物欲ガジェット.com

物欲に従い、買って、使って、レビューする

【実機レビュー#2】メタルボディの10.1インチタブ『Teclast Tbook 10』レビュー! 外観チェック編

広告

TECLAST Tbook10のレビュー2回目です。

前回の記事はこちら

前回記事: 【実機レビュー#1】メタルボディの10.1インチタブ『Teclast Tbook 10』レビュー! 開梱の儀

今回は、【外観チェック編】という事で、端末としてのTbook10をぐるりとチェックしていきたいと思います。

外観チェック

それでは外観をチェックしていきます。

まずタブレット正面。TECLAST Tbook10 レビュー

横画面にしてみた場合、右側にWindowsタッチボタンがくるようになります。それにしてもベゼルが細め仕上げてあり、タブレットとしては精悍な印象です。中華タブレットだとベゼルが太め(特に10インチ以上)な事がよくあり、イメージ写真と実機の乖離があったりもするのですが、Tbook10はスタイリッシュです。TECLAST Tbook10 レビュー

下側面。ここには専用キーボードとのドッキングポートがあるのみ。TECLAST Tbook10 レビュー

右側面。こちらにポート類が集中しています。左からスピーカー、ACアダプタジャック、MiniHDMI、MicroUSB、MicroSD、イヤホンジャックとなっている。TECLAST Tbook10 レビューTbook10はACアダプタとMicroUSBの2電源からの充電ができるようになっているので、どちらか使いやすい方を使えばいいというのは助かります。スピーカーはステレオで反対側にもあり、「チープな中華タブレットではない」と言えます。うーんしっかりとしてますね。

左側面。前述のようにスピーカーはありますが、その他何もありません。TECLAST Tbook10 レビュー

上部。電源ボタンとボリュームボタンはここにあります。TECLAST Tbook10 レビューTECLAST Tbook10 レビュー

ここでちょっとエッジ処理について。このTbook10はメタルボディのタブレットなのですが、側面処理がとても綺麗です。HUAWEIのMediaPad T2やdocomo dTab Compactよりも断然美しい。ま、HUAWEIも中国企業ですが、方やグローバルトップ企業、TECLASTはマイナーです。そう考えると、ほんとこの価格(2万円前後)で「ちゃんと作れるようになったなぁー」と驚きます。今年TECLASTが出しているTbookシリーズはTbook11も綺麗な処理していたし、なかなか侮れません。

背面。カメラすらない潔さ。ですがメタルボディの背面は質感/剛性感が高い。TECLAST Tbook10 レビューメタルなのですが、多少ざらっとした感触もあり、指紋などはほぼ付かない。TECLAST Tbook10 レビュー何度も言っちゃいますが、2万円(場合によってはそれ以下)で売られているタブレットですよ。TECLAST Tbook10 レビュー中国のメーカーは今年に入ってからメタルボディのタブレットが多くなりつつありますが、メタルボディ採用のものは軒並み質感が良いので、彼にとってはそれだけでランクが上がる製品が提供できることになり、良い事ずくめですね。もちろん価格の面では相当苦労もあると思いますが。「安っぽいな-」と感じる部分は、外観からは一切思わない。いやいやほんと頑張っている製品です。

 

Tbook10は重い?

重量測ってみました。スペック上では574g。実際はどうでしょうか?

実測は・・・577g。誤差の範囲内ですね。TECLAST Tbook10 レビュー感触的にも手に持って「重い」とは感じません。メタルボディの10.1インチタブレットとしては標準的。

本体ストレージの空きは?

64GBのストレージ容量がある本機ですが、デュアルOSの場合、2つのOSにどのようにストレージが割り振られているかは気になる所です。特にWindowsの場合は、アプリケーション一つ一つが大きい場合がありますし。

と言う事で確認しました。

まずはWindows10のCドライブ割り当て。こちらは34.3GBのドライブ容量に対して、空きは19.1GB。TECLAST Tbook10 レビュー

Android5.1の割り当ても確認しました。割り当て17.18GBに対して、空き容量は15.6GBですね。TECLAST Tbook10 レビュー

どちらのOSでもmicroSDは使えますので、足りなければできる限りSDにデータは移動させましょう。

レビューは【『Teclast Tbook 10』レビュー! 使って分かった編】に続きます

第1回レビュー記事: メタルボディの10.1インチタブ『Teclast Tbook 10』レビュー! 開梱の儀
第2回レビュー記事: メタルボディの10.1インチタブ『Teclast Tbook 10』レビュー! 外観チェック編
第3回レビュー記事: メタルボディの10.1インチタブ『Teclast Tbook 10』レビュー! 使って分かった編

*レビューは順次公開していきます

Banggood販売サイトの紹介

このTeclast Tbook 10は、Banggoodで21,000円前後という低価格で発売しています。Banggood Teclast Tbook 10 が、Banggoodの販売ページで注意したいのが、「クーポンコードがぽろっと貼り付けてある」という点。Banggood クーポンコード

33ドルオフというと、18,000円ぐらいになります。こういうの見逃さないでくださいね。

Banggoodさんは今後サイトの日本語対応なども含め、日本の方からの買い物もできる限りサポートしていく予定との事で、こういう対応は嬉しい所ですね。

・Banggood.com 販売サイト :Original Box Teclast Tbook 10(純正箱バージョン)
・Banggood.com 販売サイト :Teclast Tbook 10(Banggood配送箱バージョン)
・TECLAST公式ページ : TECLAST Tbook10

コメント

*
*
* (公開されません)

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

Return Top