  • サイズ:  298 x 202.1 x 4-8 mm/ 908.1g
  • Languages: Androidは日本語あり、Win10はマルチランゲージ機能からインストール可能
  • インターフェース : MicroUSB x1 、microSD x1,ヘッドホンジャックx1、microHDMI x1
  • 専用キーボード: 別売り

写真で見る「Teclast Tbook 12 Pro」

Teclast Tbook 12 Pro
Teclast Tbook 12 ProTeclast Tbook 12 ProTeclast Tbook 12 ProTeclast Tbook 12 ProTeclast Tbook 12 ProTeclast Tbook 12 ProTeclast Tbook 12 Pro

Chuwi Hi12の1強の牙城を崩せるか

現状12インチタブレット市場は、Chuwi Hi12の1強状態で、前述のように2016年前半は爆売れしたわけですが、この1強に待ったをかけられるかがTbook 12 Proの課題。

画面解像度ではChuwi Hi12に劣りますが、それでもWUXGA解像度ですし、何よりOGSディスプレイは少なくともChuwi HiBook Proでは抜群に美しかったので、このTbook 12 Proでも充分期待できます。正直、同じスペックでOGSとnon OGSの差が5000円あっても、私ならOGSを選びたい。それぐらい違いがあります。

気になる価格は、GearBestではセール時は26,000円程度Banggoodでは約30,000円で販売しています。キーボードはBanggoodで5,600円程度で販売中。(GearBestでは在庫切れの模様)。

キーボード自体の重さは書かれていないのですが、2in1タブレットは重い液晶とのバランスを取るため、本体とほぼ同重量になることが多いので、恐らく1kg弱かと思います。ドッキングさせるとトータル2kg弱となりポータブル性はあまりありませんが、基本自宅用で時々持ち出しなんて用途なら良いですね。

関連ページ

・GearBest.comの紹介 : GearBest.comを利用して中華デバイスを安く輸入するのも面白い
・GearBest.comの買い方ガイド :「中国のGearBest.comでデバイスを買って輸入する方法~注文から届くまで」
・GeekBuyingの紹介 :GeekBuyingでガジェット輸入してみる? 中国のガジェット通販サイトGeekBuyingの紹介
・GeekBuyingの買い方ガイド : GeekBuyingの買い方ガイド~ユーザー登録から決済手続きまでやってみた
・Banggoodの買い方ガイド :Banggoodで買って輸入してみよう~買った商品が届くまで

Comments & Trackbacks

  • Comments ( 3 )
  • Trackbacks ( 0 )
  1. Chuwiも負けてませんよ。新製品としてHi12 Remixを売り出す予定だそうです。参照URLページ主の日本人の方がマニュアルの翻訳を頼まれているそうです。Hi12に比べてバッテリー容量のアップとRmixOS(Android6.0ベース)がバージョンアップしていてるようです。 Hi12持ってますが、欠点はその重さ。軽くなっているとよいのですが、あまり期待できなさそうです。
    参照ページ http://www.chinadap.com/2016/06/chuwi12remix-oswindowshi12-remix.html

    • tomさん、情報ありがとうございます。
      Hi12 Remixは私も少しだけ情報を頂いておりましたが、これは期待持てそうですね。
      仰るように、Hi12は重い(特にキーボードとドッキングするとなお重い)ので、もうちょっと軽くしてくれたらというのはありますね。あとHiBook Proに搭載したOGSディスプレイを是非採用して頂きたい所。
      なんにしてもHi12の成功の後、Chuwiが他社に追いつかれないよう、一歩先行く新型を用意しているというのは戦国中華タブレットの中では必要なこと。ユーザー目線から見るとバチバチやりあってて、新機種出る度にワクワクしますね。

      あとchinadapさんも翻訳されているんですね。私もいくつか翻訳しましたが、まだ日の目を見ていません(汗)

      • Uniさん
        Hi12を実際使っていると、OGSディスプレイの必要性感じますね。あと、タッチペンの描画線の追づい性の改善ですね。Windowsはそこそこ良いのですが、Androidだと、Officeソフトで遅延が出ます。どちらにしても競いあってよい製品を出してくれると、ユーザーにとっては嬉しいですね。

コメント

*
*
* (公開されません)

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

Return Top